スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARLEM RIVER DRIVE / NEED YOU (1975)

2010.02.28.Sun.00:58
harlem river drive -need you

SIDE A...AS-0142

NEED YOU

Time: 2:43
(Stan Vincent)
Produced and directed by Stan Vincent
Arranged by S. Vincent & D. Miller

SIDE B...AS-0142

OVERTIME

Time: 3:06
(Stan Vincent)
Produced and directed by Stan Vincent
Arranged by S. Vincent & D. Miller

(P)1975 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●NEED YOU
[POP # - /R&B # 60 /DISCO # -]

Harlem River Driveは、ニューヨーク・サルサ/ラテン・ジャズ・ミュージックを代表するピアニスト・Eddie Palmieriによって結成されたラテン/ジャズ・ファンク・グループ。主な代表曲に「Idle Hands」(1971)など。

このシングルは1975年にAristaから発売されたシングル。プロデュースはThe 5 StairstepsSoul Generationsを手がけたStan Vincent。アレンジはStan VincentDave Miller。シングル・オンリー。

●NEED YOU
彼らにとって唯一のチャート・ヒット曲。「シュッシュッ」というコーラスやエレピのサウンドがクールで印象的なアップテンポのダンサブルなソウル・ディスコ・チューン。ブルー・アイド・ソウル風。

●OVERTIME
People's Choiceの大ヒット曲「Do It Anyway You Wanna」(1975)と似たタイプのファンキーなディスコ・ナンバー。

※このHarlem River Driveは、Stan Vincentによるディスコ・プロジェクトであり、Eddie Palmieri絡みの同名グループとは全く異なる可能性あり。
スポンサーサイト

EDDIE DRENNON & B.B.S. UNLIMITED / DO IT NICE AND EASY (1975)

2010.02.23.Tue.00:15
eddie drennon-do it nice and easy

Side A...F-126

DO IT NICE AND EASY
Time: 3:00
(Eddie Drennon)
Produced & Arranged by: Eddie Drennon

Side B...F-126

LET'S DO IT AGAIN
Time: 3:12
(Eddie Drennon)
Produced & Arranged by: Eddie Drennon

(P)1975 Friends & Co./Bullseye Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DO IT NICE AND EASY
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Eddie Drennon & B.B.S. Unlimitedは、ブルース/ロックンロールの大物ギタリストとして有名なBo Diddleyに見出されて活躍した黒人男性エレクトリック・バイオリニスト、ミュージック・ディレクター・Eddie Drennonを中心とする黒人男女7人組ディスコ・グループ。バック・ボーカルにEsther Williamsが在籍していたことでも知られる。主なヒット曲に「Let's Do The Latin Hustle」(1975)、「Do It Nice And Easy」(1975)など。

このシングルは1975年にニューヨークのインディー・レーベルFriends & Co.から発売されたファースト・アルバム「Collage」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはEddie Drennon

●DO IT NICE AND EASY
タイトなドラム・ブレイクからスタートするミディアム・テンポのファンキーなディスコ・ナンバー。Eddie Drennonによるキレの良いストリングスやEsther Williamsによるセクシーなボーカル・パートが印象的。

●LET'S DO IT AGAIN
彼らのヒット曲「Let's Do The Latin Hustle」(1975)と全く同じハッスル調のポップなディスコ・ナンバー。

SOUTH SHORE COMMISSION / TRAIN CALLED FREEDOM (1976)

2010.02.21.Sun.01:12
south shore commission-train called fredom

SIDE A...WND-11287

TRAIN CALLED FREEDOM
Time: 2:55
(Bunny Sigler-Ronnie Tyson)
Produced by: Bunny Sigler
for Dick Griffey Productions
Arranged by: Ritchie Rome
A Tom Moulton Mix

SIDE B...WND-11287

TRAIN CALLED FREEDOM
(DISCO Version)

Time: 5:10
(Bunny Sigler-Ronnie Tyson)
Produced by: Bunny Sigler
for Dick Griffey Productions
Arranged by: Ritchie Rome
A Tom Moulton Mix

(P)1976 Wand/Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FREE MAN
[POP # 86 /R&B # 35 /DISCO # - ]

South Shore Commissionは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男女6人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。メンバーはFrank McCurrySheryl HenrySidney LennearDavid HendersonWarren HaygoodEugene Rogers。主なヒット曲に「Free Man」、「We're on The Right Track」、「Train Called Freedom」(1975)など。

●TRAIN CALLED FREEDOM
1975年にWandから発売されたアルバム「South Shore Commission」からのシングル・カット。プロデュースはBunny Sigler。アレンジはRitchie Rome。演奏はInstant FunkMFSB。フィリー録音。

O'Jays
のヒット曲「Love Train」(1972)と似たゴスペル的なメッセージを持ったアッパーなソウル・ディスコ・チューン。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。

SOUTH SHORE COMMISSION / FREE MAN (1975)

2010.02.18.Thu.01:56
south shore commission-free man


SIDE A...WND-11287

FREE MAN
Time: 3:10
(Bunny Sigler)
Produced By: Bunny Sigler
For Dick Griffey Productions
Recorded At Sigma Sound Studios, Philadelphia
Arranged By: Norman Harris
Music By: Instant Funk
A Tom Moulton Mix

SIDE B...WND-11287

FREE MAN
**DISCO MIX**

Time: 5:35
(Bunny Sigler)
Produced By: Bunny Sigler
For Dick Griffey Productions
Recorded At Sigma Sound Studios, Philadelphia
Arranged By: Norman Harris
Music By: Instant Funk
A Tom Moulton Mix

(P)1975 Wand/Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●FREE MAN
[POP # 61 /R&B # 9 /DISCO # 1 ]

South Shore Commissionは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男女6人組セルフコンテインド・ファンク・バンド。メンバーはFrank McCurrySheryl HenrySidney LennearDavid HendersonWarren HaygoodEugene Rogers。主なヒット曲に「Free Man」、「We're on The Right Track」、「Train Called Freedom」(1975)など。

●FREE MAN
このシングルは1975年にWandから発売されたアルバム「South Shore Commission」からの先行シングル。プロデュースはBunny Sigler。アレンジはNorman Harris。演奏はInstant FunkMFSB。フィリー録音。

全米ディスコ・チャートでナンバー・ワン、ソウル・チャートでも最高9位を記録する大ヒットとなった、彼らにとって最大のヒット曲であり、代表曲の一つ。曲自体はタイトでズッシリとしたリズム・セクションにゴージャスなブラス・セクションが豪快に絡む、アップテンポのファンキーなソウル・ディスコ・チューン。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。アルバム・バージョンを短くしたもの。

※レコーディングをした時点ではかなりアップテンポの作品に仕上がっていたが、これをTom Moultonがリミックスをする際に敢えてテープ・スピードを遅くしてトラック・ダウン。その事により女性ボーカルが男性ボーカルのように変貌。男同士の濃厚なラブ・ソングにしか聴こえず、ゲイ・ソングとして誤解されてしまった、というエピソードがある。

※未発表のオリジナル・バージョンは2005年にHalf Moonから発売された「New York Classics Volume One」に収録。

THELMA HOUSTON / SATURDAY NIGHT, SUNDAY MORNING (1978)

2010.02.09.Tue.02:07
thelma houston-saturday night sunday morning

SIDE 1...T 54297 F

SATURDAY NIGHT, SUNDAY MORNING
Time: 3:39
(N. Helms-M. Botler)
Produced by Hal Davis
Arranged by Art Wright
In Album "READY TO ROLL"T7-361R1

SIDE 2...T 54297 F

COME TO ME
Time: 4:09
(K. Wakefield-J. Jackson-D. Daniels)
Produced by Hal Davis & Michael B. Sutton
Arranged by Art Wright
In Album "Any Way You Like It"T6-345S1

(P)1976/1978 Tamla/Motown Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION

●SATURDAY NIGHT, SUNDAY MORNING
[POP # 39 /R&B # 19 /DISCO # 33 ]

Thelma Houstonは、「Don't Leave Me This Way」(1977)の全米ナンバー・ワン・ヒット、1977年度グラミー賞Best Female R&B Vocal Performanceを受賞した事で知られるミシシッピ州出身の黒人女性ボーカリスト、女優。その他のヒット曲に「I'm Here Again」(1977)、「Saturday Night, Sunday Morning」(1978)、「You Used To Hold Me So Tight」(1984)など多数。

●SATURDAY NIGHT, SUNDAY MORNING
1978年にMotown/Tamlaから発売されたアルバム「Ready To Roll」からのカット。プロデュースはHal Davis。アレンジはArt Wright

全米ポップ・チャートでTop 40入りを果たしたヒット曲であり、代表曲の一つ。日本では90年代後半のフリー・ソウル・ムーブメントの中で再評価された事で知られるようになった作品。ポップでキャッチーなメロディー・ラインが乗ったミディアム・テンポの華やかな曲調のディスコ・ナンバーで、サビの「Saturday night is shining on my Sunday morning face」の繰り返しが印象的。

翌1979年にはこの曲のリミックス・バージョンと新曲で構成されたアルバム「Ride To The Rainbow」が発売されている。

●COME TO ME
1976年にMotown/Tamlaから発売されたアルバム「Any Way You Like It」からのカット。プロデュースはHal DavisMichael B. Sutton。アレンジはArt Wright

ポップでメロウな雰囲気のソウル・バラード。

SWEET INSPIRATIONS / LOVE IS ON THE WAY (1979)

2010.02.06.Sat.14:16
sweet inspiration-love is on the way

SIDE A...RS 932

LOVE IS ON THE WAY

Time: 3:30
(R. Rome - P. Hurtt)
Produced by Bob Monaco & Al Ciner
for Bob Monaco Productions
Executive Prod.: Lee Lasseff

SIDE B...RS 932

LOVE IS ON THE WAY
(INSTRUMENTAL)

Time: 5:20
(R. Rome - P. Hurtt)
Produced by Bob Monaco & Al Ciner
for Bob Monaco Productions
Executive Prod.: Lee Lasseff

(P)1979 RSO Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE IS ON THE WAY
[POP # -/R&B #- /DISCO # 26 ]

The Sweet Inspirationsは、Elvis PresleyAretha Franklinのバック・ボーカルとして活躍し、自らも「Sweet Inspiration」(1968)のビッグ・ヒットを持つ黒人女性4人組ソウル・ボーカル・グループ。Whitney Houstonの母親であり、「Think It Over」(1978)のディスコ・ヒットで知られるCissy Houstonが在籍していた。1979年当時のメンバーはSylvia ShemwellMyrna SmithGloria Brownの3人。

●LOVE IS ON THE WAY

1979年にRSOから発売されたアルバム「Hot Butterfly」からのシングル・カット。プロデュースはBob MonacoAl Ciner。アレンジはAl CinerArt Kempel

Richie Rome
Phil Hurttのペンによるポップでキャッチーなメロディー・ラインが乗ったアップテンポのディスコ・ナンバー。あまりにもポップすぎるため、彼女たち本来のソウルフルな魅力が半減した感じはあるが、曲自体は純粋に良い出来。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

EBB TIDE / GIVE ME YOUR BEST SHOT - BABY (1974)

2010.02.02.Tue.14:37
ebb tide-give me your best shot

SIDE A...SG 100-A-S

Give Me Your Best Shot - Baby (Part 1)
Time: 3:00
(Frank Fioravanti & Pal Rakes)
Produced by Frank Fioravanti and Pal Rakes

SIDE B...SG 100-B-S

Give Me Your Best Shot - Baby (Part 2)
Time: 2:55
(Frank Fioravanti & Pal Rakes)
Produced by Frank Fioravanti and Pal Rakes

(P)1974 Sound Gems, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●GIVE ME YOUR BEST SHOT - BABY (Part 1)
[POP # - /R&B # 78 /DISCO # -]

Ebb Tideは、フィラデルフィアを拠点に活動していた男性ソウル・ボーカル・グループ。リード・ボーカルはEbb Harrison。シングルを2枚残しているが、「Give Me Your Best Shot-Baby」(1975)が唯一のチャート・ヒット曲。

●GIVE ME YOUR BEST SHOT - BABY

1974年にフィラデルフィアのインディー・レーベル・Sound Gemsから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはWilliam DeVaughnを手がけたFrank FioravantiPal Rakes。シングル・オンリー。

彼らのデビュー曲であり、唯一のチャート・ヒット曲。William DeVaughnを成功させたFrank FioravantiPal Rakesがプロデュース、ソングライトを手がけているだけあり、William DeVaughnを思わせる、まったりとした曲調のミディアム・ナンバーに仕上がっている。

A面はフルバージョンの前半部分。
B面はフルバージョンの後半部分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。