スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHIRLEY BROWN / LOWDOWN, DIRTY, GOOD LOVER (1977)

2009.07.27.Mon.23:43
shirley brown-low down dirty good lover

SIDE A...AS 0231

BLESSED IS THE WOMAN (With A Man Like Mine)

Time: 3:29
(Bettye Crutcher)
Produced by Bettye Crutcher & Jeff Stewart

SIDE B...AS 0231

LOWDOWN, DIRTY, GOOD LOVER
Time: 2:57
(Bettye Crutcher)
Produced by Bettye Crutcher & Jeff Stewart

(P)1977 Arista Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●BLESSED IS THE WOMAN (With A Man Like Mine)
[POP # 102 /R&B # 14 /DISCO # - ]

Shirley Brownは、デビュー曲「Woman To Woman」(1974)のナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡したウェスト・メンフィス出身の黒人女性ボーカリスト。その他のヒット曲に「It Ain't No Fun」(1975)、「Blessed Is The Woman (With A Man Like Mine)」(1977)など。

このシングルは1977年にAristaから発売されたアルバム「Shirley Brown」からの先行シングル。プロデュースはBettye CrutcherJeff Stewart

●BLESSED IS THE WOMAN (With A Man Like Mine)

彼女の大ヒット曲「Woman To Woman」(1974)タイプの美しいメロディーを持ったソウル・バラード。「Woman To Woman」程の強烈な歌詞ではないが、彼女のボーカリストとしての魅力が存分に発揮された秀作。

●LOWDOWN, DIRTY, GOOD LOVER
彼女にとって初めてのディスコ・ナンバー。Rick Deesのナンバー・ワン・ヒット「Disco Duck」(1976)のリズムを下敷きにしたアレンジがなされたミディアム・アップ・テンポのファンキーなディスコ・ナンバー。アルバム未収録。

スポンサーサイト

GEORGE K. BAND / LOVE ME (1978)

2009.07.26.Sun.00:00
george k band-love me

SIDE A...EMR-20513 (PVT-146-A)

LOVE ME
Time: 5:18
(George Keller)
Producer/Arranger: George Keller

SIDE B...EMR-20513 (PVT-146-B)

LET'S MOVE TOGETHER
Time: 5:02
(George Keller/Martin Creamer)
Producer/Arranger: George Keller

(P)1978 Private Stock Records, Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE ME
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

George K. Bandは、ノルウェーやスウェーデンを拠点に活動していたノルウェー人男性ミュージシャン・George Kellerを中心に結成されたノルウェーのポップ・ディスコ・グループ。リード・ボーカルはノルウェーで活躍していた女性ヴォーカリスト・Anita Skorgan。主なヒット曲に「Love Me」(1977)。

このシングルは1977年にノルウェー・Euronett Norsk AS、アメリカ・Private Stockから発売されたアルバム「Let's Move Together」からのカット。プロデュース、アレンジはGeorge Keller。これは1978年発売の日本盤。

●LOVE ME
ノリの良い快適なサウンドに爽やかでポップな美しいメロディーが絡むアップテンポのディスコ・ナンバー。いかにも北欧産らしいポップ感覚に溢れた作品。

●LET'S MOVE TOGETHER
George KellerMartin Creamerの共作による、ミディアム・テンポのセクシーなムードのディスコ・ナンバー。

THE TEMPTATIONS / IN A LIFETIME (1977)

2009.07.24.Fri.21:55
the temptations-in a lifetime

SIDE A...3436

IN A LIFETIME
Time: 3:06
(Ron Baker & Ron Tyson)
Produced by Ron Baker for Baker, Harris & Young Prod., Inc.
Arranged by Ron Baker

SIDE B...3436

I COULD NEVER STOP LOVING YOU
Time: 3:20
(Norman Harris, Allan Felder & Ron Tyson)
Produced by Norman Harris for Baker, Harris & Young Prod., Inc.
Arranged by Norman Harris

(P)1977 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●IN A LIFETIME
[POP # - /R&B # 21 / DISCO # - ]

The Temptationsは、60年代から90年代にかけて数多くの大ヒット曲で一世を風靡した、モータウン・レーベルを代表する黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。主な代表曲に「My Girl」(1965)、「I Can't Get Next To You」(1969)、「Just My Imagnation (Running Away With Me)」(1971)、「Papa Was A Rolling Stone」(1972)など多数。David RuffinEddie Kendricksといった人気シンガーを輩出した事でも知られ、メンバー・チェンジを重ねながら現役で活動している。1989年にロックの殿堂入り。

このシングルは1977年にAtlantic移籍後に発売されたアルバム「Hear To Tempt You」からの先行シングル。プロデュースはBaker-Harris-Young Production。演奏はMFSB。バック・トラックはフィラデルフィア/シグマ・サウンド・スタジオ、ボーカルはニューヨーク/アトランティック・スタジオでレコーディングが行われている。

●IN A LIFETIME
Love Committeeのメンバーで、後にThe Temptationsのリード・ボーカルとして活躍するRon TysonとベースのRon Bakerのペンによるアップテンポの典型的フィリー・ダンサー。良く聴くとベース・ラインが「My Girl」(1965)に少しだけ似ており、60年代のモータウン時代の作風を意識したものと思われる。良い出来ではあるが、シングル曲としてはインパクトが弱いか。

プロデュース、アレンジはRon Baker

●I COULD NEVER STOP LOVING YOU
ベース・ヴォーカルのMelvin Franklinがリードを取る、いかにもフィリーらしいスイートなムードのスロー・バラード。スイートなフィリー・サウンドと彼らのハーモニーが絶妙にマッチしたなかなかの作品。

プロデュース、アレンジはNorman Harris

※これらの作品を含むアルバム「Hear To Tempt You」は、Love Committeeのメンバーでソングライターとして活躍していたRon Tysonが殆どの曲を提供、それらのデモ曲を歌っていた。これをきっかけにThe Temptationsとの交流がスタート。後にリード・ボーカルとして抜擢された。

MFSB / T.L.C. (TENDER LOVIN' CARE) (1975)

2009.07.23.Thu.16:16
mfsb-tlc.jpg

SIDE A...ZS8 3576

T.L.C. (TENDER LOVIN' CARE)
Time: 3:17
-R. L. Martin-N. Harris-
Taken From The P.I.R. Lp:
"UNIVERSAL LOVE" KZ 33158
Arranged by Bobby Martin
Produced by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

SIDE B...ZS8 3576

LOVE HAS NO TIME OR PLACE
Time: 3:30
-C. Biggs-B. Hawes-
Taken From The P.I.R. Lp:
"UNIVERSAL LOVE" KZ 33158
Produced by Bruce Hawes
Arranged by Jack Faith
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

(P)1975 Philadelphia International Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●T.L.C. (TENDER LOVIN' CARE)
[POP # - /R&B # 54 / DISCO # - ]

MFSBMother, Father, Sister, Brotherの略〉は、フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオを本拠地とするスタジオ・ミュージシャンで結成された総勢50名近くからなる人種混成大型ソウル・オーケストラ。The Three DegreesThe O'jaysHarold Melvin & The Blue Notesなど、フィラデルフィアを拠点とする数多くのソウル・グループ、アーティストの演奏を担当、さらには自己名義のレコードを大ヒットさせるなど、フィリー・ソウル・ブームの立役者として一世を風靡した。主な大ヒット曲に「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(TV番組「Soul Train」のオープニング・テーマ)、「Love Is The Messege」(1973)、「Sexy」(1975)など。

このシングルは1975年にPhiladelphia Internationalから発売されたアルバム「Universal Love」からのシングル・カット。

●T.L.C. (TENDER LOVIN' CARE)
Bobby Martin(Robert L. Martinは彼の本名)とNorman Harrisのペンによる作品で、ジャジーなサックス・ソロからスタートするポップでキャッチーなインストゥルメンタル・フィリー・ダンサー。アメリカでは「Wide World of Sports」のテーマ曲だった事で知られる。

プロデュース、アレンジはBobby Martin。ここでのボーカルはThe Three Degreesとされているが、実際はBarbara IngramCarla BensonEvette Bentonではないかと思われる。

●LOVE HAS NO TIME OR PLACE
The Jones GirlsTeddy Pendergrassなどのヒット曲を手がけたソング・ライター・Cynthia BiggsBruce Hawesのペンによる、ミディアム・テンポのメロディアスなインストゥルメンタル・ナンバー。Cynthia Biggsのソングライターとしてのデビュー作。

プロデュースはBruce Hawes。アレンジはJack Faith。アレンジはBobby Martin

MFSB / K-GEE (1975)

2009.07.23.Thu.15:22
mfsb-k-jee.jpg

SIDE A...ZS8 3641

K-JEE
Time: 3:15
-C. Henderson-
Taken From The P.I.R. Lp:
"UNIVERSAL LOVE" KZ 33158
Produced by Bobby Martin and Broadway Eddie
Arranged by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

SIDE B...ZS8 3641

MY MOOD
Time: 4:10
-K. Gamble-L.Huff-
Taken From The P.I.R. Lp:
"UNIVERSAL LOVE" KZ 33158
Produced by Kenneth Gamble and Leon Huff
Arranged by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

(P)1975 Philadelphia International Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●K-GEE
[POP # - /R&B # - / DISCO # 18 ]

MFSBMother, Father, Sister, Brotherの略〉は、フィラデルフィアのシグマ・サウンド・スタジオを本拠地とするスタジオ・ミュージシャンで結成された総勢50名近くからなる人種混成大型ソウル・オーケストラ。The Three DegreesThe O'jaysHarold Melvin & The Blue Notesなど、フィラデルフィアを拠点とする数多くのソウル・グループ、アーティストの演奏を担当、さらには自己名義のレコードを大ヒットさせるなど、フィリー・ソウル・ブームの立役者として一世を風靡した。主な大ヒット曲に「TSOP(The Sound Of Philadelphia)」(TV番組「Soul Train」のオープニング・テーマ)、「Love Is The Messege」(1973)、「Sexy」(1975)など。

このシングルは1975年にPhiladelphia Internationalから発売されたアルバム「Universal Love」からのシングル・カット。1977年公開の映画「Saturday Night Fever」の大ヒットを受けて1978年に発売されたもの。

●K-JEE
Nite-Litersが1971年に放ったヒット曲をフィラデルフィア流のディスコ・アレンジでリメイクしたもの。全体的な構成はオリジナルに忠実なものとなっているが、リズム・セクションを強調し、ゴージャスなオーケストラ・アレンジを施すなど、オリジナルのクオリティをさらに高めた「完成形」とも言うべき最高の仕上がりとなっている。

プロデュースはBobby Martinと、レコード・ショップを経営しながらPhiladelphia Internationalのプロモーターとして働いていたEdward "Broadway Eddie" Warhoftig。アレンジはBobby Martin

●MY MOOD
Vincent Montana Jr.のヴァイブの音色がとても心地よいお洒落なムードのミディアム・スロー・ナンバー。どこかSalsoul Orchestra風のサウンド。

プロデュースはKenneth GambleLeon Huff。アレンジはBobby Martin

MONK MONTGOMERY / BUMP DE BUMP (1974)

2009.07.23.Thu.00:00
monk montgomery-bump de bump

SIDE A...ZS8 3557

REALITY
Time: 3:37
-B. Martin-
Taken From The P.I.R. Lp: "REALITY" KZ 33153
Arranged by Bobby Martin
Produced by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa

SIDE B...ZS8 3557

BUMP DE BUMP
Time: 3:15
-B. Martin-N. Harris-
Taken From The P.I.R. Lp: "REALITY" KZ 33153
Arranged by Bobby Martin
Produced by Bobby Martin
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa

(P)1974 Philadelphia International Records/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●REALITY
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Monk Montgomeryは、ジャズ・ギタリストのパイオニアとして一世を風靡したWes Montgomeryの兄であり、ジャズ・シーンにおけるエレクトリック・ベーシストのパイオニアとして知られる黒人男性ジャズ・ベーシスト。Master SoundsやThe Montgomery Brothersといったジャズ・バンドのメンバーとして活躍した。主な代表作に「It's Never Too Late」(1969)、「Bass Odyssey」(1971)、「Reality」(1974)がある。

このシングルは1974年にPhiladelphia Internationalから発売されたアルバム「Reality」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはBobby Martin。フィリー録音。

●REALITY
ジャズ・タッチの控えめなバッキングにフェンダー・ベースが主旋律を演奏するという珍しい作りのインストゥルメンタル・ナンバー。Bobby Martinのアレンジが光るメロウな秀作。

●BUMP DE BUMP
Bobby MartinNorman Harrisのペンによるミディアム・スロー・テンポのダンサブルなインストゥルメタル・ナンバー。B.B. Kingの「Philadelphia」(1973)をもっとジャジーでファッショナブルにしたような感じの典型的フィラデルフィア・サウンド。

EDDIE KENDRICKS / I CAN'T LET YOU WALK AWAY (1979)

2009.07.22.Wed.00:00
eddie kendricks-i cant let you walk away

SIDE A...AS 0466

I JUST WANT TO BE THE ONE IN YOUR LIFE
Time: 3:45
(M. Price/D. Walsh)
Produced by Patrick Adams
for Patrick Adams Productions, Inc

SIDE B...AS 0466

I CAN'T LET YOU WALK AWAY
Time: 3:37
(P. Adams/B. Carhee)
Produced by Patrick Adams
for Patrick Adams Productions, Inc

(P)1979 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I JUST WANT TO BE THE ONE IN YOUR LIFE
[POP # - /R&B # 87 /DISCO # - ]

Eddie Kendricksは、The Temptationsのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人男性ボーカリスト。独特のセクシーなファルセット・ヴォイスがトレード・マーク。主な大ヒット曲に「Keep On Truckin'」「Boogie Down」(1973)、「Shoeshine Boy」(1975)、「He's A Friend」(1975)など多数。

このシングルは1979年にAristaから発売されたアルバム「Something More」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPatrick Adams

●I JUST WANT TO BE THE ONE IN YOUR LIFE
1977年にThe Watersが発表し、Barry ManilowThe Manhattansによるカバー・バージョンで知られる名曲のカバー。ポップで美しいメロディーを持ったスロー・ナンバー。

●I CAN'T LET YOU WALK AWAY
Patrick Adamsが手がけたソウル・グループ・Caressが1977年に発表した作品のリメイク。オリジナル以上にディスコ色が強めのアレンジがなされている。悪くないのだが、彼の声質とのミスマッチ感は否めない。

PHILLY DEVOTIONS / I JUST CAN'T SAY GOODBYE (1974)

2009.07.21.Tue.00:39
philly devotions-i just cant say goodbye

SIDE A...127-A

I JUST CAN'T SAY GOODBYE
Time: 2:50
(John Davis)
Produced by BRY-WEK Prod.
Arranged & Conducted by John Davis
Recorded at Sigma Sound

SIDE B...127-B

COME OVER ON THE LOVIN SIDE
Time: 2:55
(Zip Johnson)
Produced by BRY-WEK Prod.
Arranged & Conducted by John Davis
Recorded at Sigma Sound

(P)1974 Don De Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I JUST CAN'T SAY GOODBYE
[POP # 95 /R&B # 81 /DISCO # - ]

Philly Devotionsは、フィリー・ソウルを代表するプロデューサー、アレンジャーのJohn Davisによって見出されたフィラデルフィアの黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはMatt CovingtonEllis HillErnest GibsonMorris Taylor。「I Just Can't Say Good Bye」(1974)の世界的ヒットで知られる。

このシングルは1974年にフィラデルフィアのローカル・レーベル・Don Deから発売された通算3枚目のシングル。プロデュースはBry-Wek Production。アレンジはJohn Davis。演奏はMFSB

I JUST CAN'T SAY GOODBYE
涙のディスコティック」の邦題でもお馴染みの彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。当時黄金期を迎えていたフィラデルフィア・サウンドの美味しいところを全て詰め込んだ「フィリー・ソウルのお手本」とも言うべき作品で、ポップで哀愁感のあるキャッチーなメロディー・ラインを持った軽快なフィリー・ダンサー。

この曲は1974年暮れにColumbiaレーベルからTom Moultonによるリミックス・バージョンを収録したシングル(Columbia 3-10076)が全米発売され、世界中のディスコで大ヒットとなった。

Touch Of Classによるカバー・バージョンも人気がある。

●COME OVER ON THE LOVIN SIDE
Don De盤シングルにのみ収録のロマンティックなムードのミディアム・スロー・ナンバー。

VELVET / BET YOU IF YOU ASK AROUND (1973)

2009.07.20.Mon.00:58
velvet-bet you if you ask around

SIDE A...Ps-543-A

BET YOU IF YOU ASK AROUND
Time: 3:20
(J. Porter/S. Nesberry)
Prod. & Arr. by Jim Porter
VELVET

SIDE B...Ps-543-B

BET YOU IF YOU ASK AROUND (Instrumental)
Time: 3:15
(J. Porter)
Prod. & Arr. by Jim Porter
THE PERCEPTION STRING ORCHESTRA

(P)1973 Perception Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●BET YOU IF YOU ASK AROUND
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Velvetは、シカゴを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはRonald DillonHerman GriffinRichard MeredithJohnny Davis。代表曲に「Give It Up」(1972)、「Bet You If You Ask Around」(1973)。

●BET YOU IF YOU ASK AROUND
The Eight Minutesを手がけたプロデューサー、アレンジャーのJames L. Porterと、シカゴを拠点に活動していた黒人男性ソウル・シンガー・Verble Domino(Sherman Nesbary)の共作による、フィリー・ソウル風のメロディアスなソウル・ダンサー。サンプリング・ネタとして知られるThe Quadraphonicsの「Betcha If You Check It Out」(1974)の原曲。

A面はボーカル・バージョン。モノラル録音。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。The Perception String Orchestra名義。ステレオ録音。

THE BOTTOM LINE / THAT'S THE WAY TO GO (1976)

2009.07.20.Mon.00:00
bottom line-thats the way to go

SIDE A...G-103-AS

THAT'S THE WAY TO GO
Time: 3:32
(D. Foster, J. Graydon, J. Conrad)
From the Greedy LP G1001 "CRAZY DANCIN'"
Produced by Jack Conrad
in Association with The Artie Wayne Organisation
for The Bottom Line Inc.

SIDE B...G-103-BS

DISCO DOBRO
Time: 3:36
(J. Conrad)
From the Greedy LP G1001 "CRAZY DANCIN'"
Produced by Jack Conrad
in Association with The Artie Wayne Organisation
for The Bottom Line Inc.

(P)1976 Greedy Recording Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●THAT'S THE WAY TO GO
[POP # - /R&B # 85 /DISCO # - ]

The Bottom Lineは、カリフォルニアを拠点に活動していたプロデューサー・Jack Conradが手がけたディスコ・プロジェクト。David FosterJay Graydonが参加していた事で知られる。また、同一メンバーによるプロジェクトにPegasusがある。代表曲に「That's The Way To Go」(1976)。

このシングルは1976年にGreedyから発売されたアルバム「Crazy Dancin'」からのシングル・カット。プロデュースはJack Conrad

●THAT'S THE WAY TO GO
David FosterJay GraydonJack Conradの共作による、いかにも西海岸のグループらしいポップで爽やかなサウンドが心地よいアップテンポのメロウなディスコ・ナンバー。ディスコ・ファンだけでなくAORファンの間でも評価される一曲。

8分に及ぶロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。

●DISCO DOBRO
強烈で印象的なドラム・ブレイクからスタートするロッキッシュなインストゥルメンタル・ファンク・ナンバー。

MANTUS / (DANCE IT) FREESTYLE RHYTHM (1979)

2009.07.19.Sun.00:00
mantus-dance it

SIDE AA...SM-50145-1

(DANCE IT) FREESTYLE RHYTHM
VERSION 1

Time: 4:15
(Mantus-W. Crittendon)
Produced by: Will Crittendon
Arranged by: Will Crittendon

SIDE A...SM-50145-2

(DANCE IT) FREESTYLE RHYTHM
VERSION 2

Time: 4:15
(Mantus-W. Crittendon)
Produced by: Will Crittendon
Arranged by: Will Crittendon

(P)1979 Satellite Music Intl.

BILLBOARD CHART ACTION

●(DANCE IT) FREESTYLE RHYTHM
[POP # - /R&B # /DISCO # 34 ]

Mantusは、ニューヨークを拠点に活動していたロック・バンド・Gypsyを前身とする白人男性4人組ディスコ・グループ。メンバーはJohn KaczmarczykFrank DecrescenzoBilly AmendolaJimmy Mae。主なディスコ・ヒットに「(Dance It) Freestyle Rhythm」(1979)、「Rock It To The Pop」(1979)、「Boogie To The Bop」(1980)。

●(DANCE IT) FREESTYLE RHYTHM
1979年にSMIから発売された彼らのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはWill Crittendon。同年発売のファースト・アルバム「Midnight Energy」収録。

思わず踊りださずにいられなくなるような強烈なビートとリズムを持ったアップテンポのパーカッシブなディスコ・ナンバー。この曲は発売直後にニューヨークのディスコ・ミュージック専門のラジオ・ステーションで反響を呼び、その後全米のディスコでヒットした。

このシングル・バージョンは12インチ・シングル、LPとも異なる7インチ・シングル用のリミックス・バージョン。A面とB面にそれぞれエディット違いが収録されている。

MANDRILL / HOLIDAY (1977)

2009.07.17.Fri.21:08
mandrill-holiday.jpg

SIDE A...AS 0304

CAN YOU GET IT (Suzie Caesar)
Time: 3:29
(C. Wilson, L. Wilson, R. Wilson MD, C. Cave ll
J. Jessup, N. Santiago, W. Wilson)
Produced by Jeff Lane For Bigboro Records Corp.
In Association With Mandrill Productions and Artie Ripp

SIDE B...AS 0304

HOLIDAY
Time: 3:25
(C. Wilson, L. Wilson, R. Wilson MD, C. Cave ll)
Produced by Jeff Lane For Bigboro Records Corp.
In Association With Mandrill Productions and Artie Ripp

(P)1977 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CAN YOU GET IT (Suzie Caesar)
[POP # - /R&B # 43 /DISCO # - ]

Mandrillは、パナマ出身のミュージシャン・Carlos WilsonLou WilsonRic Wilsonの兄弟3人を中心に結成されたニューヨークの男性7人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。ラテン、サルサ、ロック、ブルース、ファンクといったジャンルに捉われない多彩な音楽性を持った特異なグループとして知られる。主なヒット曲に「Fence Walk」(1973)、「Hang Loose」(1973)、「Funky Monkey」(1977)、「Too Late」(1978)など。1977年公開の大ヒット映画「Muhammad Ali In "The Greatest"」のテーマ曲「Ali-Bom-Ba-Ye」(1977)は特に有名。

このシングルは1977年にAristaから発売されたアルバム「We Are One」からのシングル・カット。プロデュースはJaff Lane。アレンジはMandrill

●CAN YOU GET IT (Suzie Caesar)
アルバムのオープニングを飾っていた作品で、Brass ConstructionB.T. Expressを思わせるアップテンポのファンク・ナンバー。プロデュースを担当するJeff Laneのサウンド・カラーが色濃く反映された作品。

●HOLIDAY
美しいメロディー・ラインを持つミディアム・アップテンポのメロウなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。このシングルを含めて3回もシングル・カットされている隠れた名曲。



ALFIE KHAN SOUND ORCHESTRA / LAW OF THE LAND (1974)

2009.07.16.Thu.20:01
alfie khan sound orchestra-alfie khan

SIDE A...K 10894

LAW OF THE LAND
Time: 4:29
(Witfield)
Produced by Interrelations
(Peter Capeller/George Gschwender)

SIDE B...K 10894

WOMAN
Time: 3:12
(Heider)
Produced by Interrelations
(Peter Capeller/George Gschwender)

(P)1974 Atlantic (U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION
●LAW OF THE LAND
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

Alfie Khan Sound Orchestraは、Marianne RosenbergSu KramerPamela Stanleyなどを手がけた事で知られるポーランド人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー・Joachim Heider(Alfie Khan)を中心に結成されたドイツのインストゥルメンタル・ソウル・オーケストラ。

このシングルは1974年にドイツ・Atlanticから発売されたファースト・アルバム「Woman」からのシングル・カット。プロデュースはInterrelations (Peter CapellerGeorge Gschwender)。イギリス盤。

●LAW OF THE LAND
1973年にThe Undisputed TruthThe Temptationsが大ヒットさせたNorman Whitefieldのペンによる名曲のインストゥルメンタル・カバー。メロディー・ラインがサックスに入れ替わっている以外は、オリジナルに忠実な作りとなっている。尚、このバージョンは当時、イギリスのノーザン・ソウル系のディスコを中心にヒットした。

●WOMAN
Joachim Heider(Alfie Khan)のペンによるオリジナル作品で、アップテンポの軽快なインストゥルメンタル・ナンバー。

THE EASTERN GANG / CHARLOTTE (1979)

2009.07.16.Thu.00:00
eastern gang-dry cat

SIDE 1...VIH-1072

DRY CAT
(Machiko Ryu-Magic-Yuji Ohno)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
Arranged by Tetsuji Hayashi

SIDE 2...VIH-1072

CHARLOTTE
(Peter Shuey-Tetsuji Hayashi)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
Arranged by Tetsuji Hayashi

(P)1979 Invitation (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●DRY CAT
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

The Eastern Gangは、日本人ディスコ・プロデューサーSatoshi "Hustle" Hondaと、当時新進気鋭の作曲家として注目されていた林哲司の二人が手がけた日本のディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Dynamic Dynosaur」(1978)、「It's So Nice」(1978)(Bella & The Original Eastern Gang名義)、「Flasher」(1979)など。日本だけでなくヨーロッパ、カナダなどの世界各国でレコードが発売されている。

このシングルは1979年に日本・Invitationから発売された通算4枚目のシングル。プロデュースはSatoshi "Hustle" Honda。アレンジは林哲司

●DRY CAT
サントリー「ドライ・キャット」のCMソングとして制作された企画モノ。小林泉美あたりがやりそうなトロピカルなディスコ・ナンバー。作曲は大野雄二。アルバム未収録。

●CHARLOTTE
1979年発売のファースト・アルバム「Flasher」からのカット。ボーカルはアイドル・グループ・アップルズ(後のEVE)の新里玲乙奈新里久良良新里利里佳

彼らの作品中最も洗練された完成度の高いメロウなディスコ・ナンバーで、イギリスでは12インチ・シングルが発売されるなど、海外のコアなディスコ・マニアから評価されている作品。

DAVE WILLIAMS INNER CIRCLE / COME ON DOWN, BOOGIE PEOPLE (1978)

2009.07.15.Wed.00:00
dave williams-come on down boogie people

SIDE A...AVI-214-S

COME ON DOWN, BOOGIE PEOPLE
Time: 3:50
(From the album Soul Is Free)
(Dave Williams)
Producers: W. Michael Lewis & Laurin Rinder
-A Rin Lew Production
Executive Production: Ray Harris & Ed Cobb
Engineer: David Ruffo
Arranger: W. Michael Lewis
Lead Vocals: Dee Ervin

SIDE B...AVI-214-S

OUT OF THE SHEETS-INTO THE STREETS

Time: 3:25
(From the album Soul Is Free)
(Dave Williams)
Producers: W. Michael Lewis & Laurin Rinder
-A Rin Lew Production
Executive Production: Ray Harris & Ed Cobb
Engineer: David Ruffo
Arranger: W. Michael Lewis
Lead Vocals: Dee Ervin

(P)1978 AVI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●COME ON DOWN, BOOGIE PEOPLE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Dave Williams Inner Circleは、Art PepperCedar Walton川崎燎といったジャズ・アーティストのセッションで活躍したトリニダード・トバゴ共和国出身のベーシスト・David Williamsのソロ・プロジェクト。主な代表曲に「Come On Down, Boogie People」(1978)。

このシングルは1978年にAVIからDave Willams名義で発売されたアルバム「Soul Is Free」からのシングル・カット。プロデュースはW. Michael LewisLaurin Rinder。アレンジはW. Michael Lewis。ボーカルは「Swinging On A Star」(1963)のヒットを持つ黒人男性ボーカリスト・Dee Ervin (Big Dee Irwin)。

●COME ON DOWN, BOOGIE PEOPLE
Dave Williamsが曲を書き、Rinder & Lewisがプロデュース、アレンジまでを手がけた、爽やかでメロウな雰囲気のソウル・ディスコ・ナンバー。

●OUT OF THE SHEETS-INTO THE STREETS
ややAOR風のメロウなミディアム・スロー・ナンバー。


VST & CO. / AWITIN MO... (1978)

2009.07.14.Tue.00:00
VST  co.-awitin mo

SIDE A...SUN-78-172-A

IKAW ANG AKING MAHAL
(Sotto-Rigor-de Leon)
Produced by VST & CO.
Arranged by Lorrie Ilustre

SIDE B....SUN-78-172-B

AWITIN MO...
(Sotto-de Leon)
Produced by VST & CO.
Arranged by Lorrie Ilustre

(P)1978 Sunshine (Philippine)

VST & Companyは、70年代後半から80年代にかけてフィリピンで活躍したフィリピン人男性7人組セルフコンテインド・ポップ/ディスコ・グループ。1978年当時のメンバーはJun MedinaCelso LlarinaRoger RigorVal SottoMale RigorSpanky RigorMon Gaskell。フィリピン・タガログ語と英語をミックスさせたOPM(オリジナル・フィリピーノ・ミュージック)、マニラ・サウンドと呼ばれるジャンルの立役者としても知られる。主な代表曲に「Awitin Mo, Isasayaw Ko」(1978)、「Rock Baby, Rock」(1979)、「Kiss...Kiss」(1979)など多数。

このシングルは1978年にフィリピン・Sunshineから発売されたファースト・アルバム「VST and Company」からの先行シングル。プロデュースはVST & CO.。アレンジはLorrie Ilustre

●IKAW ANG AKING MAHAL
数多くのアーティストによってカバーされ続けている彼らの代表曲の一つ。フォーク・ロック風のスロー・バラード。

●AWITIN MO...
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。オリジナル・タイトルは「Awitin Mo Isasayaw Ko」。Bee Geesあたりを思わせるAOR風の爽やかなメロディー・ラインを持つアップテンポのメロウなディスコ・ナンバーで、発売当初はシングルのB面だったにも関わらず、フィリピンのディスコやラジオを中心に爆発的な大ヒットを記録。現在ではOPMの定番として広く知られている。

アルバムには9分にも及ぶロング・バージョンが収録されている。

ELLA DEL ROSARIO / SHAKE IT BABY (1979)

2009.07.13.Mon.00:00
ella del rosalio-shake it baby

SIDE A...CAN-1068-A

SHAKE IT BABY
Time: 3:14
(Norman Caraan)
(From the LP "ELLA")
Produced by Bob Guzman & Joey Abando

SIDE B...CAN-1068-B

HAHABOL-HABOL

Time: 3:18
(Norman Caraan)
(From the LP "ELLA")
Produced by Bob Guzman & Joey Abando

(P)1979 Canary (Phillipine)

Ella Del Rosarioは、「Manila」(1977)の大ヒットで一世を風靡したフィリピンのポップ・ロック・バンド・Hotdogのメンバーとして在籍していたフィリピン人女性ボーカリスト。主なヒット曲に「Disco Dancer」(1979)、「Shake It Baby」(1979)など。

このシングルは1979年にフィリピン・Canaryから発売されたアルバム「Ella」からのシングル・カット。プロデュースはBob GuzmanJoey Abando

●SHAKE IT BABY
フィリー・ソウル風の音作りがなされたミディアム・テンポのメロウなポップ・ディスコ・チューン。サビのメロディーが非常にキャッチーで、彼女のソフィストケイトされたボーカルの魅力を感じさせるなかなかの作品。

●HAHABOL-HABOL
A面とは打って変わりかなりアップテンポの爽やかなポップ・ディスコ・チューン。

CARESS / I CAN'T LET YOU WALK AWAY (1977)

2009.07.12.Sun.00:00
caress-i cant let you walk away

SIDE A...PAP-002A

I CAN'T LET YOU WALK AWAY
Time: 3:55
(Patrick Adams/Brenda Carhee)
Producer: Patrick Adams and Ed Carpenter
Arranger: Patrick Adams

SIDE B...PAP-002B

FAMILY MAN
Time: 3:27
(P. Adams/V. Dodson/E. Lemon)
Producer: Patrick Adams, Ed Carpenter
and William "Wild Bill" Scholl
Arranger: Patrick Adams

(P)1977 PAP Records, Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●I CAN'T LET YOU WALK AWAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Caressは、Ed CarpenterPatrick Adamsが手がけた黒人男女混声ソウル・ボーカル・グループ。メンバーに関する詳細は一切不明だが、恐らくFour Below ZeroMagnetic Touchのような、実体のないグループではないかと思われる。彼ら唯一のアルバム「Caress」(1977)がソウル・ファンの間で高い人気を誇る。

このシングルは1977年にPapから発売されたアルバム「Caress」からのカット。プロデュースはPatrick AdamsEd Carpenter。アレンジはPatrick Adams

●I CAN'T LET YOU WALK AWAY
It Ain't No Big Thing」(Personal TouchDonna McGheeRainbow Brown)や「Just Like In The Movies」(Ace Spectrum)といった隠れた名曲を書いているBrenda CarheePatrick Adamsの共作によるミディアム・アップ・テンポのスイートなモダン・ダンサー。Eddie Kendricksによるカバー・バージョンが存在する。

●FAMILY MAN
男性ファルセット・リードで聴かせる「Just Like In The Movie」タイプのスイートなスロー・ナンバー。


SHOWDOWN / KEEP DOIN' IT (1977)

2009.07.11.Sat.15:43
showdown-keep doin it

SIDE A...HB 2005

KEEP DOIN' IT (PT. 1)
Total Time: 3:37
(Curtis Blandon, Meco Manardo, Jay Ellis)
Produced by Meco Manardo and Jay Ellis
Arranged by Jay Ellis

SIDE B...HB 2005

KEEP DOIN' IT (PT. 2)
Total Time: 3:00
(Curtis Blandon, Meco Manardo, Jay Ellis)
Produced by Meco Manardo and Jay Ellis
Arranged by Jay Ellis

(P)1977 Honeybee Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP DOIN' IT (PT. 1)
[POP # - /R&B # 90 /DISCO # - ]

Showdownは、「My True Love」(1961)や「I'm A Happy Man」(1965)の大ヒットで知られるThe Jive Fiveを前身とする黒人男性4人組ソウル/ディスコ・グループ。メンバーはWebster HarrisCasey SpencerRichard HarrisEugene Pitt。「Keep Doin' It (Pt. 1)」(1977)が唯一のヒット曲。

●KEEP DOIN' IT
1977年にPrelude傘下Honeybeeから発売されたアルバム「Showdown featuring Sampson」からのカット。プロデュースはMeco MonardoJay Ellis。アレンジはMeco Monardo

The Dubsのメンバーだった経歴を持つ黒人男性シンガー・ソングライター・Curtis Blandonのペンによる、明るくポップなメロディー・ラインを持ったミディアム・アップ・テンポの軽快なソウル・ディスコ・ナンバー。ドゥーワップを基本とする彼らのボーカル・スタイルが絶妙にマッチした作品。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

※「Samson」(1975)のヒットを持つEbony, Ivory & Jadeの後身にあたり、他にもStingShadow名義で作品を発表している。主要メンバーは殆ど変わっていないとの事。

MIKE & BILL / THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS (1976)

2009.07.11.Sat.14:54
make  bill-things wont be this bad always

SIDE A...AS 0180-D

THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
DISCO VERSION

Time: 3:30
(Mike Felder & Bill Daniels)
Produced by Moving Up Productions & Major Little
Arranged by Mike Felder

SIDE B...AS 0180-D

THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
DISCO VERSION

Time: 3:35
(Mike Felder & Bill Daniels)
Produced by Moving Up Productions & Major Little
Arranged by Mike Felder

(P)1976 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Mike & Billは、ニューヨークを拠点にプロデューサー、コンポーザーとして活動していたMike FelderBill Danielの2名で結成された黒人男性ソウル・ボーカル・グループ。主なヒット曲に「Somebody's Gotta Go (Sho Ain't Me)」(1975)。

●THINGS WON'T BE THIS BAD ALWAYS

1976年にAristaから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはMoving Up ProductionsMajor Little。アレンジはMike Felder。シングル・オンリー。ディスコ・バージョンを収録したセカンド・プレス。

Mike FelderBill Danielsのペンによるファンキーでアッパーなソウル・ディスコ・チューン。ソウルフルでエネルギッシュなバリトン・リードとファルセット・リードの掛け合いが気持ち良い。


A面はボーカル・バージョン。ファースト・プレス盤よりも長いディスコ・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

FAY HAUSER / YOU BRING THE SUN IN THE MORNING (1975)

2009.07.11.Sat.00:38
fay hauser-you bring the sun in the morning

SIDE A...SM 100

YOU BRING THE SUN IN THE MORNING
Time: 3:30
(Willi Crittendon-Fay Hauser)
strings arranged & conducted by Raymond Johnson
background vocals arranged by George Butcher
produced by Will Crittendon

SIDE B...SM 100

YOU BRING THE SUN IN THE MORNING
DISCO MIX

Time: 5:10
(Willi Crittendon-Fay Hauser)
strings arranged & conducted by Raymond Johnson
background vocals arranged by George Butcher
produced by Will Crittendon
remixed for greater reproduction for discos
by Shelly Yakus / Record Plant studios n.y.c.

(P)1976 Satellite Music International Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU BRING THE SUN IN THE MORNING
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Fay Hauserは、「Good Times」「The Love Boat」「ER」など、数多くの人気TVドラマで活躍する黒人女優、シンガー・ソングライター。Temptationsの元メンバーで俳優のLouis Priceは夫。ソングライターとしての実績もあり、Patrice RushenSister Sledgeなどに楽曲を提供している。

●YOU BRING THE SUN IN THE MORNING
1975年にニューヨークのインディ・ディスコ・レーベル・SMIから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはMantusなどの成功で知られるWill Crittendon。アレンジはGeorge ButcherRaymond Johnson。7インチ・シングル・オンリー。

Barry Whiteを思わせる流麗なオーケストレーションに美しいメロディー・ラインが絡むミディアム・テンポのダンサブルなソウル・ナンバー。

SHIRLEY BROWN / I CAN'T MOVE NO MOUNTAINS (1978)

2009.07.09.Thu.21:59
shirley brown-i cant move no mountain

SIDE A...AS 0334

I CAN'T MOVE NO MOUNTAINS
Time: 3:02
(M. Gately-R. John)
Produced by Eugene Record

SIDE A...AS 0334

I CAN'T MOVE NO MOUNTAINS

Time: 3:02
(M. Gately-R. John)
Produced by Eugene Record

(P)1978 Arista Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●I CAN'T MOVE NO MOUNTAINS
[POP # - /R&B # 92 /DISCO # - ]

Shirley Brownは、デビュー曲「Woman To Woman」(1974)のナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡したウェスト・メンフィス出身の黒人女性ボーカリスト。その他のヒット曲に「It Ain't No Fun」(1975)、「Blessed Is The Woman (With A Man Like Mine)」(1977)など。

●I CAN'T MOVE NO MOUNTAINS
1978年にAristaから発売されたシングル。プロデュースはChi-Litesの元メンバー・Eugene Record。シングル・オンリー。

1972年にアメリカのロック・バンド・Blood, Sweat & Tearsが発表し、Margie Josephによるカバー・バージョンでもお馴染みの名曲をアップ・テンポのディスコ・アレンジでカバーしたもの。

THE PHILLIES / PHILLIES FEVER '77 (1977)

2009.07.08.Wed.00:10
the phillies-phillies fever

SIDE A...GP 207-X

PHILLIES FEVER '77
Time: 2:52
(Walt Kahn-Lorenzo Wright-Rich Wing)
Produced by Walt Kahn
Arranged by Andy Kahn
Music by QVRS
Recorded at Queen Village, Philadelphia
THE PHILLIES
Bowa, Schmidt
Luzinski & MAddox


SIDE B...GP 207-X

DANCIN' WITH THE PHILLIES
Instrumental
Time: 3:16
(Lorenzo Wright-Rich Wing)
Produced by Walt Kahn
Arranged by Andy Kahn
Recorded at Queen Village, Philadelphia
QVRS

(P)1977 Grand Prix Records

BILLBOARD CHART ACTION
●PHILLIES FEVER '77
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Philliesは、アメリカを代表するプロ野球チーム・フィラデルフィア・フィリーズで活躍していたスター選手を集めて結成したワン・ショット・プロジェクト。メンバーはLarry BowaMike SchmidtDavid CashGreg LuzinskiGarry Maddox。代表曲に「Phillies Fever」(1976)。

このシングルは1977年にGrand Prixから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはWalter Kahn。アレンジはAndy Kahn

●PHILLIES FEVER '77
フィラデルフィア・フィリーズのテーマ・ソングとして制作された作品で、実況中継のアナウンス、選手のインタビュー、観客による声援が入るなど、非常に賑やかなディスコ・ナンバー。

このテイクはメンバーのDavid Cashがカナダのプロ野球チーム・モントリオール・エクスポズへ移籍した事に伴う再録リミックス・バージョン。イントロが異なる。

●DANCIN' WITH THE PHILLIES
1976年発表のオリジナル・バージョンのインストゥルメンタル・バージョン。グループ名前のQVRSは「Queen Village Recording Studios」の略。

SOUL JUGGLERS / PINOY DISKO (1978)

2009.07.07.Tue.23:22
soul jugglers-pinoy disko

SIDE A...AMP-010

PINOY DISKO
(H. San Agustin-E. Hayes)
From the movie "BALATKAYO"
Executive Producers
Epoy Mataranas
Tony Huelves
Oscar Asor

SIDE B...AMP-010

Ngayon Lang Ako Umibig ng Ganito

(H. San Agustin-E. Hayes)
From the movie "BALATKAYO"
Executive Producers
Epoy Mataranas
Tony Huelves
Oscar Asor

(P)1978 Ace Records (Phillipine)

BILLBOARD CHART ACTION

●PINOY DISKO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Soul Jugglersは、フィリピンで活躍していたスタジオ・ミュージシャンを中心に結成されたフィリピンの男性7人組ファンク・バンド。ワン・ショット・プロジェクト的な色合いが強く、メンバー構成などの詳細は一切不明。主なヒット曲に「Pinoy Disko」(1978)、「Hangang Magdamag」(1978)。

このシングルは1978年にフィリピンで公開されたディスコ映画「Balatkayo」のオリジナル・サウンド・トラックからのカット。同年発売のアルバム「Soul Jugglers」収録。

●PINOY DISKO

フィリピン産ソウル/ディスコ・ミュージックの呼称「Pinoy Disco」をタイトルに冠した、エネルギッシュで黒光りするファンクネス全開のファンク・ディスコ・チューン。James Brown風のソウルフルなシャウトや本場アメリカのファンク・バンドに勝るとも劣らずの本格的なファンク・サウンドには驚かされる。

Ngayon Lang Ako Umibig ng Ganito
アメリカの男性ソウル・ボーカル・グループがやりそうなスイートな雰囲気のイナタいソウル・バラード。途中で語りが入ったり、ファルセット・リードが絡んだりと、かなり本場のサウンドに近い仕上がりとなっている。

GEORGE JAVIER / NA-ONSENG DELIGHT (1980)

2009.07.07.Tue.00:33
george javier-no onseng delight

SIDE A...WEA-044-A

NA-ONSENG DELIGHT
(Lyrics: Ading Fernando)
Direction by: Ading Fernando

SIDE B...WEA-044-B

SABAYAN N'YO
(Na-Onseng Delight)
Sabayan aug musika sa pagawit ng titik na ito.
Subukan Ninyo

(P)1980 WEA Records (Philippine)

BILLBOARD CHART ACTION
●NA-ONSENG DELIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

George Javier (Dyords Javier)は、フィリピンで活躍を続ける俳優、コメディアン。フィリピンにおけるラップ/ヒップホップの先駆者としても知られる。代表曲に「Na-Onseng Delight」(1980)。

●NA-ONSENG DELIGHT
1980年にフィリピン・WEAから発売されたシングル。ディレクターはAding Fernando。シングル・オンリー。

Sugarhill Gangの世界的ヒット曲「Rapper's Delight」(1979)をフィリピン・タガログ語でカバーしたもの。日本を含むアジア圏における初めての本格的なラップ・レコードであり、本国でも「フィリピン初のラップ・レコード」として知られる作品。

●SABAYAN N'YO
インストゥルメンタル・バージョン。タイトルは「君も一緒にラップしよう」の意。

JOHN DAVIS & THE MONSTER ORCHESTRA / AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU (RE-MIX) (1978)

2009.07.07.Tue.00:15
john davis  the monster orchestra-aint that enough  for you (re)

SIDE A...78-5011 (S-113-SA)

AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU (RE-MIX)
Time: 3:28
(John Davis)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

SIDE B...78-5011 (S-113-SB)

DISCO FEVER
Time: 3:06
(John Davis)
Produced, Arranged and Conducted by John Davis
Executive Producer: Sam Weiss

(P)1978 Sam Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU
[POP # 89 /R&B # - /DISCO # 4 ]

John Davis & The Monster Orchestraは、フィラデルフィアを拠点にプロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたJohn Davisが、フィラデルフィア周辺のスタジオ・ミュージシャンを集めて結成したディスコ・オーケストラ。主要メンバーはMFSB。主なヒット曲に「Night & Day」(1976)、「Ain't That Enough For You」(1978)、「Love Magic」(1979)など。

このシングルは1978年にSamから発売されたアルバム「Ain't That Enough For You」のセカンド・プレス盤からのカット。プロデュース、アレンジはJohn Davis。ボーカルはVaneese ThomasCarolyn Mitchell。セカンド・プレス。

●AIN'T THAT ENOUGH FOR YOU (RE-MIX)
ピエロの星占い」の邦題でもお馴染みのディスコ・クラシックの定番として根強い人気を誇るヒット曲であり、彼らの代表曲の一つ。

このシングル・バージョンは12インチ・シングル及び、アルバムのセカンド・プレス盤収録のリミックス・バージョンをエディットしたもの。オリジナル・ミックスをエディットしたファースト・プレス盤がある。

●DISCO FEVER
Disco Fever」というストレートなタイトル通りのファンキーなディスコ・ナンバー。


YVONNE ELLIMAN / LOVE PAINS (1979)

2009.07.04.Sat.23:14
yvonne elliman-love pain

SIDE A...RS 1007

LOVE PAINS
Time: 3:51
(M. Price-D. Walsh-S. Barri)
Produced by Steve Barri

SIDE B...RS 1007

ROCK ME SLOWLY

Time: 3:53
(J. Phillips)
Produced by Steve Barri

(P)1979 RSO Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE PAINS
[POP # 34 /R&B # - /DISCO # 75 ]

Yvonne Ellimanは、Eric Claptonの専属バック・ボーカリストとして一躍有名になり、「If I Can't Have You」(1977)のナンバー・ワン・ヒットで一世を風靡したハワイ出身の日系アメリカ人女性ボーカリスト、女優。その他のヒット曲に「Love Me」(1976)、「Hello Stranger」(1977)、「Love Pains」(1979)など。

このシングルは1979年にRSOから発売されたアルバム「Yvonne」からのシングル・カット。プロデュースはSteve Barri。アレンジはMichael Omartian

●LOVE PAINS
TOP40ヒットを記録したヒット曲であり、代表曲の一つ。ポップス調のキャッチーなメロディー・ラインを持ったアップリフティングなディスコ・ナンバーで、ヒット性充分の非常に良く出来た作品。1982年にMoby Dickからリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売され、サンフランシスコ近郊で再びディスコ・ヒットとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。

●ROCK ME SLOWLY
メロディアスなAORナンバー。ボトムの効いたドラムス、ムーディーなサックス、黒人女性コーラスなど、割と黒っぽい雰囲気の良く出来た作品。


THE ANDREA TRUE CONNECTION / WHAT'S YOUR NAME. WHAT'S YOUR NUMBER (1977)

2009.07.04.Sat.23:10
andrea true connection-whats your name whats your number

SIDE A...BDA 582

WHAT'S YOUR NAME. WHAT'S YOUR NUMBER
Time: 3:50
(Roger Cook/Bobby Woods)
Produced & Arranged by Michael Zager
for Love-Zager Productions, Inc.
Executive Producer: Jerry Love
Recording Engineer: Tim Geelan
"A PRODUCT OF LOVE"

SIDE B...BDA 582

FILL ME UP (HEART TO HEART)
Time: 3:38
(Gregg Diamond)
Produced & Arranged by Gregg Diamond
for Diamond Touch Productions, Ltd.
A TOM MOULTON MIX

(P)1977 Buddah Records

BILLBOARD CHART ACTION

●WHAT'S YOUR NAME. WHAT'S YOUR NUMBER
[POP # 56 /R&B # - /DISCO # 9 ]

Andrea True Connectionは、70年代から80年代にかけてハード・コア・ポルノ映画を中心に活躍した白人ポルノ女優Andrea Trueを中心とするディスコ・プロジェクト。ポルノ女優がシンガーとして成功した珍しい例であり、一発屋で終わらなかった事はあまり知られていない。主な大ヒット曲に「More, More, More (Pt. 1)」(1976)、「N.Y., You Got Me Dancing」「What's Your Name, What's Your Number」(1977)など。

このシングルは1977年にBuddahから発売された通算4枚目のシングル。バージョン違いのセカンド・プレス。

●WHAT'S YOUR NAME. WHAT'S YOUR NUMBER

1977年にBuddahから発売されたセカンド・アルバム「White Witch」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはMichael Zager

Andrea Trueの飛躍的に向上した歌唱力を前面に押し出したアップテンポのロッキッシュなディスコ・ナンバーで、元々はイギリスのロック・バンド・Blue Minkの元メンバーでソングライターとして活躍したRoger Cookが1977年にソロで発表したシングル曲をカバーしたもの。イギリスを中心にシングル・ヒットを記録している。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。ファースト・プレス盤とは異なるシングル・エディットとなっている。

●FILL ME UP (HEART TO HEART)
1976年にBuddahから発売されたファースト・アルバム「More, More, More」からのカット。プロデュース、アレンジはGregg Diamond。リミックスはTom Moulton

アルバムでは10分にも及ぶロング・バージョンになっていた作品で、ミディアム・スロー・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。Caressによるカバー・バージョンと共にディスコでヒットした。




BIDDU ORCHESTRA / SUMMER OF '42 (1975)

2009.07.04.Sat.23:05
biddu orchestra-summer of 42

SIDE A...8-50139

SUMMER OF '42
Time: 3:08
-M. Legrand-
Produced by Biddu for Subiddu
Music and Productions Ltd.

SIDE B...8-50139

NORTHERN DANCER
Time: 2:54
-Biddu-G. Shury-F. McDonald-C. Raye-
Produced by Biddu for Subiddu
Music and Productions Ltd.

(P)1975 Epic/CBS Records, Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●RAINFOREST
[POP # 57 /R&B # 80 /DISCO # 12]

Biddu Orchestraは、Tina CharlesCarl DouglasJimmy James & The Vagabondsを成功に導いたインド人プロデューサー・Biddu自身が率いるイギリスのディスコ・オーケストラ。「Summer Of '42」(1975)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1975年にEpicから全米発売されたファースト・アルバム「Biddu Orchestra」からのファースト・シングル。プロデュースはBiddu

SUMMER OF '42
1971年の大ヒット映画「おもいでの夏/Summer Of '42」のテーマ曲をアップテンポのディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。原曲の持つ美しく切ないムードを決して損なわずに、ダンサブルなディスコ・ビートで巧くアレンジしているのはさすが。

●NORTHERN DANCER
当時のイギリスのディスコ・シーンで大流行していたノーザン・ソウルのリズムのインストゥルメンタル・ナンバー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。