FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年06月
ARCHIVE ≫ 2009年06月
      

≪ 前月 |  2009年06月  | 翌月 ≫

BLACK BUSTER / OLD MAN (1975)

black buster-hassle

SIDE 1...JET-2343

HASSLE PT.1
Time: 2:29
(O. Ilacad)
Recorded by Vicor Music Coporation

SIDE 2...JET-2343

OLD MAN
Time: 2:44
(S. Ilacad-O. Ilacad)
Recorded by Vicor Music Coporation

(P)1975 Victor

BILLBOARD CHART ACTION
●OLD MAN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Black Busterは、フィリピン・ミュージックのパイオニアとして知られるプロデューサーOrly R. Ilacadが手がけたフィリピン人男性7人組ディスコ・ファンク・バンド。前身はフィリピンを代表するロック・バンドRamrods。主な代表曲に、アジアで初めて世界進出を果たしたディスコ・シングルであり、ヨーロッパ、日本でヒットした「Bump The Bump」(1975)、レア・グルーブとして知られる「Old Man」(1975)がある。

このシングルは1975年にフィリピン・RCAから発売され、同年に世界発売されたファースト・アルバム「Bump The Bump」からのセカンド・シングル。プロデュースはOrly R. Ilacad。日本・Victor盤。セカンド・プレス。

●HASSLE PT. 1
粘りつくようなムーグ・シンセサイザー、ファンキーなクラビネット、黒っぽい男性ボーカルなど、とにかくグルーヴィーなディスコ・ファンク・ナンバー。

アルバムにはインスト・バージョン「Hassle Pt. 2」が収録されている。

●OLD MAN
イギリスを中心にレア・グルーブ/ブレイク・ビーツとして再評価された作品で、本場アメリカのファンク・バンドに勝るとも劣らずのソウルフルなグルーヴ感覚を持った強烈なファンク・ナンバー。イントロのドラム・ブレイクやムーグ・シンセサイザーのサウンドが非常に印象的。

※このシングルは3種類のデザインがプレスされており、特にサード・プレスではAB面が差し替えられ、ジャケットのイラストが変更されている。

SAM & DAVE / WHY DID YOU DO IT (1977)

sam  dave -why did you do it

SIDE A...7004

WE CAN WORK IT OUT

Time: 3:42
(P. McCartney-J. Lennon)
Produced within the Contempo family

SIDE B...7004

WHY DID YOU DO IT
Time: 3:40
(Kirby)
Produced within the Contempo family

(P)1977 Contempo Records/T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●WE CAN WORK IT OUT
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Sam & Daveは、1960年代から70年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡した黒人男性デュオ・グループ。メンバーはSam MooreDave Prater。主な大ヒット曲に、Isaac HayesDavid Porterのペンによる「Hold On ! I'm Comin'」 (1966)、「Soul Man」(1967)、「I Thank You」(1968)など多数。1992年にRock and Roll Hall of Fameの殿堂入り。

このシングルは1977年にイギリス・Contempo、アメリカ・TK/Contempoから発売されたシングル。プロデュースはJohn Abbey。アレンジはGerry Shury。イギリス録音。イギリスで発売された2枚のシングルからA面のみをカップリングしたもの。

●WE CAN WORK IT OUT
1965年にThe Beatlesが世界的に大ヒットさせた名曲を、サザン・ソウル風の黒っぽいソウル・バラードにしてカバーしたもの。オリジナルとは全く異なるイメージの作品に仕上がっている。

●WHY DID YOU DO IT
1975年にイギリスの白人ロック・バンド・Stretchがヒットさせたファンク・ナンバーのカバー。オリジナルはサンプリング・ネタとしても有名なかなり黒っぽいファンキーな作品だが、ここではややディスコ・タッチのもっさりとしたアレンジとなっている。
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム