スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALICE STREET GANG / BAIA (ALSO SPRACH-ZARATHUTRA) (1976)

2009.11.29.Sun.00:59
alice street gang-baia

SIDE A...9901

BAIA
(ALSO SPRACH-ZARATHUTRA)

Time: 3:59
(Ari Barroso)
Produced by: Alfie Smith
Arranged & Conducted by: Daniel Salinas

SIDE B...9901

BRASILIAN HUSTLE
Time: 4:12
(D. Rush-O. John-A. Toddgreen)
Produced by: Alfie Smith
Arranged & Conducted by: Daniel Salinas

(P)1976 Amazon Records

BILLBOARD CHART ACTION
●BAIA (ALSO SPRACH-ZARATHUTRA)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Alice Street Gangは、ブラジルで活躍したプロデューサー、アレンジャー・Daniel Salinasが手がけたブラジルのディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Baia」(1976)、「Pais Tropical」(1977)など。

このシングルは1976年にブラジル・Amazonから発売されたアルバム「Bahia」からのシングル・カット。プロデュースはAlfie Smith。アレンジはDaniel Salinas。アメリカ・T.K.盤。

●BAIA
ブラジルを代表するソングライター・Ary Barrosoが1938年に発表した作品「Na Baixa do Sapateiro(Bahia)」と、ドイツを代表する作曲家・Richard Straussが1896年に発表し、1968年の大ヒット映画「2001: A Space Odyssey (2001年宇宙の旅)」で使われ有名になった「Also Sprach Zarathustra」を組み合わせてディスコ・バージョンにしたもの。グルーヴィーなベース・ラインにカッティング・ギター、流麗なオーケストレーション、女性コーラスが絶妙に絡む、アップテンポの陽気なディスコ・ナンバー。

●BRASILIAN HUSTLE

イントロや間奏部分で聴かれるグルーヴィーで粘るようなベース・ラインが非常に印象的なポップ・ディスコ・チューン。
スポンサーサイト

SHOCK / FOOTSTEPS ACROSS YOUR MIND (1976)

2009.11.28.Sat.17:12
shock-footsteps across your mind

SIDE A...S-101

FOOTSTEPS ACROSS YOUR MIND
Time: 3:37
(Ronnie Millender)
Produced by: Bruce Clarke/Ronnie Millender
for B. C. P. Productions Inc.
Arranger: Dennis Williams
Engineer: Jeff Ader

SIDE B...S-101

WHY SHOULD I FORGIVE YOU
Time: 5:10
(Ronnie McCoy)
Produced by: Bruce Clarke/Ronnie McCoy
for B. C. P. Productions Inc.
Arranger: Dennis Williams
Engineer: Jeff Ader

(P)1976 Sirocco Records

BILLBOARD CHART ACTION

●FOOTSTEPS ACROSS YOUR MIND
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Shockは、The Topicsのメンバー・Ronald McCoyとプロデューサーのBruce Clarkが手がけたソウル・ボーカル・グループ。詳細は一切不明だが、The Topicsの変名プロジェクトの可能性あり。「Footsteps Across Your Mind」(1976)が唯一のシングル。80年代に活躍した同名ファンク・バンドとは関係がない。

このシングルは1976年にSiroccoから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはBruce ClarkeRonald McCoy。アレンジはDennis Williams

●FOOTSTEPS ACROSS YOUR MIND
熱心なソウル・マニアの間では定番として知られる作品で、メロウかつグルーヴィーなバックにスイートなハーモニーが絡むミディアム・テンポのリズミカルなソウル・ナンバー。

●WHY SHOULD I FORGIVE YOU
Truthの「Come Back Home」(1976)あたりを思わせるスイートなムードのソウル・バラード。後半へ進むにつれて盛り上がっていくボーカルがたまらない。


GERONIMO'S BAND / JAM IT (Instrumental) (19??)

2009.11.26.Thu.02:18
geronimos band-jam it

SIDE A...WA 106

JAM IT (Instrumental)
Time: 3:05
(W. Carson, Bob Cullen & Joe Renzetti)
Produced by Bob Cullen, W. Carson

SIDE A...WA 106

JAM IT (Instrumental)
Time: 3:05
(W. Carson, Bob Cullen & Joe Renzetti)
Produced by Bob Cullen, W. Carson

(P)19?? Aries ll Records

BILLBOARD CHART ACTION
●JAM IT (Instrumental)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Geronimo's Bandは、俳優、ミュージシャンとして幅広く活躍したエンターテイナー・Wayne Newtonと、脚本家、テレビ・ライター、プロデューサーとして活躍したRobb Cullenが手がけたプロジェクト。「Jam It」が唯一のシングル。

●JAM IT (Instrumental)

1979年頃にWayne Newtonが所有するレーベル・Aries llから発売された唯一のシングル。プロデュースはWayne Newton(W. Carsonは本名を入れ替えた変名)、Robb CullenBob Cullenは変名)。アレンジは恐らくJoe Renzetti

Joe Renzetti
によるゴージャスなオーケストレーションが映えるミディアム・テンポの軽快なインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。「インストゥルメンタル」のクレジットがある通り、ボーカル・バージョンが存在する。

MARLENA SHAW / LOVE HAS GONE AWAY (1976)

2009.11.24.Tue.00:45
marlena shaw-love has gone away

SIDE A...BN-XW844-Y

LOVE HAS GONE AWAY
Time: 3:08 (Intro :25)
(C. Simmons/J.B. Jefferson)
Produced by Bert deCoteaux & Tony Silvester
for Penumbra Music Company
Exec. Producer: George Butler
Arr. & Cond. by Bert deCoteaux
From the Blue Note LP
"Just A Matter Of Time"BN-LA606-G

SIDE A...BN-XW844-Y

LOVE HAS GONE AWAY
Time: 3:08 (Intro :25)
(C. Simmons/J.B. Jefferson)
Produced by Bert deCoteaux & Tony Silvester
for Penumbra Music Company
Exec. Producer: George Butler
Arr. & Cond. by Bert deCoteaux
From the Blue Note LP
"Just A Matter Of Time"BN-LA606-G

(P)1976 Blue Note Records

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE HAS GONE AWAY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Marlena Shawは、60年代から現在までの長きに渡って活動を続けるジャズ/ソウル・シーンを代表する黒人女性ボーカリスト。Count Basie Orchestraの専属シンガーとして在籍していた事や、女性で初めてBlue Noteと契約した事でも知られる。主な代表曲に「Mercy, Mercy, Mercy」(1967)、「California Soul」(1969)、「Woman Of The Ghetto」(1969)、「Yu Ma/Go Away Little Boy」(1977)。代表アルバムに「The Spice of Life」(1969)、「Who is This Bitch, Anyway?」(1974)

●LOVE HAS GONE AWAY
1976年にBlue Noteから発売されたアルバム「Just A Matter Of Time」からのシングル・カット。プロデュースはBert deCoteauxTony Silvester。アレンジはBert deCoteaux

Spinnersに数多くのヒット曲を提供したフィラデルフィアのソングライター・Charles SimmonsJoseph B. Jeffersonのペンによるマイナー調のポップなメロディー・ラインを持ったアップテンポのソウル・ディスコ・チューン。良く聴けばわかるが、山口百恵のヒット曲「赤い衝撃」(1976)の元ネタである。

GENE FARROW WITH THE G. F. BAND / HEY YOU SHOULD BE DANCING (1977)

2009.11.22.Sun.03:19
gene farrow-hey you should be dancin

SIDE A...MAG 89

HEY YOU SHOULD BE DANCING
Time: 3:15
(Chris Warren/Gene Farrow)
Producers: John Hudson/Chris Warren/Gene Farrow.
A Panther Production

SIDE B...MAG 89

HEY YOU SHOULD BE DANCING (Version)
Time: 3:15
(Chris Warren/Gene Farrow)
Producers: John Hudson/Chris Warren/Gene Farrow.
A Panther Production

(P)1977 Magnet Records Ltd. (U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION
●HEY YOU SHOULD BE DANCING
[POP # - /R&B # - /DISCO # 11 ]

Gene Farrowは、イギリスを拠点に活動していたイギリス人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー。主なヒット曲に「Hey You Should Be Dancing」(1977)、「Move Your Body」(1977)。

●HEY YOU SHOULD BE DANCING
1977年にイギリス・Magnetから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはJohn HudsonChris WarrenGene Farrow。1978年発売のアルバム「Move Your Body」収録。

彼にとって最大のヒット曲であり、代表曲。タイトルを見てわかる通り、Bee Geesの大ヒット曲「You Should Be Dancing」(1976)にインスパイアされて制作されたアップリフティングなディスコ・ナンバーで、「You Should Be Dancing」のイントロにラテン・パーカッションを豪快に使ったバック・トラックを重ね、さらに「La Bamba」を思わせるラテン風のポップなメロディー・ラインを重ねたもの。

この曲は同年にUnited Artistsから全米発売され、全米のディスコでもヒットを記録。「Popcorn」(1972)の世界的ヒットで有名なHot Butterによるカバー・バージョンもある。

A面はボーカル・バージョン。
B面は「You Should Be Dancing」のイントロ部分をさらにパーカッシブにしたブレイクのみが続くインストゥルメンタル・バージョン。レコード溝が最後まで刻まれているため、針を上げない限りブレイク部分がループする仕組みになっている。

THE EARLS / TONIGHT (COULD BE THE NIGHT) (1977)

2009.11.19.Thu.19:21
the earls-tonighyt

SIDE A...101-A

TONIGHT (COULD BE THE NIGHT)
Time: 3:58
(V. Johnson)
Produced & Arr. by: Evan Solat

SIDE B...101-B

MEDITATION
Time: 4:12
(Carlos Jobeam)
Produced & Arr. by: Evan Solat

(P)1977 Woodbury Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●TONIGHT (COULD BE THE NIGHT)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Earlsは、「Remember Then」(1962)のヒットで知られる60年代初めに活躍したLarry Chance率いるニューヨーク出身の白人男性ドゥ・ワップ・グループ。1977年当時のメンバーはLarry ChanceRonnie CalabreseColon RelloBobby TribuzioTony Obertの5人。その他のヒット曲に「Get Up And Dance (The Continental)」(1976)。

このシングルは1977年にWoodburyから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはEvan Solat。フィリー録音ではないかと思われる。シングル・オンリー。

●TONIGHT (COULD BE THE NIGHT)
1961年にドゥ・ワップ・グループ・The Velvetsがヒットさせた曲をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。彼らのドゥ・ワップ・スタイルを前面に押し出したアップテンポの軽快なディスコ・ナンバーに仕上がっている。

●MEDITATION
1963年にAntonio Carlos Jobimが発表し、Frank Sinatraによるカバー・バージョンでも知られるヒット曲をアップテンポのフィラデルフィア風のディスコ・アレンジでリメイクしたもの。 曲の良さもさる事ながら、ラテン・タッチのディスコ・アレンジがなかなか凝っていて面白い。

BENNY TROY / ECSTASY, PASSION & PAIN (1977)

2009.11.18.Wed.00:23
benny troy-ecstasy passion  pain

SIDE A...DEDJ-1587

ECSTASY, PASSION & PAIN
Time: 3:37
(Billy Terrell)
Produced by: Billy Terrell for Mr. Vee Productions
Arranged by: Joe Renzetti
From the LP TEARIN' ME TO PIECES DE-2024

SIDE A...DEDJ-1587

ECSTASY, PASSION & PAIN
Time: 3:37
(Billy Terrell)
Produced by: Billy Terrell for Mr. Vee Productions
Arranged by: Joe Renzetti
From the LP TEARIN' ME TO PIECES DE-2024
(P)1977 DeLite Recorded Sound

BILLBOARD CHART ACTION
●ECSTASY, PASSION & PAIN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Benny Troyは、「I've Always Had You」(1975)や「I Wanna Give You Tomorrow」(1976)のスマッシュ・ヒットで知られる白人男性シンガー・ソングライター。主にコマーシャル・ソングやジングルなどの業界を中心に活動していた。

●ECSTASY, PASSION & PAIN

1976年にDe-Liteから発売されたアルバム「Tearin' Me To Pieces」からのカット。プロデュースはBilly Terrell。アレンジはJoe Renzetti

ポップかつメロウな雰囲気のメロディー・ラインにフィリー・ソウル風のゴージャスなオーケストレーションがマッチしたアップテンポの軽快なソウル・ディスコ・チューン。

THE REAL THING / STONE COLD LOVE AFFAIR (1975)

2009.11.16.Mon.18:00
the real thing-stone cold love affair

SIDE A...TC-2185 STEREO

STONE COLD LOVE AFFAIR
Intro Time: 0:16
Total Time: 3:12
(Gerry Shurry-Ron Roker)
Produced by Gerry Shurry & Ron Roker
for Tony Hall Productions

SIDE A...TC-2185 MONO

STONE COLD LOVE AFFAIR
Intro Time: 0:16
Total Time: 3:12
(Gerry Shurry-Ron Roker)
Produced by Gerry Shurry & Ron Roker
for Tony Hall Productions

(P)1975 20th Century Records

BILLBOARD CHART ACTION
● STONE COLD LOVE AFFAIR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

The Real Thingは、イギリスを拠点に世界的に活躍したイギリス・リヴァプール出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。イギリス出身のソウル・グループの中では最も成功したグループとして知られる。メンバーはEddie AmooChris AmooDave SmithRay Lake。主な大ヒット曲に「You To Me Are Everything」(1976)、「Can't Get By Without You」(1976)、「Can You Feel The Force?」(1978)など多数。

●STONE COLD LOVE AFFAIR
1975年にイギリス・Pyeレーベル移籍第1弾シングルとして発売され、同年にアメリカ・20th Centuryから全米発売されたシングル。プロデュースはSweet DreamsPolly BrownArmada Orchestraなどを手がけたGerry ShurryRon Roker。イギリス録音。シングル・オンリー。

フィリー・ソウルの影響を強く受けたようなメロウでキャッチーなメロディー・ラインを、リード・ボーカルが熱くソウルフルに歌い上げる、なかなか良い感じの爽快なソウル・ダンサー。イギリス録音だが、75年当時のPatrick AdamsBert De Coteauxあたりがやりそうなもっさりしたニューヨーク・ソウル・サウンドに仕上がっている。

EBB TIDE / IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE (Part. 1) (1975)

2009.11.16.Mon.01:07
ebb tide -it takes love to make love

SIDE A...SG 111A

IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE /Part 1
Time: 3:00
(D. B. Shrier)
Produced by D. B. Shrier
Arranged by Jonathan Klein
Recorded at: Intermedia Sound, Boston, Mass.

SIDE B...SG 111A

IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE /Part 2
Time: 2:32
(D. B. Shrier)
Produced by D. B. Shrier
Arranged by Jonathan Klein
Recorded at: Intermedia Sound, Boston, Mass.

(P)1975 Sound Gems, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE (Part. 1)
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Ebb Tideは、フィラデルフィアを拠点に活動していた男性ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはEbb Harrison。シングルを2枚残しているが、「Give Me Your Best Shot-Baby」(1975)が唯一のチャート・ヒット曲。

●IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE

1975年にフィラデルフィアのインディー・レーベル・Sound Gemsから発売されたセカンド・シングル。プロデュースはD. B. Shrier。アレンジはJonathan Klein。ボストン録音。シングル・オンリー。

Harold Melvin & The Blue Notesのヒット曲「The Love I Lost」(1973)を彷彿させるヴィブラフォンとエレピのイントロが印象的なフィリー・ソウル風のリズミカルなソウル・ディスコ・チューン。

A面はフルバージョンの前半部分。
B面はフルバージョンの後半部分。
※フルバージョンはプロモ盤12インチ・シングルにのみ収録。

RONNIE WALKER / MAGIC'S IN THE AIR (1975)

2009.11.14.Sat.01:18
ronnie walker-magics in the air

SIDE A...EV 225

MAGIC'S IN THE AIR
Time: 3:30
(Ronald B. Walker-Vincent Montana, Jr.)
Arranged and Conducted by Vincent Montana, Jr.
Produced by Ronald B. Walker and Vincent Montana, Jr

SIDE B...EV...225

JUST CAN'T SAY HELLO
(ONCE YOU'VE SAID GOODBYE)

Time: 3:19
(Ronald B. Walker-Vincent Montana, Jr.)
Arranged and Conducted by Vincent Montana, Jr.
Produced by Ronald B. Walker and Vincent Montana, Jr

(P)1975 Event Records Inc. / Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC'S IN THE AIR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Ronnie Walkerは、60年代から70年代後半にかけてフィラデルフィアを拠点に活動していた黒人男性シンガー、ソングライター、プロデューサー。シンガーとしては成功しなかったものの、ソングライターとして数多くのアーティストに作品を提供するなどして活躍している。主な代表曲に「Really, Really Love You」(1967)、「It's a Good Feelin'」(1969)、「Magic's In The Air」(1975)など。

このシングルは1975年にEventから発売されたシングル。プロデュースはRonnie WalkerVincent Montana, Jr.。アレンジはVincent Montana, Jr.。演奏はMFSB。シングル・オンリー。

●MAGIC'S IN THE AIR

1976年にEsther Philipsがカバーし、全米のディスコで大ヒットさせた事で知られる、アップテンポのメロディアスなフィリー・ディスコ・チューン。シンセサイザーを効果的に使ったドラマティックなアレンジ、ポップでキャッチーなメロディー・ライン、彼の抜けの良いファルセット・ヴォイスなど、非常にバランスの取れた、完成度の高い作品。

※8分に及ぶ未発表のロング・バージョンが存在する。(2000年にPhilly Sound Worksから発売されたコンピレーション・アルバム「Philly Ear Kandy」収録)

JUST CAN'T SAY HELLO
(ONCE YOU'VE SAID GOODBYE)

Double Exposureによるカバー・バージョンでも知られる作品で、Blue Magicあたりを彷彿させるスイートなソウル・バラード。

HOKIS POKIS / NOWHERE (1975)

2009.11.11.Wed.19:38
hokis pokis-nowhere

SIDE A...6101

NOWHERE
Time: 3:32
(J. Di Girolamo)

SIDE B...6101

CAN'T WAIT FOR LOVE
Time: 3:32
(J. Di Girolamo-J. Scarola)

(P)1975 Shield Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NOWHERE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 6]

Hokis Pokisは、Joey Di Girolamoを中心に結成されたイタリア系アメリカ人男性5人組ボーカル・グループ。主な代表曲に「Nowhere」(1975)、「City Rhythm」(1981)。

このシングルは1975年にT.K. Production傘下Shieldから全米発売されたシングル。プロデューサー、アレンジャーは不明。シングル・オンリー。

●NOWHERE
全米ディスコ・チャートで最高6位を記録した彼ら唯一のチャート・ヒット曲であり、代表曲。近年はリエディット・12インチ・シングルが発売され、再評価されつつある作品。

曲自体はドラムスとカッティング・ギターによるダンサブルなブレイク、フヨフヨとしたチープなムーグ・シンセ、いかにもイタリア系な男性ボーカルとコーラスなど、聴き所満載のポップなディスコ・ナンバー。

●CAN'T WAIT FOR LOVE
かなりメロウな雰囲気のグルーヴィーなソウル/ディスコ・チューン。印象的なメロディー・ラインにコード進行、ハッとさせられるサビなど、B面にしておくには勿体無い程良い曲。

JEFF EVANS / I'LL BE SEEING YOU (1976)

2009.11.11.Wed.14:55
jeff evans-ill be seeing

SIDE 1...HK-401

I'LL BE SEEING YOU
Time: 4:10
(Irving Kahal & Sammy Fain)
Arranged by Walt Gwardyak
Produced by Marty Kugell & Al Altman
for Kantlose Productions Inc.

SIDE 2...HK-401

I'LL BE SEEING YOU
(Instrumental)

Time: 2:39
(Irving Kahal & Sammy Fain)
Arranged by Walt Gwardyak
Produced by Marty Kugell & Al Altman
for Kantlose Productions Inc.

(P)1976 Grandstand / Pickwick International, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I'LL BE SEEING YOU
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Jeff Evansに関する詳細は一切不明。「I'll Be Seeing You」(1976)が唯一のシングル。

●I'LL BE SEEING YOU
1938年公演のブロードウェイ・ミュージカル「Right This Way」、1944年公開のヒット映画「I'll Be Seeing You」の主題歌として使われ、数多くのアーティストによってカバーされた事で有名になったスタンダード・ナンバーをディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

PAUL DELICATO / CARA MIA (1976)

2009.11.10.Tue.01:45
paul delicato-cara mia

SIDE A...AOA-101

CARA MIA
Time: 2:58
(T. Trapami-L. Lange)
Produced by Harley Hatcher
Arranged by Emory Gordy

SIDE B...AOA-101

ICE CREAM SODAS AND LOLLIPOPS
AND A RED HOT SPINNING TOP

Time: 2:32
(Harley Hatcher)
Arranged and Prod. by Harley Hatcher
Strings Arr. by Cam Mullins

(P)1976 Artists Of America Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●CARA MIA
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Paul Delicatoは、セントルイスを拠点にセッション・ミュージシャン、ステージ・ミュージシャンとして活動していた白人男性ベーシスト、ヴォーカリスト。代表曲に「Cara Mia」(1976)。

このシングルは1976年にArtists Of Americaから発売されたシングル。プロデュースはHarley Hatcher

●CARA MIA
1976年発売のアルバム「Cara Mia」からのシングル・カット。アレンジはEmory Gordy

1954年にDavid Whitfieldによって歌われ、1965年にJay and the Americansで大ヒットとなったポピュラー・ソングをディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。軽快なドラム・ブレイク、流麗なストリングス、伸びやかなヴォーカルなど、かなりキャッチーな仕上がりとなっている。

このカバー・バージョンは南米、ヨーロッパを中心にヒットした。

●ICE CREAM SODAS AND LOLLIPOPS
AND A RED HOT SPINNING TOP

1975年発売のアルバム「Ice Cream Sodas And Lollipops And A Red Hot Spinning Top」からのシングル・カット。アレンジはHarley Hatcher

アメリカの大手アイス・クリーム・パーラー「Farrell's」の販売促進用に制作された作品で、オールディーズ風の軽快なポップ・ナンバー。

THE YEAR OF THE DRAGON / OVER MY SHOULDER (1976)

2009.11.09.Mon.01:30
the year of the dragon-over my sholder

SIDE 1...GULS 30

OVER MY SHOULDER
Time: 3:00
(Harry Woods)
Produced by Bill Kimber and Colin Frechter
A Mighty Music Production
Arranged by Colin Frechter

SIDE 2...GULS 30

LET'S DO THE LATIN HUSTLE
Time: 3:34
(Eddie Drennon)
Produced by Bill Kimber and Colin Frechter
A Mighty Music Production
Arranged by Colin Frechter

(P)1976 Gull Records

BILLBOARD CHART ACTION
● OVER MY SHOULDER
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

The Year Of The Dragonは、The Bay City RollersBrotherhood Of Manなどをてがけたイギリス人プロデューサー、アレンジャー・Colin Frechterと、南アフリカでシンガー・ソングライター、プロデューサーとして活躍したBill KimberBilly Forrest)が手がけたイギリスのディスコ・プロジェクト。「Over My Shoulder」(1976)が唯一のシングル。

このシングルは1976年にイギリス・Gullから発売された唯一のシングル。プロデュースはBill KimberColin Frechter。アレンジはColin Frechter

●OVER MY SHOULDER
1934年公開のイギリス映画「Evergreen」の劇中歌をアップテンポのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。同時期にヒットしていたWing & A Prayerの「Baby Face」(1975)に似たタイプの作品で、特にサビの後で突然盛り上がるところがそっくり。

●LET'S DO THE LATIN HUSTLE
1975年にEddie Drennon & B.B.S. Unlimitedがヒットさせたディスコ・ナンバーのカバー。オリジナルに忠実な作りとなっている。

SOUL VIBRATIONS / SEX VIBRATIONS (1975)

2009.11.08.Sun.02:32
soul vibrations-sex vibration

FACE A...613.018

SEX VIBRATIONS
Time: 3:10
(Subway-Yared)
Direction Musicale: C. BLACKWELL/G. YARED

FACE B...613.018

ORGAN VIBRATIONS
Time: 3:00
(Subway-Yared)
Direction Musicale: C. BLACKWELL/G. YARED

(P)1975 Disques Apollo (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●SEX VIBRATIONS
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Soul Vibrationsは、数多くのアーティストのヒット曲や映画音楽を手がけた事で知られるフランスの音楽家・Gabriel Yaredが手がけたフランスのディスコ・プロジェクト。「Sex Vibrations」(1975)が唯一のシングル。

このシングルは1975年にフランス・Disques Apolloから発売された唯一のシングル。アレンジはイギリスで活躍したコンポーザー、アレンジャー・Charles BlackwellGabriel Yared

●SEX VIBRATIONS

BanzaiiL.E.B. Hermonyなどを手がけたSubway(Bernard Estardy)とGabriel Yaredのペンによる作品で、いかにも彼ららしいポップでキャッチーなメロディー・ラインが乗ったアップテンポのインストゥルメンタル・ナンバー。ストレートなタイトルの割りにはエロスな雰囲気はない。

●ORGAN VIBRATIONS
Subway(Bernard Estardy)がプレイするオルガンのメロディー・ラインが非常に印象的なポップでキャッチー、モッドな雰囲気のインストゥルメンタル・ナンバー。L.E.B. Hermonyの「Discorgan」(1978)の原型とも言える作品。

SU KRAMER / YOU'VE GOT THE POWER (1976)

2009.11.07.Sat.14:45
su kramer

SIDE A...CM-1043 (6.11 837-00-1)

YOU'VE GOT THE POWER (Part. 1)
Time: 4:04
(Helder, Heilburg)
Recorded by Teldec, Germany

SIDE B...CM-1043 (6.11 837-00-2)

YOU'VE GOT THE POWER (Part. 2)
Time: 2:53
(Helder, Heilburg)
Recorded by Teldec, Germany

(P)1976 London (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU'VE GOT THE POWER
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]


Su Kramerは、70年代のドイツのポピュラー・ミュージックシーンで活躍したドイツ人女性ヴォーカリスト。主にドイツ語で歌うシュラガー歌手の一人。主なヒット曲にユーロビジョン・ソング・コンテスト参加曲「Glaub an dich selbst」(1972)、「Kinder der Liebe」(1974)、「Hier ist das Leben」(1976)、「You've Got The Power」(1976)など多数。一時期はGiorgio MoroderPete Bellotteのバックアップを受けていた。

●YOU'VE GOT THE POWER
1976年にドイツ・Telefunkenから発売されたシングル。プロデュースはJoachim Heider(Alfie Khan)。アレンジはPeter Schirmann。シングル・オンリー。日本・London盤。

彼女最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。ミュンヘン録音でありながら、フィリー・ソウルを強烈に意識したゴージャスな音作りがなされたキャッチーなディスコ・ナンバー。彼女のソウルフルでパンチのあるボーカルと相まって、かなりアッパーな仕上がりとなっている。元々は同年初頭にドイツで発売されたシングル「Hier ist das Leben」を改題、英語詞をつけてレコーディングし直したもの。

この曲はドイツを始めとするヨーロッパのディスコ、全米ディスコでも大ヒット。アメリカのディスコ・プロジェクト・Camouflageによるカバー・バージョンもディスコ・ヒットを記録している。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

※日本では1976年と1979年の2度シングル発売されている。

MIDNIGHT POWERS / DANCE, IT'S MY LIFE (1981) (US PRESS)

2009.11.06.Fri.01:54
midnight powers-dance it my life us

SIDE A...YE-122A

DANCE, IT'S MY LIFE
Time: 3:30
(H. Brooks-M. Hill)
From "Prime Cuts 1/The Double Dance Album"
(MP-313)

SIDE AA...YE-122AA

SPIN IT
Time: 3:00
(D. Groover-R. Eubanks)
From "Prime Cuts 1/The Double Dance Album"
(MP-313)

(P)1981 Importe/12

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE IT'S MY LIFE/Midnight Powers
[POP # - /R&B # - /DISCO # 8 (Lp all Cuts)]

●SPIN IT/Sunbelt
[POP # - /R&B # - /DISCO # 8 (Lp all Cuts)]

このシングルは1981年にImporte/12から発売されたディスコ・オムニバス・アルバム「Prime Cuts 1/The Double Album」からのベスト・カップリング・シングル。

●MIDNIGHT POWERS

Midnight Powersは、日本のディスコDJ/音楽評論家・吉岡正晴(Early Bird)が、日本のスタジオ・ミュージシャンとアメリカの黒人シンガーを起用して制作した日本のディスコ・プロジェクト。「Dance It's My Life」(1980)のディスコ・ヒットを持つ。

☆DANCE IT'S MY LIFE
1980年に日本・Overseasから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースは吉岡正晴(Mark G. Hill)。Funky Bureauを手がけた作曲家・巣瀬哲生(T. Suse)がアレンジを担当。

Village People風のポップな曲調のアッパーなディスコ・ナンバーで、全米のディスコでヘビー・プレイされた事もあり、日本以上に海外のディスコ・ファンの間で人気のある作品。国産ディスコ作品では初めて全米ディスコ・チャートでトップ10入りを果たした作品でもある。

このシングル・バージョンはインストゥルメンタル・バージョンをエディットしたもの。

●SUNBELT
Sunbeltは、テキサス州で活動していた白人男性シンセサイザー・プレイヤー・Doug Grooverが手がけたディスコ・プロジェクト。「Spin It」(1981)が唯一の作品。

☆SPIN IT
1981年にDisconetが制作した「Volume 4 Program 3」に収録されていた作品。プロデュースはDoug Groover。ボーカルはRodney Eubanks

硬質のシンセ・サウンドに素人っぽいポップな少年ボーカルが絡むアッパーなエレクトロ・ディスコ・チューン。イタロ・ディスコ風だが純粋なアメリカ産。

※盤面にはそれぞれプロデューサーへのメッセージが刻まれている。
A面には「Hi Yoshi
B面には「Hi Doug

THE PACIFIC COAST HIGHWAY / SHOJOJI (1976)

2009.11.05.Thu.00:14
the pacific coast highway-shojoji

SIDE 1...VIP-2437

SHOJOJI (Disco Version)

Time: 3:41
(Shinpei Nakayama)
Arranged by Johnny Dean
Produced by Phil Morning

SIDE 2...VIP-2437

SHOJOJI
Time: 4:35
(Shinpei Nakayama)
Arranged by Johnny Dean
Produced by Phil Morning

(P)1976 Victor Musical Industries, Inc.(Japan)

The Pacific Coast Highwayは、日本のディスコ・プロジェクト。詳細は一切不明だが、実体は恐らくThe Oriental Expressのレコーディング・メンバーではないかと思われる。代表曲に「Shojoji」(1976)、「Sukiyaki Hustle」(1976)。

●SHOJOJI
1976年に日本・Victorから発売されたファースト・シングル。プロデュースはPhil Morning。アレンジはJohnny Dean

Eartha Kittによるバージョンでもお馴染みの日本に古くから伝わる童謡「證誠寺の狸囃子」をアップテンポのファンキーなディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。原型を留めない程の独自解釈がなされたバージョンとなっており、特に村上秀一によるものと思われるファンキーなドラム・プレイが最高。

A面はディスコ・バージョン。
B面は別ミックスのロング・バージョン。

EDDIE CHEBA / LOOKING GOOD (Shake Your Body) (1979)

2009.11.03.Tue.01:17
eddie cheba-looking good

SIDE A...BAN 16506

LOOKING GOOD (Shake Your Body)
Time: 4:13
(E. Lewis-M. Farner-G. Pettus-E. Cheba)
Arranged by T. Rome and L. McNeal
Produced by Landy McNeal
for Lan-Tastil Prod. Ltd.

SIDE B...BAN 16506

LOOKING GOOD (Shake Your Body)
Instrumental Version

Time: 4:13
(E. Lewis-M. Farner-G. Pettus-E. Cheba)
Arranged by T. Rome and L. McNeal
Produced by Landy McNeal
for Lan-Tastil Prod. Ltd.,

(P)1980 Banana (Italy)

BILLBOARD CHART ACTION

●LOOKING GOOD (Shake Your Body)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Eddie Chebaは、ヒップホップ黎明期のニューヨークのパーティー・シーンで活躍した黒人男性ディスコMC、ラッパー。「Looking Good (Shake Your Body)」(1979)が唯一のシングル。

●LOOKING GOOD (Shake Your Body)
1979年にTree Lineから発売されたシングル。プロデュースはIngramSandy Mercerなどを手がけたLandy McNeal。アレンジはLandy McNealTony Rome。これは1980年発売のイタリア・Banana盤。

キャッチーな女性コーラスを配したグルーヴィーかつスムースなディスコ・サウンドにEddie Chebaのノリの良いラップとボーカルが絡むアップテンポのダンサブルなディスコ・ラップ・ナンバー。オールドスクール/アンダーグラウンド・ディスコ・クラシックとして人気のある作品。

A面はボーカル&ラップ・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。


ROSEBUD / HAVE A CIGAR (1977)

2009.11.02.Mon.00:42
rosebud-have a cigar

SIDE A...721.604

MONEY
Time: 4:09
(Waters)
Prod. : Arena-A. Puglia-T. Perret

SIDE B...721.604

HAVE A CIGAR
Time: 4:19
(Waters)
Prod. : Arena-A. Puglia-T. Perret

(P)1978 Flarenasch (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●MONEY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

●HAVE A CIGAR
[POP # - /R&B # - /DISCO # 4 ]

Rosebudは、数多くのアーティストのヒット曲や映画音楽を手がけた事で知られるフランスの音楽家・Gabriel Yaredが中心となって手がけたフランスのディスコ・プロジェクト。フランスのプログレッシブ・ロック・バンド・Magmaのメンバー・Jannick TopClaude Engelが参加している。主なヒット曲に「Money」(1977)、「Have A Cigar」(1977)。

このシングルは1977年にフランス・Flarenaschから発売されたコンセプト・アルバム「Discoballs-A Tribute To Pink Floyd」からのシングル・カット。プロデュースはArena(Alain PugliaThierry Perret)。

●MONEY
Pink Floydが1973年に発表した大ヒット・アルバム「The Dark Side Of The Moon」収録曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。シンセベースを効果的に使ったPファンク風のファンク・ディスコ・チューン。

●HAVE A CIGAR
同じくPink Floydが1975年に発表した大ヒット・アルバム「Wish You Were Here」収録曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。オリジナルのイメージとは全く異なる、シンセサイザーとカッティング・ギターを基調としたアップリフティングなコズミック・ディスコ・チューンに仕上がっている。

アメリカでは1979年にリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルがWarner Bros.から発売され、全米ディスコ・チャートで最高4位を記録する大ヒットとなっている。



BLACK SUN / BLACK SUN (Part 1) (1978)

2009.11.01.Sun.01:05
black sun

SIDE A...88.003 A

BLACK SUN (Part l)
Time: 3:30
(Phil Walter, C. Argal, P. Gefsky)
Prod. : W. Hamilton

SIDE B...88.003 B

BLACK SUN (Part ll)
Time: 4:32
(Phil Walter, C. Argal, P. Gefsky)
Prod. : W. Hamilton

(P)1978 IPG (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●BLACK SUN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Black Sunは、ニュージャージー州を拠点に活動していたプロデューサー・Wally Hamiltonとソングライター・Phil Walterが手がけたディスコ・プロジェクト。アルバムを2枚発表している。主な代表曲に「Black Sun」(1978)。

●BLACK SUN

1978年にフランス・IPGから発売されたファースト・アルバム「Black Sun」(アメリカ盤タイトル「Disco Heat」)からのシングル・カット。プロデュースはWally Hamilton。アレンジはPhil WalterWally Hamilton。アメリカ録音。

フランスのディスコ・プロデューサー・Alec R. Costandinosの作風を思わせるフランス風の流麗なディスコ・シンフォニーに強烈なディスコ・ビートが乗ったアップリフティングなディスコ・チューン。かなり展開の練られた完成度の高い作品で、アルバムやシングルは現在も高値で取引される人気盤となっている。

A面は前半部分をエディットしたもの。
B面はA面の続き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。