スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MICHAEL MASSER AND MANDRILL / ALI BOM-BA-YE (1977)

2009.12.22.Tue.11:45
mandril-ali bom ba ye

SIDE A...IER-20307

ALI BOM-BA-YE l
Time: 3:42
(Michael Masser)
Produced by Michael Masser
Arranged by Lee Holdridge,
Michael Masser and Mandrill

SIDE B...IER-20307

ALI BOM-BA-YE ll
Time: 3:02
(Michael Masser)
Produced by Michael Masser
Arranged by Lee Holdridge,
Michael Masser and Mandrill

(P)1977 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●ALI BOM-BA-YE l
[POP # - /R&B # 69 /DISCO # - ]

Mandrillは、パナマ出身のミュージシャン・Carlos WilsonLou WilsonRic Wilsonの兄弟3人を中心に結成されたニューヨークの男性7人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。ラテン、サルサ、ロック、ブルース、ファンクといったジャンルに捉われない多彩な音楽性を持った特異なグループとして知られる。主なヒット曲に「Fence Walk」(1973)、「Hang Loose」(1973)、「Funky Monkey」(1977)、「Too Late」(1978)など。1977年公開の大ヒット映画「Muhammad Ali In "The Greatest"」のテーマ曲「Ali-Bom-Ba-Ye」(1977)は特に有名。

●ALI BOM-BA-YE
1977年にAristaから発売されたサウンド・トラック・アルバム「Muhammad Ali "The Greatest"」からのシングル・カット。プロデュースはMichael Masser。アレンジはLee HoldridgeMichael MasserMandrillMichael Masser and Mandrill名義。

映画Muhammad Ali "The Greatest"」のテーマ曲であり、日本でも「アントニオ猪木のテーマ」(後に「炎のファイター/Inoki Bom-Ba-Ye」のタイトルでカバー)として非常に有名な作品。Mandrillらしいラテン・タッチの軽快なディスコ・ビートにアッパーなブラス・セクションが炸裂するクロスオーバー風のダンサブルなインストゥルメンタル・ナンバー。

A面はお馴染みのテーマ曲
B面はバリエーション。

※ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。




スポンサーサイト

D.D. SOUND / HOOTCHIE COOTCHIE (1979)

2009.12.21.Mon.00:00
d.d. sound-hotchie coothie

SIDE A...MA-201-V

HOOTCHIE COOTCHIE
Time: 3:30
(R.W. Palmer James/M. Bjorklund/A. and C. La Bionda)
Produced & Lisenced by Baby Records, Italy

SIDE B...MA-201-V

HOOTCHIE COOTCHIE (Instrumental)
Time: 3:26
(R.W. Palmer James/M. Bjorklund/A. and C. La Bionda)
Produced & Lisenced by Baby Records, Italy
(P1979 Baby Records (Italy)

BILLBOARD CHART ACTION
●HOOTCHIE COOTCHIE
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

D. D. Soundは、イタリア人プロデューサーCarmelo La BiondaAngelo La Biondaが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはCarmelo La Bionda。グループ名の「D. D.」は「Disco Delivery」の略称。主なヒット曲に「Burning Love」「1-2-3-4 Gimme Some More」(1977)、「Cafe」(1978)など。

●HOOTCHIE COOTCHIE
1979年にイタリア・Babyから発売されたアルバム「Hootchie Cootchie」からのシングル・カット。ドイツ・ミュンヘン録音。これは1980年発売の日本・Overseas盤。

彼らにとって実質的なラスト・シングルにあたる曲で、ポップでキャッチーなメロディー・ラインがのったアップテンポの軽快なブギー・ディスコ・チューン。イントロの「Let's Move! Let's Groove! Do The Hootchie Cootchie Dance!」と連呼する部分が非常にキャッチーでいつまでも耳に残る。

A面はアルバム・バージョンをエディットしたボーカル・バージョン。
B面はシングル・オンリーのインストゥルメンタル・バージョン。

BOBBY BYRD / HERE FOR THE PARTY (1977)

2009.12.20.Sun.00:00
bobby byrd-here for the party

SIDE A...STW 109

HERE FOR THE PARTY
Time: 4:37
(J. Helms, G. Woods, F. Birdwell,
J. Boyce, S. Harley, R. Griffin, F. Brown)
(Background Vocals-Vicki Anderson & Byrd Family)
Supervised & Mixes by Randy Irwin
Eng. N. Cappos
Prod. by: Bobby Byrd
Co-prod.: Harley-Boyce-Trimer
"The Strawberry Way"

SIDE B...STW 109

BYRD'S IN FLIGHT (Instrumental)
Time: 3:10
(B. Byrd)
Supervised & Mixes by Randy Irwin
Prod. by: Bobby Byrd & Randy Irwin
Arr. by: B. Byrd & R. Griffin
Eng. N. Ceppos
"The Strawberry Way"

(P)1977 Strawberry Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●HERE FOR THE PARTY
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Bobby Byrdは、James Brownの盟友であり重要なブレーンとして活躍した事で知られる黒人男性シンガー、コンポーザー、プロデューサー。James Brownの大ヒット曲「Get Up (I Feel Like Being Like A) Sex Machine」(1970)での掛け合いは特に有名。主なヒット曲に「Baby Baby Baby」(1964)、「We Are In Love」(1965)、「I Need Help (I Can't Do It Alone)」(1970)など。

●HERE FOR THE PARTY
1976年にイギリス・Contempoから発売され、翌1977年にアメリカ・Starawberryから発売されたシングル。プロデュースはBobby ByrdRandy Irwin。アレンジはBobby ByrdRichard Griffin。シングル・オンリー。

B.T. ExpressBrass Costruction風のファンキーなサウンドが展開されるアッパーなファンク・ディスコ・チューン。

●BYRD'S IN FLIGHT (Instrumental)
A面「Here For The Party」のインストゥルメンタル・バージョン。

Contempo盤とStrawberry盤ではプロデューサー、アレンジャーのクレジットが全く異なっている。Contempo盤ではプロデュース、アレンジはBobby ByrdJesse BoyceRichard GriffinSanchez Harleyとなっている。

WILLIAM STUCKEY / DISCO FLY (1977)

2009.12.19.Sat.00:05
william stuckey-disco fly

SIDE A...ICA-006-A

YOU CAN COUNT ON ME
Time: 3:00
(William Stuckey)
Producers: Lee Anthony, William Stuckey

SIDE B...ICA-006-B

DISCO FLY
Time: 3:32
(William Stuckey)
Producers: Lee Anthony, William Stuckey

(P)1977 Indipendence Corp. Of America

BILLBOARD CHART ACTION
●YOU CAN COUNT ON ME
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

William Stuckeyは、メンフィスを拠点にセッション・ミュージシャンとして活動していた黒人男性キーボーディスト、シンガー。代表曲は「Disco Fly」(1977)。

このシングルは1977年にワシントンD.C.のローカル・レーベル・ICAから発売されたシングル。プロデュースはLee AnthonyWilliam Stuckey。シングル・オンリー。

●YOU CAN COUNT ON ME
William Stuckeyのボーカルによるサザン・ソウル色が強めのミディアム・スロー・ナンバー。サビが少しだけLoleatta Hollowayの「Cry To Me」(1975)に似ているが、とても良い曲。

●DISCO FLY
タイトル通り、ハエの音を思わせるウニョウニョとしたムーグ・シンセのサウンドが印象的なスペイシーなインストゥルメンタル・ディスコ・ファンク・チューン。近年は数多くのDJによってプレイされ、リエディット12インチ・シングルが発売されるなど、再評価されている作品。

MANU DIBANGO / SUPER KUMBA (1975)

2009.12.18.Fri.18:34
manu dibango-super kumba

SIDE A...45-3263

SUPER KUMBA
Time: 3:34
(M. Dibango)
Produced by Tony "Champagne" Silvester
and Bert "Super Charts" DeCoteaux
Arranged by Manu Dibango
and Bert "Super Charts" DeCoteaux

SIDE B...45-3263

WASA N' DOLO
Time: 4:14
(M. Dibango)
Produced by Tony "Champagne" Silvester
and Bert "Super Charts" DeCoteaux
Arranged by Manu Dibango
and Bert "Super Charts" DeCoteaux

(P)1975 Atlantic / Societe Francaise Du Son

BILLBOARD CHART ACTION
●SUPER KUMBA
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Manu Dibangoは、フランスを拠点に活動し、「Soul Makossa」(1972)の世界的大ヒットで一世を風靡したアフリカ・カメルーン出身の男性ジャズ・サクソフォニスト。ジャズ/ファンク/レゲエ/ラテン/ディスコまでこなす、非常に柔軟な音楽性を持つジャズ・アーティストとして知られる。

このシングルは1975年にAtlanticから発売されたシングル。プロデュースはTony SilvesterBert Decoteaux。アレンジはManu DibangoBert Decoteaux。アメリカ録音。シングル・オンリー。

SUPER KUMBA
1974年にフランス・Fiestaから発売されたアルバム「Super Kumba」に収録されていたタイトル曲のアレンジを変えて、アメリカにて再録音したもの。

荒削りなオリジナルとは全く異なり、洗練されたニューヨーク・サウンドをバックに彼のクールなサックス・プレイが炸裂する、ファンキーでクールなソウル・ディスコ・チューンに生まれ変わっている。

●WASA N' DOLO
1974年にフランス・Fiestaから発売されたアルバム「Super Kumba」に収録されていた作品のアレンジを変えて、アメリカにて再録音したもの。

こちらもオリジナルとは異なり、ソウルフルな黒人男性コーラスを起用し、かなりメロウな雰囲気のミディアム・スロー・ナンバーに変身している。

BLACK SOUL / BLACK SOUL MUSIC (1976)

2009.12.17.Thu.00:00
black soul-black soul music

SIDE A...45-BJ 101 A

BLACK SOUL MUSIC
LONG VERSION

Time: 4:31
(G. Musso/Black Soul)
Productions VMT Records
Lic. by Vogue P.I.P.

SIDE B...45-BJ 101 B

BLACK SOUL MUSIC
SHORT VERSION

Time: 3:02
(G. Musso/Black Soul)
Productions VMT Records
Lic. by Vogue P.I.P.

(P)1976 Beam Junction

BILLBOARD CHART ACTION
●BLACK SOUL MUSIC
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Black Soulは、フランスを拠点に活動していたアフリカ人とフランス人で結成された男性7人組アフロ・ディスコ・グループ。メンバーはJean TamegnonDominique PelonMassamba M'MdiayeFrancisco WallaceJacques QuenemDiego KoiteAlphonso Blamo。主なヒット曲に「Mangous Ye」(1975)、「Black Brothers」(1976)など。

●BLACK SOUL MUSIC
1976年にBeam Junctionから発売された全米デビュー・シングル。1977年発売のアルバム「Black Soul」収録。リミックスはTom MoultonBeam Junctionの前身・Import Disque盤も存在する。

1975年にフランス・Soukousから発売されたアルバム「Brasil Africa」に収録されていた作品で、「ナーナーナナナ」というワイルドなコーラスが印象的なアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

BUSTA JONES / (YOU) KEEP ON MAKING ME HOT (1979)

2009.12.16.Wed.00:38
busta jones-you keep on making me hot

SIDE A...SP 3001

(YOU) KEEP ON MAKING ME HOT
Time: 3:59
(Mark L. Jones)
Produced by Busta Jones and Gino Soccio
for The Music Organization, Ltd./T.V. Production
Exec. Producers: Alan Schivek and Bernard Spigner

SIDE B...SP 3001

(EVERYBODY'S) DANCING ALL OVER THE WORLD
Time: 3:23
(Mark L. Jones)
Produced by Busta Jones and Gino Soccio
for The Music Organization, Ltd./T.V. Production
Exec. Producers: Alan Schivek and Bernard Spigner

(P)1979 Spring Records

BILLBOARD CHART ACTION
●(YOU) KEEP ON MAKING ME HOT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 ]

●(EVERYBODY'S) DANCING ALL OVER THE WORLD
[POP # - /R&B # - /DISCO # 15 ]

Busta Jonesは、Brian EnoRobert Frippなどのロック系アーティストのバックで活動していたメンフィス出身の黒人男性ベーシスト、シンガー。主な代表曲に「(You) Keep On Making Me Hot」(1979)。

このシングルは1980年にSpringから発売されたアルバム「Busta Jones!」からの先行シングル。プロデュースはBusta JonesGino Soccio

●(YOU) KEEP ON MAKING ME HOT
ヒップ・ホップのネタとして使われていそうなグルーヴィーなイントロが印象的なミディアム・テンポのメロウなブギー・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。ロング・バージョンは12インチ・シングルにのみ収録。

●(EVERYBODY'S) DANCING ALL OVER THE WORLD

共同でプロデュースを手がけているGino Soccioのサウンド・カラーが色濃く反映されたアップテンポのストレートなディスコ・ナンバー。




BETTY WRIGHT / I BELIEVE IT'S LOVE (1979)

2009.12.16.Wed.00:00
betty wright-i believe its love

SIDE A...3747

MY LOVE IS
Time: 5:48
(B. Wright-J. McCray)
Produced by: Betty Wright
Arranged by: Betty Wright & Eternity
From the LP "Betty Travelin' In The Wright Circle"
(Alston 4410)

SIDE B...3747

I BELIEVE IT'S LOVE
Time: 4:04
(B. Wright-J. McCray)
Produced by: Betty Wright
Arranged by: Betty Wright & Eternity
From the LP "Betty Travelin' In The Wright Circle"
(Alston 4410)

(P)1979 Alston/T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MY LOVE IS
[POP # - /R&B # 48/DISCO # -]

Betty Wrightは、60年代から現在まで第一線で活躍を続けるマイアミ出身の黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。主な大ヒット曲に「Clean Up Woman」(1971)、「Baby Sitter」(1972)、「Dance With Me」(1978)(with Peter Brown)など。Gwen McCraeJoss Stoneなどのプロデュースを手がけた事でも知られる。

このシングルは1979にT.K.傘下Alstonレーベルから発売されたアルバム「Betty Travelin' In The Wright Circle」からのカット。プロデュース、アレンジはBetty Wright

●MY LOVE IS
彼女のソウルフルなボーカルが堪能出来るしんみりとしたスロー・バラード。

●I BELIEVE IT'S LOVE

Betty Wrightのイメージとはちょっと違ったStevie Wonder風の作品で、シンセサイザーをメインとしたアレンジが印象的なハート・ウォーミングな雰囲気のポップなミディアム・ナンバー。良い曲。

SHARON PAIGE with Harold Melvin & The Blue Notes / TONIGHT'S THE NIGHT (1980)

2009.12.15.Tue.20:42
harold melvin  the blue notes-tonights the night

SIDE A...SOR-41157

TONIGHT'S THE NIGHT
Time: 3:50
(K. McCord-A. Myers)
Produced By Harold Melvin For Million Dollar Records
Exective Producer: Logan H. Westbrooks
From the Source LP "The Blue Album" SOR-3197

SIDE B...SOR-41157

YOUR LOVE IS TAKING ME ON A JOURNEY
Time: 3:58
(G. McFadden-J. Whitehead)
Produced By Harold Melvin For Million Dollar Records
Exective Producer: Logan H. Westbrooks
From the Source LP "The Blue Album" SOR-3197

(P)1980 Source Records,Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●TONIGHT'S THE NIGHT
[POP # -/R&B # 61 /DISCO # -]

Harold Melvin & The Blue Notesは、60年代から80年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡したフィラデルフィア出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。70年代のフィリー・ソウル黄金期に最も活躍したグループであり、Teddy Pendergrassがリード・ボーカルとして在籍していた事でも知られる。主な大ヒット曲に「I Miss You」(1973)、「If You Don't Know Me by Now」(1973)、「The Love I Lost」(1973)、「Bad Luck」(1975)、「Wake Up Everybody」(1975)など。

このシングルは1980年にMCA傘下Sourceから発売されたアルバム「The Blue Album」からのセカンド・シングル。プロデュースはHarold Melvin。録音はフィラデルフィアとメンフィス。リード・ボーカルはSharon Paige

●TONIGHT'S THE NIGHT
One Wayのメンバーとして活躍していたKevin McCordAlicia Myersが提供した、ミディアム・アップ・テンポのメロウなソウル・ディスコ・チューン。シンプルでお洒落なバッキングにSharon Paigeのボーカルが映える完成度の高い作品。

YOUR LOVE IS TAKING ME ON A JOURNEY
Sharon PaigeDavid Eboが交互にリードをとるメロウなスロー・バラード。McFadden & Whiteheadのペンによる作品なだけあってフィリー・ソウルの王道とも言うべきバラードに仕上がっている。

BARRY WHITE / YOUR SWEETNESS IS MY WEAKNESS (1978)

2009.12.15.Tue.00:00
barry white-your sweetness is weakness

SIDE A...TC-2380

YOUR SWEETNESS IS MY WEAKNESS
Intro Time: :32
Total Time: 3:46
(Barry White)
PRODUCED & ARRANGED BY BARRY WHITE

SIDE B...TC-2277

IT'S ONLY LOVE DOING ITS THING
Total Time: 4:00
(J. Cameron/V. Cameron)
PRODUCED & ARRANGED BY BARRY WHITE

(P)1978 20th Century-Fox Record Corporation

BILLBOARD CHART ACTION
●YOUR SWEETNESS IS MY WEAKNESS
[POP # 60 /R&B # 2 /DISCO # 16 ]

Barry Whiteは、70年代から80年代にかけて全世界のミュージック・シーンにおいて一世を風靡した黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、アレンジャー。「Love's Theme」(1973)で有名なThe Love Unlimited Orchestraのリーダーであり、独特のセクシーな低音ボーカル、クラシカルでゴージャスなオーケストラ・サウンド、芸術作品と呼ぶに相応しい美しい楽曲の数々で知られる。主な大ヒット曲に「I'm Gonna Love You Just A Little More Baby」(1973)、「Can't Get Enough Of Your Love, Babe」(1974)、「You're The First, The Last, My Everything」(1974)、「It's Ecstasy When You Lay Down Next To Me」(1977)など多数。

このシングルは1978年に20th Century-Foxから発売されたアルバム「Barry White The Man」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはBarry White

●YOUR SWEETNESS IS MY WEAKNESS
全米ソウル・チャートで3週連続2位を記録した大ヒット曲であり、代表曲の一つ。ディスコでも踊れるようなダンサブルな作品を数多く発表しているが、その中で最もディスコ色を強めに押し出されているのがこの曲。哀愁感ただようメロディーラインに彼の気だるい低音ヴォイスが絡むメロディアスなディスコ・ナンバー。

IT'S ONLY LOVE DOING ITS THING
50 Centの大ヒット曲「21 Questions」(2003)でサンプリングされた事でも知られるメロウかつグルーヴィーなミディアム・スロー・ナンバー。

THE WHISPERS / ONE FOR THE MONEY (Part 1) (1976)

2009.12.14.Mon.00:34
the whispers-one for the money

SIDE A...SB-10700

ONE FOR THE MONEY (Part 1)
Time: 3:05
(J. Aikens-J. Bellmon-V. Drayton-R. Turner)
(from the "One For The Money" album, BVL1-1450)
Arranged by Ron Kersey
Executive Producers: Don Cornelius & Dick Griffey
Produced by "The Harris Machine" Norman Harris

SIDE B...SB-10700

ONE FOR THE MONEY (Part 2)

Time: 2:40
(J. Aikens-J. Bellmon-V. Drayton-R. Turner)
(from the "One For The Money" album, BVL1-1450)
Arranged by Ron Kersey
Executive Producers: Don Cornelius & Dick Griffey
Produced by "The Harris Machine" Norman Harris

(P)1976 Soul Train Recording Co./
RCA Records and Cornelius-Griffey Entertainment Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE FOR THE MONEY (Part 1)
[POP # 88 /R&B # 10 /DISCO # 8 ]

The Whispersは、70年代から90年代にかけて数多くのヒット曲で一世を風靡したロサンゼルス出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはWalter ScottWallace ScottNicholas CaldwellLeaveil DegreeMarcus Hutson。主な大ヒット曲に「One For The Money (Part 1)」(1976)、「And The Beat Goes On」(1979)、「It's A Love Thing」(1980)、「Rock Steady」(1987)など多数。

●ONE FOR THE MONEY
1976年にSoul Trainから発売されたアルバム「One For The Money」からのシングル・カット。プロデュースはNorman Harris。アレンジはRon Kersey。演奏はMFSB。フィリー録音。

彼らにとって初めての本格的なディスコ・ナンバーであり、彼らを代表するヒット曲の一つ。The Trammpsあたりがやりそうな雰囲気のファンキーなディスコ・ナンバーで、当時、円熟期を迎えていたMFSBによる流麗なフィリー・サウンドと彼らのソウルフルなボーカルとコーラスが一体化した傑作。

A面は12インチ・バージョンの前半部分。
B面は12インチ・バージョンの後半部分。





RUTH "SILKY" WATERS / OUT IN THE OPEN (1980)

2009.12.14.Mon.00:00
ruth waters-out in the open

SIDE A...WS7 72017

OUT IN THE OPEN
Time: 3:20
(John Davis)
Produced And Arranged by John Davis
for Monster Productions, Inc.

SIDE A...WS7 72017

OUT IN THE OPEN
Time: 3:20
(John Davis)
Produced And Arranged by John Davis
for Monster Productions, Inc.

(P)1980 Midsong International Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●OUT IN THE OPEN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Ruth "Silky" Watersは、ジャズ畑を中心に活動しているテキサス出身の黒人女性ボーカリスト。「Never Gonna Be The Same」(1979)のディスコ・ヒットを持つ。

●OUT IN THE OPEN
1980年にMidsong Internationalから発売されたセカンド・アルバム「Out In The Open」からのカット。プロデュース、アレンジはJohn Davis

アルバムのトップを飾っていた、アーバンな雰囲気のアッパーなファンク・ディスコ・チューン。John Davisプロデュース作品ではあるが、従来のフィラデルフィア・サウンドは影を潜め、いかにもこの時期のニューヨーク・サウンドに仕上がっている。

HI-TENSION / HI-TENSION (1978)

2009.12.13.Sun.00:40
hi tension-hi tension

SIDE A...WIP 6422-A

HI-TENSION
Time: 3.02
(Hi-Tension)
Produced by Kofi Ayivor/
Chris Blackwell
Engineer: Godwin Logie

SIDE B...WIP 6422-B

GIRL I BETCHA

Time: 3.37
(David Joseph)
Produced by Kofi Ayivor/
Chris Blackwell
Engineer: Godwin Logie

(P)1978 Island Records Ltd (U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION

●HI-TENSION
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]


Hi-Tensionは、70年代後半のイギリスで活躍したロンドン出身の黒人男性8人組ディスコ・ファンク・バンド。メンバーは「You Can't Hide (Your Love From Me)」(1983)のヒットを飛ばすDavid JosephPaul McleanPatrick McleanKen JosephJeffrey GuishardLeroy WilliamsPaul PhillipsDavid Reid。主なヒット曲に「Hi-Tension」(1978)、「British Hustle」(1978)など。

このシングルは1978年にイギリス・Islandから発売されたファースト・アルバム「Hi-Tension」からのシングル・カット。プロデュースはKofi AyivorChris Blackwell

●HI-TENSION

イギリスで最高13位を記録するスマッシュ・ヒットとなった彼らのヒット曲の一つ。B.T. Express風のソリッドなファンクネスと、ロンドンのグループらしいスタイリッシュな雰囲気を持った、クールな曲調のディスコ・ファンク・ナンバー。

●GIRL I BETCHA
David Josephのセクシーなファルセット・リードが堪能出来るメロウなミディアム・スロー・ナンバー。ファンの間では評価の高い作品。アルバム未収録。

SWEET CREAM & OTHER DELIGHTS / DO A DANCE FOR LOVE (1978)

2009.12.12.Sat.00:04
sweet cream-flyin high

SIDE A...SB-1046

DO A DANCE FOR LOVE
Time: 3:40
(Robert Ray Barnes/Victor Hall/Samuel J. Johnson/
William D. Myles/Ricky Lawson/Gregory Moore)
Produced, Conceptualized and Corrdinated by
The Wizards! For Future Productions, Inc.

SIDE B...SB-1046

FLYIN' HIGH
Time: 3:18
(Robert Ray Barnes/Victor Hall)
Produced, Conceptualized and Corrdinated by
The Wizards! For Future Productions, Inc.

(P)1978 Shadybrook Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DO A DANCE FOR LOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Sweet Creamは、Gloria RidgewayEsther RidgewayGracie Ridgewayの黒人3姉妹を中心とするディスコ/ソウル・ヴォーカル・グループ。後身はThe Ridgeways。主なヒット曲に「I Don't Know What I'd Do (If You Ever Left Me)」(1977)。

このシングルは1978年にShadybrookから発売されたアルバム「Sweet Cream & Other Delights」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはThe Wizards

●DO A DANCE FOR LOVE
Stargardあたりを思わせる、かなりファンキーな曲調のダンサブルなファンク・ディスコ・チューン。

●FLYIN' HIGH

ファンキーなディスコ・ブレイクから始まるイントロ、高揚感のある爽やかなメロディー・ライン、溌剌としたコーラスなど、始まりから終わりまで盛り上がるアップテンポのメロウなディスコ・ナンバー。隠れた名曲。

MICHAEL PEDICIN, JR. / THAT'S A GOOD ONE (1979)

2009.12.09.Wed.01:06
michael pedicin-thats good one

SIDE A...ZS9 3716

THAT'S A GOOD ONE

Time: 3:35
-F. Smith-B. Bloom-
Taken From The PIR Lp:
"MICHAEL PEDICIN, JR" JZ 36004
Produced by Michael Pedicin, Jr., Bill Bloom,
and Frankie Smith
Arranged by John Usry
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

SIDE A...ZS9 3716

THAT'S A GOOD ONE

Time: 3:35
-F. Smith-B. Bloom-
Taken From The PIR Lp:
"MICHAEL PEDICIN, JR" JZ 36004
Produced by Michael Pedicin, Jr., Bill Bloom,
and Frankie Smith
Arranged by John Usry
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs, Phila., Pa
TSOP "The Sound of Philadelphia"T.M.

(P)1979 Philadelphia International Records

BILLBOARD CHART ACTION
●THAT'S A GOOD ONE
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Michael Pedicin, Jr.は、フィラデルフィアを拠点に活動していた白人男性ジャズ・サクソフォニスト。60年代のフィラデルフィアで活躍した白人ロッカー・Mike Pedicinは父。主な代表作に「Michael Pedicin Jr.」(1979)、「City Song」 (1987)など。

●THAT'S A GOOD ONE
1979年にPhiladelphia Internationalから発売されたデビュー・アルバム「Michael Pedicin Jr.」からのシングル・カット。プロデュースはMichael Pedicin, JrBill BloomFrankie Smith。アレンジはJohn Usry

フィラデルフィア流のゴージャスなオーケストレーションに流麗なサックスが絡むジャズ/フュージョン・タッチのファッショナブルなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。イントロなどで聴かれるワウを絡ませたサックスのサウンドがなかなか印象的。

CREME D' COCOA / DOGGIN' IT (1979)

2009.12.08.Tue.00:03
creme d cocoa-dogging it

SIDE A...V-118

I DON'T EVER (WANNA LOVE NOBODY BUT YOU)
Time: 3:27
(Tony Camillo)
Produced by Tony Camillo & Cecile Barker for CB Productions
Arranged & Conducted by Tony Camillo
Engeneers: D. Domanich & H. Borysewics
From LP: "NASTY STREET"-VL-1004

SIDE B...V-118

DOGGIN' IT
Time: 3:30
(Tony Camillo & Cecile Barker)
Produced by Tony Camillo & Cecile Barker for CB Productions
Arranged & Conducted by Tony Camillo
Engeneers: D. Domanich & H. Borysewics
From LP: "NASTY STREET"-VL-1004

(P)&(C) 1979 Venture Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I DON'T EVER (WANNA LOVE NOBODY BUT YOU)
[POP # - /R&B # 47 /DISCO # -]

Creme D' Cocoaは、初期のフィリー・ソウル・シーンを代表する二つのコーラス・グループThe EbonysThe Ambassadorsのメンバーで結成された黒人男女4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはJennifer HolmesHerley Johnson, JrOrlando OliphantBobby Todd。主なヒット曲に「Mr. Me, Mrs. You」(1978)、「Doin' The Dog」(1979)など。

このシングルは1979年にVentureから発売されたセカンド・アルバム「Nasty Street」からのシングル・カット。プロデュースは数々のソウル・グループ、シンガーを手がけたヒット・メイカーTony CamilloCecile Barker。アレンジはTony Camillo

●I DON'T EVER (WANNA LOVE NOBODY BUT YOU)
Jennifer HolmesHerley Johnson, Jrが交互にリードをとるメロウな雰囲気の壮大なスロー・バラード。彼らにとって最後のチャート・ヒット曲。

DOGGIN' IT
野外セックス(Dogging)をテーマにしたかなりキワドイ歌詞を持つ作品で、イントロの爽快なカッティング・ギターが非常に印象的なアップ・テンポのソリッドなディスコ・ナンバー。Jennifer Holmesによるセクシーな吐息交じりの歌声がたまらない。

GOTHAM FLASHER / I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York) (1979)

2009.12.07.Mon.00:36
gotham flasher-im never going to leave you

SIDE A...K 7201-A

I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)

Time: 3:40
(Peter Alves, Gino Soccio, George Jackson)
Producers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.
Arrangers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.

SIDE B...K 7201-B

TRY A LITTLE TENDERNESS
Time: 4:30
(Campbell, Woods, Connelly)
Producers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.
Arrangers: Peter Alves & Gino Soccio
For MSU, Inc.

(P)1979 Keylock Records

BILLBOARD CHART ACTION
●I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

Gotham Flasherは、ToulouseWitch Queenなどのディスコ・グループを手がけたカナダ人プロデューサー・Peter AlvesGino Soccioが手がけたディスコ・プロジェクト。実体はMuscle Shoals Rhythm SectionThe Muscle Shoals Horns。リード・ボーカルはGeorge Jackson。主な代表曲に「I'm Never Going To Leave You (New York)」(1979)。

このシングルは1979年にKeylockから発売された唯一のアルバム「Gotham Flasher」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPeter AlvesGino Soccio

●I'M NEVER GOING TO LEAVE YOU (New York)
ハンドクラップの効いた歯切れ良いリズムに、タイトなホーン・セクション、ソウルフルな男声ボーカルが絡むアップテンポの爽やかなディスコ・ナンバー。イントロがLimeの「Your Love」(1980)風なのが面白い。

●TRY A LITTLE TENDERNESS
1932年にRay Noble Orchestraによって録音され、Otis ReddingThree Dog Nightによるカバー・バージョンがヒットした事で知られる名曲をディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。

SPACE / SAVE YOUR LOVE FOR ME (1979)

2009.12.03.Thu.03:06
space-save your love for me

SIDE A...NB 1001 DJ

SAVE YOUR LOVE FOR ME
Time: 3:36
(Didier Marouani)
Produced by Jean Philippe Iliesco
Arranged by Didier Marouani & Roland Romanelli
From the Casablanca LP "JUST BLUE" NBLP 7131
SIDE A...NB 1001 DJ

SAVE YOUR LOVE FOR ME
Time: 3:36
(Didier Marouani)
Produced by Jean Philippe Iliesco
Arranged by Didier Marouani & Roland Romanelli
From the Casablanca LP "JUST BLUE" NBLP 7131

(P)1979 Casablanca Record & FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SAVE YOUR LOVE FOR ME
[POP # -/R&B # - /DISCO # 68]

Spaceは、モナコ出身のシンガー・ソングライター・Didier Marouaniを中心に結成されたフランスのテクノ・ディスコ・バンド。「Magic Fly」(1977)の世界的大ヒットで一躍スターダムに伸し上がり、その後も数多くのヒットを連発した。その他のヒット曲に「Carry On, Turn Me On」(1977)、「Just Blue」(1978)、「My Love Is Music」(1979)など。

●SAVE YOUR LOVE FOR ME

1979年にフランス・Vogue、アメリカ・Casablancaから発売されたサード・アルバム「Just Blue」からのシングル・カット。プロデュースはJean-Philippe Iliesco。アレンジはDidier MarouaniRoland Romaneli。ボーカルはMadeline Bell

彼らのヒット曲であり、代表曲の一つ。近年では石野卓球のミックスCD「DJF400」(1998)に収録された事で、テクノ・クラシックとしても知られるようになった作品で、アップリフティングなシンセ・アルペジオが炸裂するメロディアスなテクノ・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはフランス盤アルバム・バージョンをエディットしたもの。シンセ・アルペジオが炸裂する有名なリミックス・バージョンはアメリカ盤に収録。

KRAFTWERK / AUTOBAHN (1974)

2009.12.01.Tue.22:55
kraftwerk-autobaahn.jpg

SIDE A...VE-203

AUTOBAHN
Time: 3:27
(R. Hutter-F. Schneider)
Music, Concept & Production-
Ralf Hutter & Florian Schneider
From Vertigo's Album "AUTOBAHN" VEL-2003

SIDE B...VE-203

MORGANSPAZIEGANG (MORNING WALK)
Time: 4:00
(R. Hutter-F. Schneider)
Music, Concept & Production-
Ralf Hutter & Florian Schneider
From Vertigo's Album "AUTOBAHN" VEL-2003

(P)1974 Vertigo / Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●AUTOBAHN
[POP # 25 /R&B # - /DISCO # - ]


Kraftwerkは、「エレクトロ・ポップの元祖」「テクノ界のゴッド」「ヒップホップ/エレクトロ・ファンクの先駆け」と呼ばれ、電子音楽史上、最も大きな影響を与えたドイツのシンセサイザー・ユニット。1974年当時のメンバーはRalf HutterFlorian SchneiderWolfgang FlurKarl Bartos。主な大ヒット曲に「Autobahn」(1974)、「Trans-Europe Express」(1977)、「The Robots」(1978)、「Tour De France」(1983)など多数。

このシングルは1974年にドイツ・Philipsから発売され、同年にアメリカ・Vertigoから全米発売されたアルバム「Autobahn」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはRalf HutterFlorian Schneider

●AUTOBAHN

彼らの名を世界に知らしめた大ヒット曲であり、代表曲の一つ。当時はまだ馴染みの薄かった電子音楽をポピュラー・ミュージックの一つとしてアピールする事に成功した歴史的な作品としても有名。

曲自体はドイツの高速道路「アウトバーン」をモチーフに、車の行き交う光景や高速道路の風景をシンセサイザーなどで表現したもので、シンセベースによる単調なシーケンス、シンセドラムによるリズミカルなグラウンド・ビートなど、スローテンポながらも意外とポップでダンサブルなインストゥルメンタル・ナンバー。この曲は全米のディスコやラジオ・ステーションから火がつき、世界的な大ヒットとなった。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは異なるシングル・ミックス。アルバムでは22分にも及ぶロング・バージョンになっている。

MORGANSPAZIEGANG (MORNING WALK)
朝の風景をモチーフに、小鳥の声や川の流れをシンセサイザーで表現したもの。ここではフルートやギター、ピアノなどの生楽器が使われている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。