FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年11月
ARCHIVE ≫ 2009年11月
      

≪ 前月 |  2009年11月  | 翌月 ≫

THE REAL THING / STONE COLD LOVE AFFAIR (1975)

the real thing-stone cold love affair

SIDE A...TC-2185 STEREO

STONE COLD LOVE AFFAIR
Intro Time: 0:16
Total Time: 3:12
(Gerry Shurry-Ron Roker)
Produced by Gerry Shurry & Ron Roker
for Tony Hall Productions

SIDE A...TC-2185 MONO

STONE COLD LOVE AFFAIR
Intro Time: 0:16
Total Time: 3:12
(Gerry Shurry-Ron Roker)
Produced by Gerry Shurry & Ron Roker
for Tony Hall Productions

(P)1975 20th Century Records

BILLBOARD CHART ACTION
● STONE COLD LOVE AFFAIR
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

The Real Thingは、イギリスを拠点に世界的に活躍したイギリス・リヴァプール出身の黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。イギリス出身のソウル・グループの中では最も成功したグループとして知られる。メンバーはEddie AmooChris AmooDave SmithRay Lake。主な大ヒット曲に「You To Me Are Everything」(1976)、「Can't Get By Without You」(1976)、「Can You Feel The Force?」(1978)など多数。

●STONE COLD LOVE AFFAIR
1975年にイギリス・Pyeレーベル移籍第1弾シングルとして発売され、同年にアメリカ・20th Centuryから全米発売されたシングル。プロデュースはSweet DreamsPolly BrownArmada Orchestraなどを手がけたGerry ShurryRon Roker。イギリス録音。シングル・オンリー。

フィリー・ソウルの影響を強く受けたようなメロウでキャッチーなメロディー・ラインを、リード・ボーカルが熱くソウルフルに歌い上げる、なかなか良い感じの爽快なソウル・ダンサー。イギリス録音だが、75年当時のPatrick AdamsBert De Coteauxあたりがやりそうなもっさりしたニューヨーク・ソウル・サウンドに仕上がっている。

EBB TIDE / IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE (Part. 1) (1975)

ebb tide -it takes love to make love

SIDE A...SG 111A

IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE /Part 1
Time: 3:00
(D. B. Shrier)
Produced by D. B. Shrier
Arranged by Jonathan Klein
Recorded at: Intermedia Sound, Boston, Mass.

SIDE B...SG 111A

IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE /Part 2
Time: 2:32
(D. B. Shrier)
Produced by D. B. Shrier
Arranged by Jonathan Klein
Recorded at: Intermedia Sound, Boston, Mass.

(P)1975 Sound Gems, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE (Part. 1)
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Ebb Tideは、フィラデルフィアを拠点に活動していた男性ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはEbb Harrison。シングルを2枚残しているが、「Give Me Your Best Shot-Baby」(1975)が唯一のチャート・ヒット曲。

●IT TAKES LOVE TO MAKE LOVE

1975年にフィラデルフィアのインディー・レーベル・Sound Gemsから発売されたセカンド・シングル。プロデュースはD. B. Shrier。アレンジはJonathan Klein。ボストン録音。シングル・オンリー。

Harold Melvin & The Blue Notesのヒット曲「The Love I Lost」(1973)を彷彿させるヴィブラフォンとエレピのイントロが印象的なフィリー・ソウル風のリズミカルなソウル・ディスコ・チューン。

A面はフルバージョンの前半部分。
B面はフルバージョンの後半部分。
※フルバージョンはプロモ盤12インチ・シングルにのみ収録。
Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム