スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONTANA / DANCE FANTASY (1978)

2010.08.26.Thu.14:35
montana-dance fantasy

SIDE A...3458

DANCE FANTASY
AN EXCEPT FROM "A DANCE FANTASY INSPIRED BY
CLOSE ENCOUNTERS OF THE 3RD KIND"

Time: 3:27
(Vince Montana)
Produced and Arranged by Vince Montana
"A TOM MOULTON MIX"
MONTANA

SIDE B...3458

WHEN YOU WISH UPON A STAR
(FROM "A DANCE FANTASY INSPIRED BY
CLOSE ENCOUNTERS OF THE 3RD KIND"

Time: 2:19
(Washington/Harline)
Produced and Arranged by Vince Montana
"A TOM MOULTON MIX"
MONTANA Featuring SISTER SLEDGE

(P)1978 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCE FANTASY
[POP # - /R&B # - /DISCO # 23 ]

Montanaは、The Salsoul Orchestraのリーダーであり、MFSBのメンバーとしても活躍したVincent Montana,Jr.自身名義のディスコ・プロジェクト。当初はThe Salsoul Orchestra名義で活動予定だったが、契約上の問題により名義変更を行った経緯がある。主なディスコ・ヒットに「Dance Fantasy」(1978)、「I Love Music」(1978)。

このシングルは1978年にAtlanticから発売されたファースト・アルバム「A Dance Fantasy Inspired By Close Encounters Of The Third Kind」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.。リミックスはTom Moulton。録音はフィラデルフィア。

●DANCE FANTASY
1977年公開の大ヒット映画「未知との遭遇/Close Encounters of The 3rd Kind」にインスパイアされた作品で、タイトル通りファンタジックでストーリー性の高いミュージカル仕立てのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。アルバムではA面全てを使って16分の組曲となっている。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは全く異なるシングル・ミックス。

●WHEN YOU WISH UPON A STAR
1940年公開のディズニー映画「ピノキオ/Pinocchio」の主題歌であり、「星に願いを」の邦題で有名なスタンダード・ソングをディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ヴォーカルはSister Sledge

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンをエディットしたもの。
スポンサーサイト

OSIRIS / WALLSTREET (1975)

2010.08.23.Mon.12:58
osiris-wallstreet.jpg

SIDE A...BT-16049

WARSHAW CONCERTO

Time: 3:26
(Addinsell)
Produced By Michael Kunze
For Butterfly Productions

SIDE B...BT-16049

WALLSTREET
Time: 3:04
(Addinsell)
Produced By Michael Kunze
For Butterfly Productions

(P)1975 Big Tree Records / Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION

●WARSHAW CONCERTO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Osirisは、Silver Conventionの成功で知られるドイツ人プロデューサー・Michael Kunzeが手がけたドイツのディスコ・プロジェクト。実体はSilver Convention。「Warshaw Concerto」(1975)が唯一のシングル。

このシングルは1975年にドイツ・Atlantic、アメリカ・Big Treeから発売された彼ら唯一のシングル。プロデュースはMichael Kunze。ミュンヘン録音。

●WARSHAW CONCERTO
イギリスの作曲家・Richard Addinsellが、1941年公開の映画「戦雲に散る曲 Suicide Squadron (危険な月光 Dangerous Moonlight)」のために作曲したテーマ音楽をリメイクしたもの。同時期のSilver Conventionの作品同様、ややスロー・テンポのファンキーで重たい感じのディスコ・サウンドに仕上がっている。

●WALLSTREET
Silver Conventionのメンバー・Silverster LevayKeith ForseyGary Unwinの3人の共作によるオリジナル作品で、こちらもややスロー・テンポのファンキッシュなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。ドッシリとしたドラムとベースのブレイクから始まり、どんどんオーケストレーションが重なっていくゴージャスな展開が最高。

RONI HILL / YOU KEEP ME HANGING ON-STOP IN THE NAME OF LOVE (1976)

2010.08.20.Fri.00:00
roni hill-you keep me hanging on

SIDE A...RDJ 7204

YOU KEEP ME HANGING ON-
STOP IN THE NAME OF LOVE

Time: 4:08
(E. Holland-L. Dozier-B. Holland)
An Orig. Hotfoot Recording
Prod. by David Allen

SIDE B...RDJ 7204

I WOULDN'T GIVE YOU UP

Time: 3:04
(B. Gaskin)
An Orig. Hotfoot Recording
Prod. by David Allen

(P)1976 Roulette Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●YOU KEEP ME HANGING ON
-STOP IN THE NAME OF LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 33 ]

Roni Hillは、ドイツを拠点に活動していた黒人女性ボーカリスト。主なヒット曲に「You Keep Me Hanging On-Stop In The Name Of Love」(1976)、「Fire And Water」(1977)がある。

このシングルは1976年にドイツ・Hotfoot、アメリカ・Rouletteから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはDavid Allen。ドイツ録音。

YOU KEEP ME HANGING ON-
STOP IN THE NAME OF LOVE

The Supremesの大ヒット曲「You Keep Me Hanging On」(1965)と「Stop! In The Name Of Love」(1966)をメドレーにしてディスコ・バージョンにしたもの。アップテンポの軽快なディスコ・ナンバーに仕上がっている。

●I WOULDN'T GIVE YOU UP
Ecstasy, Passion & Painが1974年に発表した作品のカバー。オリジナルよりもビートを強調した軽快なソウル・ディスコ・チューンに仕上がっている。Roni Hillのボーカルもソウルフルでオリジナルに勝るとも劣らずの魅力がある。

SINE / JUST LET ME DO MY THING (1977)

2010.08.19.Thu.14:08
sine-just let me do my thing

SIDE A...S CBS 6351

JUST LET ME DO MY THING
Time: 2:45
(P. Adams/R. Adler)
Taken from the LP
"HAPPY IS THE ONLY WAY" S 82870
Produced and arranged by P. Adams
for P. Adams Prods. Inc.
Original Sound Recording made by Prelude Records.
CBS Records are the exclusive licensees for the UK

SIDE B...S CBS 6583

JUST LET ME DO MY THING
(DISCO VERSION)

Time: 4:30
(P. Adams/R. Adler)
Taken from the LP
"HAPPY IS THE ONLY WAY" S 82870
Produced and arranged by P. Adams
for P. Adams Prods. Inc.
Original Sound Recording made by Prelude Records.
CBS Records are the exclusive licensees for the UK

(P)1977 Prelude Records/CBS Records (UK)

BILLBOARD CHART ACTION

●JUST LET ME DO MY THING
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Sineは、ディスコ・プロデューサーとして活躍していたPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。1977年発売のシングル「Just Let Me Do My Thing」がイギリスでシングル・ヒットを記録している。

●JUST LET ME DO MY THING
1977年にPreludeから発売されたアルバム「Happy Is The Only Way」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはPatrick Adams。イギリス・CBS盤。

Patrick Adamsによる浮遊感のあるウニョウニョ・シンセが印象的な、Universal Robot BandCloud oneなどと同路線のミディアム・テンポのスペイシーなディスコ・チューン。コーラスはCraig DerryKenny SimmonsVenus Dodson

A面はショート・エディット。
B面はロング・エディット。LPバージョンよりも短いバージョン。

METAL WEEDS / SUNSHINE LOVE (1976)

2010.08.17.Tue.23:35
metal weeds-sunshine love

SIDE A...PB-50245

SUNSHINE LOVE
(AM Version)

Time: 3:15
(Dominic Sciscente/P. Sands)
Produced By: Tony Green

SIDE B...PB-50245

SUNSHINE LOVE
(Disco Version)

Time: 4:30
(Dominic Sciscente/P. Sands)
Produced By: Tony Green

(P)1976 RCA Records (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●SUNSHINE LOVE
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Metal Weedsは、France JoliFreddie Jamesなどを手がけたカナダ人プロデューサー・Tony Greenが手がけたディスコ・プロジェクト。「Sunshine Love」(1976)が唯一のシングル。

●SUNSHINE LOVE
1976年にカナダ・RCAから発売された唯一のシングル。プロデュースはTony Green

Sunshine Love」というタイトルのイメージ通り、朝の雰囲気を感じさせるポップで爽やかなメロディー・ラインを持ったインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。イントロや中盤でのブレイク部分がなかなかカッコイイ。

A面はショート・バージョン。
("AM Version"というネーミングがなかなかシャレている)
B面はロング・バージョン。
※別テイクのロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが存在する。

VENUS / MADISON '76 (1976)

2010.08.13.Fri.00:00


venus-madison 76

SIDE A...3-10341

MADISON '76 (Part l)
Time: 3:30
-J. Lane-R. Muller-
Arranged by Randy Muller
Produced by Jaff Lane for
Satellite Records Corp.

SIDE B...3-10341

MADISON '76 (Part ll)
Time: 3:30
-J. Lane-R. Muller-
Arranged by Randy Muller
Produced by Jaff Lane for
Satellite Records Corp.

(P)1976 Columbia/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●MADISON '76
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Venusは、B.T. ExpressBrass Constructionなどを手がけたJeff LaneRandy Mullerによるワンショット・ディスコ・プロジェクト。「Madison '76」(1976)が唯一のシングル。

●MADISON '76
1976年にColumbiaから発売された唯一のシングル。プロデュースはJaff Lane。アレンジはRandy Muller。演奏はBrass Constructionと同じメンバーによるものと思われる。

ファンキーなワウ・ギターの刻みにキレの良いストリングス、ブラス・セクション、キャッチーな女性コーラスなど、非常にゴージャスでノリの良いサウンドが展開される、アップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。タイトルの「Madison '76」とは彼らが考案したディスコ・ステップ。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。
※7分6秒のロング・バージョンを収録したプロモ・オンリーの12インチ・シングルが存在する。

NANETTE WORKMAN / J'AI LE GOUT DE BAISER (1975)

2010.08.12.Thu.04:22
nanette workman-jai le gout de baiser

SIDE A...PAC 4431

J'AI LE GOUT DE BAISER

Intro: '08
Duree: 3'07
(A. Finaldi-G. Thurston)
Production: Yves Martin
pour les Disques Pacha Inc.
Arr. et Orch.: A. Finaldi-W. Rossi
Realisation: Y. Martin-A. Finaldi-N. Blagona

SIDE B...PAC 4431

RAPPELLE-TOI

Intro: '29
Duree: 5'11
(A. Finaldi-N. Workman-A. Finaldi)
Production: Yves Martin
pour les Disques Pacha Inc.
Arr. et Orch.: A. Finaldi-W. Rossi
Realisation: Y. Martin-A. Finaldi-N. Blagona

(P)1975 Pacha (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●J'AI LE GOUT DE BAISER
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Nanette Workmanは、60年代から現在までカナダ・ケベック州を拠点に活躍を続けるニューヨーク出身の白人女性シンガー、ソングライター、女優。生粋のアメリカ人でありながら、フランス、カナダ・ケベック州といったフランス語圏でシンガー、女優として確固たる地位を確立。同時にイギリスでThe Rolling StonesJohn LennonElton Johnといったビッグ・アーティストのバック・ボーカリストとしても活動するという異色の経歴を持つ。主な大ヒット曲に「Et Maintenant」(1966)(Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Fleurs d'amour, fleurs d'amitié」(1968) (Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Lady Marmalade」(1975)、「Danser Danser」(1975)、「Call Girl」(1982)など多数。

このシングルは1975年にカナダ・Pachaから発売されたシングル。プロデュースはYves Martin。アレンジはAngelo FinaldiWalter Rossi

●J'AI LE GOUT DE BAISER
カッティング・ギターの効いたパーカッシブなイントロが印象的なラテン・ロック風のファンキーなディスコ・ナンバー。同年にアメリカ・Atcoから「If It Wasn't For The Money」のタイトルで英語バージョンが発売されている。翌1976年発売のアルバム「Nanette Workman」収録(フランス語盤はカナダ・Pacha、英語盤はアメリカ・Big Treeから発売)。

●RAPPELLE-TOI
1975年にPachaから発売されたアルバム「Lady Marmalade」からのシングル・カット。彼女本来のスタイルの壮大なロッカ・バラード。

CLAUDJA BARRY / SWEET DYNAMITE (1977)

2010.08.11.Wed.00:18
claudja barry-sweet dynamite

SIDE A...S7 2023

SWEET DYNAMITE
Time: 3:28
(Evers-Korduletsch)
(From the Salsoul L.P. SZS-5512
"SWEET DYNAMITE")

SIDE B...S7 2023

THIS TASTE OF LOVE
Time: 4:26
(Evers-Korduletsch)
(From the Salsoul L.P. SZS-5512
"SWEET DYNAMITE")

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●SWEET DYNAMITE
[POP # - /R&B # -/DISCO # 6]

Claudja Barryは、70年代から80年代にかけてドイツを拠点に世界的な成功を収めたジャマイカ生まれカナダ育ちの黒人女性ボーカリスト。「Sweet Dynamite」(1976)、「Boogie Woogie Dancin' Shoes」(1978)、「Down And Counting」(1986)などの世界的ディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1976年にドイツ・Lollipop、1977年にSalsoulから発売されたファースト・アルバム「Sweet Dynamite」からのシングル・カット。プロデュースはJurgen S. Korduletsch。リミックスはTom Moulton。ドイツ・ミュンヘン録音。

●SWEET DYNAMITE
全米ディスコ・チャートで最高6位を記録した大ヒット曲であり、彼女の出世作として知られる代表曲。

ファンキー・タッチのスリリングなディスコ・サウンドにシャウト気味のパンチの効いたソウルフルなボーカルが絡むアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。キレの良いストリングスや憶えやすいシンプルな歌詞はいかにも典型的ミュンヘン・サウンドだが、それまでのミュンヘン・サウンドには見られないファンキーさを兼ね備えた作品に仕上がっている。

このシングル・バージョンはTom Moultonによるアメリカ盤独自のシングル・リミックス。アメリカ盤アルバム・バージョン、ドイツ盤アルバム・バージョンとは全くミックスが異なる。

●THIS TASTE OF LOVE
カントリー風のスロー・ナンバー。

GARY'S GANG / LET'S LOVEDANCE TONIGHT (1979)

2010.08.10.Tue.23:05
garyS gang lets lovedance tonight

SIDE A...3-10970

LET'S LOVEDANCE TONIGHT
Time: 3:10
-E. Matthew-G. Turnier-
Taken From The Columbia Lp:
"KEEP ON DANCIN'" JC 35793
Arranged and Produced by Eric Matthew

SIDE B...3-10970

SHOWTIME
Time: 4:45
-E. Matthew-G. Turnier-
Taken From The Columbia Lp:
"KEEP ON DANCIN'" JC 35793
Arranged and Produced by Eric Matthew

(P)1979 Columbia/SAM Productions

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S LOVEDANCE TONIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 1 ]

Gary's Gangは、ニューヨークを拠点に活動していたミュージシャンでプロデューサーのGary TurnierEric Matthewを中心に結成された白人男性7人組ディスコ・グループ。メンバーはEric MatthewGary TurnierJay LeonBob FormanRino MinettiAl LauricellaBill Catalano。「Keep On Dancin'」(1978)、「Let's Lovedance Tonight」(1979)、「Knock Me Out」(1982)などのヒットで知られる。

このシングルは1979年にSAM/Columibiaから発売されたファースト・アルバム「Keep On Dancin'」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはEric Matthew

●LET'S LOVEDANCE TONIGHT
彼ら最大のヒット曲「Keep On Dancin'」(1978)と同時に全米ディスコ・チャートでナンバー・ワンを記録した彼らを代表するヒット曲の一つ。とにかくポップでキャッチーなメロディーを持った爽やかな曲調のアッパーなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●SHOWTIME
アルバムのオープニングを飾る作品で、コンサートを思わせる歓声と拍手で幕を開けるミディアム・テンポのポップなインストゥルメンタル・ディスコ・ナンバー。メンバー紹介とソロで構成されており、とてもウキウキするような楽しい曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。