スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAITH, HOPE & CHARITY WITH THE CHOICE FOUR / A TIME FOR CELEBRATION (1976)

2010.09.28.Tue.01:14
faith hope and charity-a time for celebration

SIDE A...PB-10686

A TIME FOR CELEBRATION (Short Version)
Time: 3:05
(Van McCoy)
Produced, arranged and conducted by
Van McCoy for McCoy-Kipps Productions, Inc.

SIDE B...JB-10865

A TIME FOR CELEBRATION (Long Version)
Time: 4:00
(Van McCoy)
Produced, arranged and conducted by
Van McCoy for McCoy-Kipps Productions, Inc.
for McCoy-Kipps Productions, Inc.

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●A TIME FOR CELEBRATION
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Faith Hope & Charityは、Van McCoyによって見出され活躍した黒人男女3人組ソウル・ボーカル・グループ。1976年当時のメンバーはBrenda HillardAlbert BaileyDiane DestryZulemaがメンバーとして在籍していた事でも知られる。主なヒット曲に「So Much Love」(1970)、「To Each His Own」(1975)、「Don't Pity Me」(1978)など。

●A TIME FOR CELEBRATION
1976年にRCAから発売されたアルバム「Life Goes On」からのカット。プロデュース、アレンジはVan McCoy

キリスト教の祝賀祭をテーマにしたポップで明るい曲調の軽快なソウル・ディスコ・チューン。黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ・The Choice Fourがコーラスで参加し、ゴスペル聖歌隊を思わせる厚みのあるハーモニーが堪能できる。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。

スポンサーサイト

CHATELAINE / CORPS A CORPS (Avec toi) (1977)

2010.09.26.Sun.02:07
chatelaine-corps a corps

SIDE A...A.M. 8416

CORPS A CORPS (Avec toi)
Duree: 2:40
(Pace-Bracardi-P. Germain)
Production: Lee Gagnon

SIDE B...A.M. 8416

CORPS A CORPS (Avec toi)
INSTRUMENTAL

Duree: 4:17
(Pace-Bracardi-P. Germain)
Production: Lee Gagnon

(P)1977 Amour (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION

●CORPS A CORPS (Avec toi)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Chatelaineは、カナダ・ケベック州を拠点に活動していたフランス系カナダ人女性ヴォーカリスト。主な代表曲に「Corps A Corps (Avec toi)」(1977)、Patrick Adamsがプロデュースを手がけた「Classic」(1980)など。

●CORPS A CORPS (Avec toi)

1977年にカナダ・Amourから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはLee Gagnon。1978年発売のアルバム「Chatelaine」収録。

イタリアで活躍した女性シンガー・Raffaella Carraが1976年に放った大ヒット曲「A Far L'amore Comincia Tu」(英題「Do It, Do It Again」)をフランス語でカバーしたもの。オリジナルは軽いディスコ調のポップス・ナンバーだったが、ここではビートを強調し、完全なディスコ・ナンバーとなっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はロング・インストゥルメンタル・バージョン。

GEORGE BENSON / LOVE BALLAD (1979)

2010.09.25.Sat.00:00
george benson-love ballad

SIDE A...WBS 8759

LOVE BALLAD (Edit)
Time: 4:15
(Scarborough)
From the Warner Bros. Album
2BSK 3277 LIVIN' INSIDE YOUR LOVE
Produced by Tommy Lipuma
Recorded and Mixed by Al Schumitt

SIDE B...WBS 8759

YOU'RE NEVER TOO FAR FROM ME

Time: 6:41
(George Benson)
From the Warner Bros. Album
2BSK 3277 LIVIN' INSIDE YOUR LOVE
Produced by Tommy Lipuma
Recorded and Mixed by Al Schumitt

(P)1979 Warner Bros. Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE BALLAD
[POP # 18 /R&B # 3 /DISCO # - ]

George Bensonは、70年代から80年代にかけてジャズ・フュージョン、ブラック・コンテンポラリーを代表するアーティストとして活躍した黒人男性ギタリスト、ヴォーカリスト。卓越したギター・テクニックと抜群の歌唱力を持ち、自身のギターソロとスキャットをシンクロさせる独特のユニゾン・スタイルはあまりにも有名。主な大ヒット曲に「This Masquerade」(1976)、「On Broadway」(1978)、「Give Me The Night」(1980)、「Turn Your Love Around」(1981)など多数。

このシングルは1979年にWarner Bros.から発売されたアルバム「Livin' Inside Your Love」からのシングル・カット。プロデュースはTommy Lipuma

●LOVE BALLAD
全米ソウル・チャートで最高3位、ポップ・チャートでも最高18位を記録する大ヒットとなった彼の代表曲の一つ。数多くのアーティストを手がけたヒット・メイカー・Skip Scarboroughが提供した作品で、フィリー・ソウル風のポップでメロウな雰囲気を持ったミディアム・テンポのメロディアスなソウル・ディスコ・チューン。

YOU'RE NEVER TOO FAR FROM ME
メロウで美しいメロディー・ラインを持ったミディアム・スロー・テンポのインストゥルメンタル・ナンバー。適度にビートの効いたリズムに乗った、彼のムーディーなギターサウンドが心地よい。



McFADDEN & WHITEHEAD / AIN'T NO STOPPIN' US NOW (1979)

2010.09.24.Fri.14:12
mcfadden  whitehead-aint no stoppin us now

SIDE A...ZS8 3681

AIN'T NO STOPPIN' US NOW
Time: 3:38
-J. Whitehead-G. McFadden-J. Cohen-
Taken From The PIR Lp: "McFADDEN & WHITEHEAD" JZ 35800
Produced by John Whitehead, Gene McFadden
and Jerry Cohen
Arranged by Jack Faith
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,
Phila., Pa

SIDE B...ZS8 3681

I GOT THE LOVE
Time: 3:32
-J. Whitehead-G. McFadden-J. Cohen-
Taken From The PIR Lp: "McFADDEN & WHITEHEAD" JZ 35800
Produced by John Whitehead, Gene McFadden
and Jerry Cohen
Arranged by Jerry Cohen and Larry Gold
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.
Mastered at Frankford/Wayne Recording Labs,
Phila., Pa

(P)1979 Philadelphia International Records

BILLBOARD CHART ACTION
●AIN'T NO STOPPIN' US NOW
[POP # 13 /R&B # 1 /DISCO # 10 ]


McFadden & Whiteheadは、70年代フィリー・ソウル・ムーブメントを代表するソングライター、プロデューサー・チームとして活躍したフィラデルフィア出身の黒人男性2人組ソウル・ヴォーカル・グループ。メンバーはJohn WhiteheadGene McFaddenThe O'Jaysの「Back Stabbers」(1972)やHarold Melvin & The Blue Notesの「Bad Luck」(1975)などのフィリー・ソウル系の大ヒット曲を手がけるソングライターとして活躍し、彼ら自身も「Ain't No Stoppin' Us Now」(1979)の大ヒット曲で一世を風靡した。

このシングルは1979年にPhiladelphia Internationalから発売されたファースト・アルバム「McFadden & Whitehead」からの先行シングル。プロデュースはJohn WhiteheadGene McFaddenJerry Cohen

●AIN'T NO STOPPIN' US NOW
全世界で800万枚以上のセールスを記録した彼ら最大のヒット曲であり、フィリー・ソウル・ムーブメントを代表する名曲として有名な作品。グルーヴィーで印象的なベースライン、タイトなリズム・セクション、フィリー・ソウルらしいゴージャスなオーケストレーション、彼らのソウルフルなボーカルが一体となった、まさにフィリー・ソウルの決定版と呼べるダンサブルなソウル・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。

※フィラデルフィアを代表する2つの野球チーム・Philadelphia PhilliesPhiladelphia Eaglesの応援歌バージョン。
Jocko Hendersonによるラップ・バージョン「Rhythm Talk」が発売されている。

●I GOT THE LOVE
彼らが得意とするサザン・ソウル色を強めに押し出したリズミカルなソウル・ナンバー。




WAYNE MIRAN AND RUSH RELEASE / OH BABY (1975)

2010.09.22.Wed.03:03
wayne miran and rush release

SIDE A...RDJ-7176

OH BABY
SHORT VERSION

Time: 3:29
(Randy Irwin, Shirley Owens, Charles Simmons)
Produced by Randy Irwin
Arranged by George Andrews
for Rush Music, Inc.

SIDE B...RDJ-7176

OH BABY
LONG VERSION

Time: 4:25
(Randy Irwin, Shirley Owens, Charles Simmons)
Produced by Randy Irwin
Arranged by George Andrews
for Rush Music, Inc.

(P)1975 Roulette Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●OH BABY
[POP # 104 /R&B # 68 /DISCO # - ]

Wayne Miran And Rush Releaseは、ニューヨークを拠点に活動していた白人男性4人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。メンバーはWayne MiranWes MiranJoe NegrelliVito Pilla。「Oh Baby」(1975)が唯一のヒット曲。

●OH BABY
1975年にRouletteから発売されたシングル。プロデュースはRandy Irwin。アレンジはGeorge Andrews。シングル・オンリー。

ラテン・タッチの軽快なリズムに、ポップで爽やかなメロディーが乗った、ミディアム・テンポのソウル・ディスコ・チューン。Wayne Miranのねっとりとしたソウルフルなリード・ボーカル、バック・コーラスが良い味を出している。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。

7TH WONDER / DO IT WITH YOUR BODY (1979)

2010.09.20.Mon.12:26
7th wonder-do it with your body

SIDE A...RR 527

DO IT WITH YOUR BODY
Time: 3:55
(Jerry Weaver-Keith Echol)
From the forthcoming Parachute LP
"CLIMBIN' HIGHER" RRLP 9014
Produced & Arranged by Jerry Weaver
Additional Production: Joe Long & Juergen Koppers
Executive Producer: William (W.G.) Garrison
Midnight Mix: Richie Rivera

SIDE B...RR 527

ALL I WANT

Time: 4:23
(Jerry Weaver-Michael Wycoff)
From the forthcoming Parachute LP
"CLIMBIN' HIGHER" RRLP 9014
Produced & Arranged by Jerry Weaver
Additional Production: Joe Long
Executive Producer: William (W.G.) Garrison
Midnight Mix: Richie Rivera

(P)1979 Parachute Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DO IT WITH YOUR BODY
[POP # - /R&B # 49 /DISCO # - ]

7th Wonderは、70年代後半に活躍したアラバマ出身の黒人男女7人組ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ。メンバーはJerome ThorntoJohnny HammondMarvin PattonLulus ChisholmDeborah MathewsWilbert CoxAlan Williams。主な代表曲に「Daisy Lady」(1979)、「Do It With Your Body」(1979)、「I Enjoy Ya」(1980)など。

このシングルは1979年にCasablanca傘下Parachuteから発売されたアルバム「Climbin' Higher」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはJerry Weaver。リミックスはRichie Revera。ディスコ・プロデューサー・Joe Long、ミュンヘン・サウンドの立役者の一人でもあるサウンド・エンジニア・Juergen Koppersが絡んでいる。

●DO IT WITH YOUR BABY
同時期に活躍していたG.Q.あたりを思わせる、都会的な雰囲気を持ったアップテンポのスムースなファンク・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとは全くの別テイクのオリジナル・バージョン。アルバム、12インチではリズム・セクションのアレンジが変更され、ストレートなディスコ・ナンバーに変貌している。

●ALL I WANT
フヨフヨとしたシンセサイザーのサウンドが印象的なアップテンポのメロディアスなソウル・ディスコ・チューン。

BANZAII / VIVA AMERICA (1975)

2010.09.19.Sun.01:40
banzai-viva america

SIDE A...UP-509-V

VIVA AMERICA
Time: 3:43
(Subway/Gilsby)

SIDE B...UP-509-V

RYTHM AMERICA
Time: 3:36
(Subway/Gilsby)

(P)1975 Disques Fleche / Overseas Records (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●VIVA AMERICA
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Banzaii (Banzai danse par Les Clodettes)は、フランスの国民的大スターClaude Francois専属の女性6人組バック・ダンサー・チームLes Clodettesを売り出すために仕掛けられたフランスのディスコ・プロジェクト。「Chinese Kung Fu」(1974)、「Viva America」(1975)の世界的ヒットで知られる。

●VIVA AMERICA
1975年にフランス・Disques FlecheからBanzai danse par Les Clodettes名義で発売されたセカンド・シングル。プロデュースはGerard Louvin。日本・Overseas盤。

Bimbo JetPaul Mauriatでお馴染みのヒット曲「El Bimbo」(1974)を思わせるヨーロッパ調の哀愁感漂うメロディー・ライン、スペイン語の陽気で間抜けな感じの男性の掛け声が強いインパクトを残す、ラテン・タッチの軽快なディスコ・ナンバー。メロディー・ラインを奏でる印象的なシンセサイザーはBernard Estardyによるもの。

この曲はアメリカでは発売されなかったが、フランス、日本で大ヒットを記録している。

●RYTHM AMERICA

パーカッシブなドラム・ブレイクとベース・ラインを主体としたリズム・トラックのみのバージョン。

※作者としてクレジットされているSubwayBernard Estardyの変名。GilsbyJean Pierre Bourtayreの変名である。

GABOR SZABO / KEEP SMILIN' (1976)

2010.09.18.Sat.00:43
gabor szabo-keep smilin

SIDE A...73840

KEEP SMILIN'

Time: 3:02
(B. Sigler/A. Felder)
Produced by Bunny Sigler
A/K/A Bunndino Siggalucci
From Mercury's Album
"Nightflight" SRM-1-1091

SIDE B...73840

BABY RATTLE SNAKE

Time: 3:21
(B. Sigler-K. Miller)
Produced by Bunny Sigler
A/K/A Bunndino Siggalucci
From Mercury's Album
"Nightflight" SRM-1-1091

(P)1976 Mercury/Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●KEEP SMILIN'
[POP # - /R&B # 77 /DISCO # - ]

Gabor Szaboは、60年代から80年代にかけてアメリカを拠点に活躍したハンガリー出身の男性ジャズ・ギタリスト。The Chico Hamilton Quintetのメンバーとして活躍し、いかにも東欧出身らしい神秘的なギターサウンドで人気を呼んだ。主な代表曲に「Gypsy Queen」(1966)、「Breezin'」(1971)(with Bobby Womack)、「Keep Smilin'」(1976)など多数。

このシングルは1976年にMercuryから発売されたアルバム「Nightflight」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはBunny Sigler。演奏はInstant Funk。フィリー録音。

●KEEP SMILIN'
Instant Funkによるタイトでリズミカルなサウンドに、彼の哀愁感漂うギタープレイが絶妙に絡み合う、ミディアム・スロー・テンポのメロウなインストゥルメンタル・ナンバー。随所にWilliam Devaughnの大ヒット曲「Be Thankful For What You Got」(1974)のサビのフレーズが挟み込まれているのが興味深い。元々はBunny Siglerが1974年に放ったヒット曲のカバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。プロモ・オンリーの12インチ・シングルが存在する。

●BABY RATTLE SNAKE
ミディアム・アップ・テンポのスムースかつファンキーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

THE ATLANTA DISCO BAND / BAD LUCK (1975)

2010.09.17.Fri.00:00
atlanta disco band-bad luck

SIDE A...SCORPIO DISCO SERIES SDS-5000

BAD LUCK
Time: 4:02
(V. Casterphen; G. McFadden; J. Whitehead)
Produced by Dave Crawford
Arranged by Earl Young
Recorded At David Studios, Atlanta

SIDE B...SCORPIO DISCO SERIES SDS-5000

BAD LUCK

Time: 4:16
(Robert Popwell)
Produced by Dave Crawford
Arranged by Earl Young, Robert Popwell
Recorded At David Studios, Atlanta

(P)1975 Scorpio Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●BAD LUCK
[POP # 94 /R&B # 38 /DISCO # - ]

The Atlanta Disco Bandは、Mighty Clouds Of JoyCandi Statonなどを手がけたプロデューサー・Dave Crawfordが手がけたディスコ・プロジェクト。MFSBのメンバーとして活躍したドラマー・Earl Youngを中心に、フィラデルフィアとアトランタのセッション・ミュージシャンで構成されている。主なヒット曲に「Bad Luck」(1975)、「Do What You Feel」(1976)。

このシングルは1975年にアトランタのインディー・レーベル・Scorpioから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはDave Crawford。アトランタ録音。同年にAriola Americaから全米発売されたアルバム「Bad Luck」収録。

●BAD LUCK
Harold Melvin & The Blue Notesが1975年に放った大ヒット曲のインストゥルメンタル・カバー。オリジナルよりもアップテンポになり、Earl Youngのドラムスを強調した荒削りなディスコ・ナンバーに仕上がっている。アレンジはEarl Young

●OLE GOAT
ベースのRobert Popwellのペンによるミディアム・テンポのグルーヴィーなファンク・ディスコ・チューン。アレンジはEarl YoungRobert Popwell

BLANCHE CARTER / MY MAN (1975)

2010.09.16.Thu.03:40
blanche carter-my man

SIDE A...PB-10524

MY MAN
Time: 3:12
(M. Yvain-A. Willemet-J. Charles-C. Pollack)
Arranged by Richard Rome,
General Supervisor: Henri Belolo/
Produced by Jacques Morali
for Can't Stop Productions, Inc.

SIDE B...PB-10524

RAIN
Time: 3:00
(J. Morali-H. Belolo-B. Whitehead)
Arranged by Richard Rome,
General Supervisor: Henri Belolo/
Produced by Jacques Morali
for Can't Stop Productions, Inc.

(P)1975 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●MY MAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Blanche Carterは、フィラデルフィアを拠点に活動していた黒人女性シンガー・ソングライター。主にソングライターとして活動しており、ワシントン出身のR&B・グループ・The Cloversに提供した「Devil Or Angel」(1956)が大ヒットしている。自身の代表曲に「Halos Are For Angels」(1972)、「My Man」(1975)、「Straight Down To The Bone」(1981)。

このシングルは1975年にRCAから発売されたシングル。プロデュースはJacques Morali。アレンジはRichard Rome。演奏はMFSB。フィリー録音。シングル・オンリー。

●MY MAN

1916年にフランスの女優で歌手のMistinguettが「Mon Homme」のタイトルでヒットさせ、1921年にBillie Holidayによる英語カバーで有名になったスタンダード・ナンバーを、フィラデルフィア流のディスコ・アレンジでリメイクしたもの。

●RAIN
Jacques MoraliHenri BeloloBoris Whiteheadの共作によるオリジナル曲。Barry Whiteを思わせるポップで明るいメロディー・ラインを持った軽快なフィリー・ディスコ・チューン。

BECKETT BROWN / ONE WAY STREET (1975)

2010.09.15.Wed.00:26
beckett brown-one way street

SIDE A...PB-10341-A

ONE WAY STREET (INSTRUMENTAL)
Time: 3:10
(Beckett Brown-Graham Bonney)
Produced by Biddu
Mautoglade Productions

SIDE B...PB-10341-B

ONE WAY STREET (VOCAL)
Time: 3:15
(Beckett Brown-Graham Bonney)
Produced by Biddu
Mautoglade Productions

(P)1975 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●ONE WAY STREET
[POP # - /R&B # - /DISCO # 14 ]

Beckett Brownは、イギリスを拠点に活動していた男性シンガー・ソングライター。数枚のシングルを残しているが詳細は不明。恐らく白人ではないかと思われる。主なヒット曲に「One Way Street」(1975)。

●ONE WAY STREET
1975年にRCAから発売されたシングル。プロデュースはBiddu。イギリス録音。

プロデューサーのBidduが同時期に手がけていたCarl Douglasの大ヒット曲「Kung Fu Fighting」(1974)と良く似た曲調を持ったミディアム・テンポのソウル・ディスコ・チューン。

A面はインストゥルメンタル・バージョン。
B面はボーカル・バージョン。
※オリジナルのイギリス盤ではA面とB面が逆になっている。

SYLVESTER / DANCE (DISCO HEAT) (1978)

2010.09.14.Tue.01:29
sylvester-dance (disco heat)

SIDE A...827

DANCE (DISCO HEAT)
Time: 4:06
(Robinson-Orsborn)
Produced by Harvey Fuqua-Sylvester
for Honey Records Productions.

SIDE B...827

WAS IT SOMETHING THAT I SAID

Time: 4:15
(Sylvester-H. Fuqua)
Produced by Harvey Fuqua-Sylvester
for Honey Records Productions.

(P)1978 Fantasy Records

BILLBOARD CHART ACTION

●DANCE (DISCO HEAT)
[POP # 19/R&B # 4/DISCO # 1]


Sylvesterは、70年代から80年代にかけて数多くのディスコ・ヒットで一世を風靡したロサンゼルス出身の黒人男性シンガー、ソングライター、プロデューサー。ゲイである事、トランスジェンダーである事を初めてオープンにし、世界的に成功を収めた最初のゲイ・シンガーとしても知られる。主な大ヒット曲に「Dance (Disco Heat)」(1978)、「You Make Me Feel (Mighty Real)」(1978)、「Do Ya Wanna Funk」(1982)など多数。

このシングルは1978年にFantasyから発売されたセカンド・アルバム「Step ll」からのシングル・カット。プロデュースはHarvey FuquaSylvester

●DANCE (DISCO HEAT)

全米ディスコ・チャートで6週連続ナンバー・ワン、ミリオン・ヒットを記録した彼最大のヒット曲。70年代ディスコ・ムーブメントを代表するディスコ・クラシックの一つ。アレンジはEric Robertson

ピークタイム向きのエネルギッシュかつアッパーなディスコ・ナンバーで、中盤から繰り返される「Dance with me in the disco heat」というキャッチーなコーラス、どんどん盛り上がる派手な展開が素晴らしい。

尚、この曲では、彼自身は掛け合いのみで、メインは彼のバック・ボーカルであり、後にTwo Tons O' FunThe Weather Girlsとして活躍するMartha WashIzora Rhodes

WAS IT SOMETHING THAT I SAID
SylvesterHarvey Fuquaの共作によるミディアム・テンポのリズミカルなソウル・ナンバー。アレンジはSylvester


EVELYN "CHAMPAGNE" KING / I DON'T KNOW IF IT'S RIGHT (1977)

2010.09.12.Sun.18:17
evelyn champagne king-i dont know if its right

SIDE A...PB-11386

I DON'T KNOW IF IT'S RIGHT
Time: 3:45
(from the "Smooth Talk" album, APL1-2466)
(T. Life-J.H. Fitch)
Produced and arranged by T. Life
for Sunbar Productions, Inc.
Executive Producer: Warren Schatz
Horns arranged by Morris Bailey

SIDE B...PB-11386

WE'RE GOING TO A PARTY
Time: 3:48
(from the "Smooth Talk" album, APL1-2466)
(T. Life-A. Gravatt-J. Freeman)
Produced and arranged by T. Life
for Sunbar Productions, Inc.
Executive Producer: Warren Schatz
Horns arranged by Leon Mitchell

(P)1977 RCA RECORDS

BILLBOARD CHART ACTION
●I DON'T KNOW IF IT'S RIGHT
[POP # 23/R&B # 7/DISCO # 25]



Evelyn "Champagne"Kingは、70年代後半から80年代にかけて活躍したニューヨーク生まれ、フィラデルフィア育ちの黒人女性ボーカリスト。「Shame」(1977)、「I Don't Know If It's Right」(1977)、「I'm In Love」(1981)、「Love Come Down」(1982)といった大ヒット曲で一世を風靡した。

このシングルは1977年にRCAから発売されたファースト・アルバム「Smooth Talk」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはTheodore Life。演奏はInstant FunkMFSBのメンバー。コーラスにBunny Siglerが参加。フィリー録音。

●I DON'T KNOW IF IT'S RIGHT
全米ソウル・チャートで最高7位をマーク、ミリオン・セラーを記録した大ヒット曲であり、代表曲の一つ。日本では「この恋どうしよう」の邦題でもお馴染み。

愛する人と初めての夜を過ごす少女の葛藤を描いた歌詞が印象的な作品で、都会的な雰囲気を持ったアップテンポのファッショナブルなディスコ・サウンドをバックに、彼女の貫禄たっぷりのソウルフルなボーカルが映える素晴らしい作品。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●WE'RE GOING TO A PARTY
イントロのブラス・セクションのフレーズが印象的な、ミディアム・アップ・テンポのファンキー・タッチのディスコ・ナンバー。Toni Braxtonのヒット曲「Make My Heart」(2010)でイントロ部分がサンプリングされている。

FAJARDO / C'MON BABY, DO THE LATIN HUSTLE (1976)

2010.09.09.Thu.17:18
fajaro-cmon baby, do the latin hustle

SIDE A...CFF5053A

C'MON BABY, DO THE LATIN HUSTLE
Time: 3:16
(J. Fajardo)
from the Coco LP-CLP-124
Produced by: Harvey Averne
A Tom Moulton Mix

SIDE B...CFF5053A

C'MON BABY, DO THE LATIN HUSTLE
Disco Version

Time: 5:19
(J. Fajardo)
from the Coco LP-CLP-124
Produced by: Harvey Averne
A Tom Moulton Mix

(P)1976 Coco Records

BILLBOARD CHART ACTION

●C'MON BABY, DO THE LATIN HUSTLE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 18 ]

Jose Antonio Fajardoは、1950年代から60年代にかけて、キューバやアメリカのラテン・ミュージック界で活躍したキューバ出身の男性フルーティスト。1950年代に活躍したラテン・オーケストラ・Fajardo y Sus Estrellasのリーダーだった事でも知られる。

●C'MON BABY, DO THE LATIN HUSTLE
1976年にニューヨークのラテン・レーベル・Cocoから発売されたアルバム「Farjardo '76 La Raiz De La Charanga/Charanga Roots」からのシングル・カット。プロデュースはHarvey Averne。リミックスはTom Moulton

Eddie Drennon & B.B.S. Unlimitedのディスコ・ヒット「Let's Do The Latin Hustle」(1975)に良く似た曲調のミディアム・テンポのラテン・ディスコ・チューン。タイトルの連呼部分の独特のリズム感が印象的で耳に残る。

A面はショート・バージョン。
B面はディスコ・バージョン。アルバム・バージョンと同テイク。

THE NEW MARKETTS / SONG FROM M*A*S*H (1976)

2010.09.07.Tue.00:47
new marketts-song from mash

SIDE A...SEM-501

SONG FROM M*A*S*H
Time: 3:10
(Mike Altman-Johnny Mandel)
Produced by Joe Saraceno
for Dana-Field Productions
Arranged by Ben Benay
Engineered by Brian Friedman

SIDE B...SEM-501

SONG FROM M*A*S*H (DISCO)
Time: 5:10
(Mike Altman-Johnny Mandel)
Produced by Joe Saraceno
for Dana-Field Productions
Arranged by Ben Benay
Engineered by Brian Friedman

(P)1976 Seminole / Farr Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SONG FROM M*A*S*H
[POP # - /R&B # 50 /DISCO # - ]

The Markettsは、The Venturesなどを手がけた白人男性プロデューサー・Joe Saracenoが手がけたカリフォルニアのインストゥルメンタル・ロック・バンド。グループとしての実体はなく、カリフォルニア周辺のセッション・ミュージシャンを集めただけの即席プロジェクトだった。主な大ヒット曲に「Out of Limits」(1964)、「Batman Theme」(1966)など。

●SONG FROM M*A*S*H

1976年にFarrから発売されたThe New Marketts名義でのファースト・シングル。プロデュースはJoe Saraceno。アレンジはBen Benay。シングル・オンリー。

1970年公開の大ヒット映画「M*A*S*H」(1972年-1983年まで放映されたTVドラマ版でも有名)のテーマ曲「Theme From M*A*S*H (Suicide Is Painless)」をアップテンポのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。ブリブリとしたベースラインやコズミックなシンセサイザーのサウンドが非常に印象的な作品に仕上がっている。

A面はショート・バージョン。
B面はロング・バージョン。

THE MOB / LOVE CONNECTION (1977)

2010.09.04.Sat.15:09
the mob-love connection

SIDE A...PS 45.159

LOVE CONNECTION
Time: 3:14
(J. Holvay)
Arranged by: Gene Page
Production and Aound by Bones Howe
A Mr. Bones Production

SIDE A...PS 45.159

LOVE CONNECTION
Time: 3:14
(J. Holvay)
Arranged by: Gene Page
Production and Aound by Bones Howe
A Mr. Bones Production

(P)1977 Private Stock Records, Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●LOVE CONNECTION
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

The Mobは、60年代から70年代にかけてシカゴを拠点に活動していた白人男性7人組ロック・バンド。1977年当時のメンバーはGary BeisbierDennis BudimirJoe FarrelJimmy FordBig Al HerreraJim HolvayMike Melvoin。主なヒット曲に「I Dig Everything About You」(1971)、「Give It To Me」(1971)など。

●LOVE CONNECTION
1977年のPrivate Stockから発売されたシングル。プロデュースはBones Howe。アレンジはGene Page。彼らの実質的なラスト・シングル。シングル・オンリー。

Frankie Valliの「Swearin' To God」(1975)やJay Blackの「One Night Affair」(1976)あたりを思わせるポップで華やかな曲調のメロウなディスコ・ナンバー。イントロのコール音と語りの部分や、サビのメロディーが印象的な良い曲。

BEST WISHES / BRASILO BRASILA (1976)

2010.09.03.Fri.00:00
best wishes-brasilo brasila

SIDE 1...KV. 17

BRASILO BRASILA
Time: 2:48
(K. Hertha/F. Gerald)
Produced by: Ralph Siegel/Werner Schuler

SIDE 2...KV. 17

COCONUTS
Time: 3:25
(W. Schuler/R. Frank-Jacobi)
Produced by: Ralph Siegel/Werner Schuler

(P)1976 Inter Global Music (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●BRASILO BRASILA
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Best Wishesは、Dschinghis Khanの成功で知られるドイツを代表するプロデューサー・Ralph SiegelWerner Schulerが手がけたドイツのワンショット・ディスコ・プロジェクト。「Brasilo Brazila」(1976)が唯一のシングル。

このシングルは1976年にドイツ・Jupiterから発売された唯一のシングル。プロデュースはRalph SiegelWerner Schuler。これはカナダ・Inter Global Music盤。

●BRASILO BRASILA

ベルギーのディスコ・グループ・Chocolat'sあたりを思わせるラテン・タッチの軽快なディスコ・ナンバー。全編ドイツ語で歌われており、女性ボーカルがDschinghis Khan風なのが面白い。

●COCONUTS

こちらはドイツのポピュラー・ソング、いわゆるシュラガー色が強めのメロディーを持ったディスコ・ナンバー。やはりこちらもDschinghis Khan風。

THREE OUNCES OF LOVE / DISCO MAN (1976)

2010.09.02.Thu.14:18
three ounces of love-disco man

SIDE A...NCS 7017

DISCO MAN (VOCAL)
Time: 3:14
(J. Abston-S. Patty)
Produced by Leonard Jones for
Hiawatha Productions, Inc.
Arranged by Jimmy Roach

SIDE B...NCS 7017

DISCO MAN (INSTRUMENTAL)
Time: 3:15
(J. Abston-S. Patty)
Produced by Leonard Jones for
Hiawatha Productions, Inc.
Arranged by Jimmy Roach

(P)1976 Ⅸ Chains Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DISCO MAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Three Ounces Of Loveは、デトロイトを拠点に活動していた黒人姉妹3人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはAnn AlexanderElaine AlexanderRegina Alexander。主な代表曲に「Disco Man」(1976)、「Star Love」(1978)、「In The Middle Of The Feeling」(1978)など。

●DISCO MAN
1976年にⅨ Chainsから発売された彼女たちのデビュー・シングル。プロデュースはLeonard Jones。アレンジはJimmy Roach。シングル・オンリー。

ポップでキャッチーなメロディー・ラインを持ったミディアム・テンポの軽快なソウル・ディスコ・チューン。ガールズ・グループらしい瑞々しさと華やかさを感じさせるなかなかの作品。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。