FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年05月
ARCHIVE ≫ 2009年05月
      

≪ 前月 |  2009年05月  | 翌月 ≫

TOMMY / YOU CAN DO, I CAN DO (1979)

tommy-you can do i can do

SIDE A...RD-1016

YOU CAN DO, I CAN DO
Time: 4:46
作詩 Alan Rothchild/作曲 Ken Daniel/編曲 Ken Daniel
Presented by U-DO L.D.A.

SIDE B...RD-1011

CALLING U.S.A.
Time: 4:16
作詩 Alan Rothchild/作曲 Danny Long /編曲 Danny Long 
Presented by U-DO, L.D.A.

(P)1979 Radio City Record Ltd., In Japan (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU CAN DO, I CAN DO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Tommy The Bitchは、日本のディスコDJ集団U-DO(United Disco Object)が手がけた、日本人とプエルトリコ人のハーフのポルノ女優/シンガーのトミー坂井(栄ひとみ)を中心とする日本のディスコ・プロジェクト。SHOGUNのメンバーとして活躍したCasey Rankin(ケーシー・ランキン)が大きく関わっている。主なヒット曲に「Give It To Me」(1978)、「You Can Do, I Can Do」(1979)など。

このシングルは1979年に日本・Radio Cityから、Tommy名義で発売されたアルバム「Give It To Me」からのカット。プロデュースはU-DO

●YOU CAN DO, I CAN DO
Casey Rankin (Alan Rothchild名義)が作詞、佐藤健(Ken Daniel名義)が作曲、アレンジを手掛けた作品で、"I Love You"を意味する中国語「我愛迩(ウォーアイニー)」をコーラスに取り入れるなど、オリエンタルなムードを取り入れたミュンヘン・サウンド風のメロディアスなディスコ・ナンバー。当時の人気テレビ・ドラマ「俺たちは天使だ」のディスコ・シーンで効果的に使用された。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●CALLING U.S.A.
Danny Longこと長戸大幸のペンによるアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。彼女の作品の中では最もアメリカンナイズされたゴージャスな雰囲気の作品で、バックのコーラスもファンキーでかっこいい。クレジットされていないが男性ボーカルはSHOGUN芳野藤丸

※アメリカのディスコ・レーベル・AVIから全米発売される予定だった。(未発)
※ドイツ録音とされているが、実際は日本録音。

RUDY / JUST TAKE MY BODY (1979)

rudy-just take my body

SIDE A...PD 2017 PROMO

JUST TAKE MY BODY
Time: 4:15
(P. Gianolio/A. Taylor)
From Album PD-1-6226 "JUST TAKE MY BODY"
Produced by Jacques Fred Petrus
Arranged and Conducted by Paolo Gianolio

SIDE A...PD 2017 PROMO

JUST TAKE MY BODY
Time: 4:15
(P. Gianolio/A. Taylor)
From Album PD-1-6226 "JUST TAKE MY BODY"
Produced by Jacques Fred Petrus
Arranged and Conducted by Paolo Gianolio

(P)1979 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●JUST TAKE MY BODY
[POP # -/R&B # - /DISCO # - ]

Rudyは、世界的に活躍したイタリアのディスコ・プロデューサー・Jacques Fred Petrusのブレーンの一人で、アレンジャー、コンポーザー、マルチ・プレイヤーとして幅広く活躍したRudy Trevisiのソロ・ディスコ・プロジェクト。Rudy名義ではあるものの、Jacques Fred Petrusが全面的に指揮を執っている。主なディスコ・ヒットに「Just Take My Body」(1979)。

●JUST TAKE MY BODY
1979年にイタリア・Goody Music、アメリカ・Polydorから発売されたアルバム「Just Take My Body」からのシングル・カット。プロデュースはJacques Fred Petrus。アレンジはPaolo Gianolio。バック・トラック録音はイタリア、ボーカル録音とミックス・ダウンはニューヨークで行われている。

男性ボーカルを全面にフューチャーし、彼らが手がけたディスコ・プロジェクト・MachoRevencheなどと共通する、ハードでゴージャスな音作りがなされたアッパーなディスコ・ナンバー。クレジットを見るとわかるが、この曲のライティングには全くRudy Trevisiが関わっていない。
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム