スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW PARADISE / SHOWMAN (1979)

2010.10.27.Wed.01:28
new paradise-showman

FACE A...11 291

SHOWMAN
Time: 3:30
(L. Carrier-G. Di Nino)
Produced by Leo Carrier
Arranged by G. Di Nino/L. Carrier
Licenced by Hansa France & Productions Bagad

FACE B...11 291

IN THE LASER BEAMS
Time: 3:30
(Carrier-Landeau/Di Nino)
Produced by Leo Carrier
Arranged by G. Di Nino/L. Carrier
Licenced by Hansa France & Productions Bagad

(P)1979 Atlantic/Wea Filipacchi Music

BILLBOARD CHART ACTION
●SHOWMAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

New Paradise (ParadiseParadise Birds)は、70年代後半から90年代にかけて活動していたフランスの女性3人組ディスコ・グループ。リード・ボーカルはTiffany Beroy。女優、モデルとして活躍したRadiah Frye(映画「The Dancer」(1999)で有名な女優、ダンサー・Mia Fryerの母)が在籍していた。意外な事に一度もメンバー・チェンジが行われていない。主なヒット曲に「I Am A Song」(1978)、「Get The Look」(1981)、「This World Today Is A Mess」(1984)など。

1979年にフランス・Atlanticから発売されたセカンド・アルバム「New Paradise」からのシングル・カット。プロデュースはLeo Carrier。アレンジはGilbert Di Nino

●SHOWMAN

Village Peopleの「Macho Man」(1978)を彷彿させる、シンプルでキャッチーなメロディーを持ったポップなディスコ・ナンバー。フランスのディスコを中心にヒット。アメリカでもLaserFlarenasch)レーベルから12インチ・シングルが発売されている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

IN THE LASER BEAMS
イタロ・ディスコ調のシンプルなシンセ・サウンドが展開されるアップテンポのテクノ・ディスコ・チューン。
スポンサーサイト

DISCO BAND / AGNUS DEI (Qui Tollis Peccata Mundi) (1976)

2010.10.23.Sat.01:12
disco band-agnus dei

SIDE A...AM 8409

AGNUS DEI (Qui Tollis Peccata Mundi)
DISCO MIX

Time: 4:31
(M. Swerdlow-B. Hill-G. Gravel)
Arr. & Mus. Dir: Martin Swerdlow
Produced by Bill Hill

SIDE B...AM 8409

AGNUS DEI (Qui Tollis Peccata Mundi)
RADIO VERSION

Time: 4:30
(M. Swerdlow-B. Hill-G. Gravel)
Arr. & Mus. Dir: Martin Swerdlow
Produced by Bill Hill

(P)1976 Amour (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION

●AGNUS DEI (Qui Tollis Peccata Mundi)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Disco Bandは、Melody Stewartなどを手がけたカナダ人ディスコ・プロデューサー・Bill Hillが手がけたカナダのディスコ・プロジェクト。「Autumn Leaves」(1976)、「Agnus Dei (Qui Tollis Peccata Mundi)」(1976)など、数枚のシングルを残している。

●AGNUS DEI (Qui Tollis Peccata Mundi)
1976年にカナダ・Amourから発売された通算2枚目のシングル。プロデュースはBill Hill。アレンジはバレエ音楽などを手がけたカナダ人ピアニスト・Martin Swerdlow。シングル・オンリー。

アップテンポの軽快なインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。キリスト教の祈りの言葉「Agnus Dei, Qui Tollis Peccata Mundi」(神の小羊よ、世の罪を取り除きたもう)をタイトルにしているが、同名のミサ曲やクラシック音楽をディスコ・バージョンにしたものではなく、彼らのオリジナル作品ではないかと思われる。「Qui Tollis! Peccata! Mundi!」という元気な掛け声がおかしい。

A面はディスコ・ミックス。
B面はラジオ・バージョン。

GIBSON BROTHERS / NON-STOP DANCE (1977)

2010.10.21.Thu.01:47
gibson brothers-non stop dance

SIDE 1...6061 904

NON-STOP DANCE
Time: 3:55
(A. Francfort)
Engineered by Mike Butcher
Produced by D. Vangarde
"Wxt. du LP N 9286 717"

SIDE 2...6061 904

NEVER SAID GOOD-BYE

Time: 3:30
(A. Francfort)
Engineered by Mike Butcher
Produced by D. Vangarde
"Wxt. du LP N 9286 717"

(P)1977 Zagora (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●NON-STOP DANCE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]


Gibson Brothersは、フランスを拠点に世界的に活躍したフランスの海外県・マルティニーク出身の黒人兄弟3人組ボーカル&インストゥルメンタル・グループ。メンバーはChris GibsonPatrick GibsonAlex GibsonGibsonは芸名で本来の姓名はFrancfort)。数多くの有名アーティストのバックで活躍する実力派スタジオ・ミュージシャンの一面を持つ。主な大ヒット曲に「Heaven」(1977)、「Cuba」(1978)、「Que Sera Mi Veda (If You Should Go)」(1979)など多数。

このシングルは1977年にフランス・Zagoraから発売されたアルバム「Non-Stop Dance / Come To America」からのシングル・カット。プロデュースはDaniel Vangarde。アレンジはMike Butcher

●NON-STOP DANCE
フランスを始めとするヨーロッパを中心にヒットを記録した彼らの出世作。ポップで明るいメロディーを持ったアップテンポの軽やかなディスコ・ナンバー。

●NEVER SAID GOOD-BYE
ディスコというよりはポップス調のキャッチーで爽やかなメロディー・ラインをもったアップテンポの作品。日本では「涙のグッドバイ」の邦題でシングルのA面で発売されている。

ICE / BOBO STEP (1976)

2010.10.20.Wed.02:01
ice bobo step

SIDE A...VIP-2410

BOBO STEP
Time: 2:55
(C. Morgan)
Arranged by A. Young
Produced by P. Joubert

SIDE B...VIP-2410

PASSION

Time; 2:15
(A. Young-L. Jones)
Arranged by R. Buttacavoli
Produced by P. Jaubert

(P)1976 Victor Musical Industries, Inc. (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION

●BOBO STEP
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

IceLafayette Afro Rock Band)は、フランスを拠点にセッション・ミュージシャンとして活動していたアメリカ出身の白人黒人混成男性7人組ファンク・ディスコ・バンド。メンバーはLafayette HudsonErnest DonableArthur YoungRonnie ButtacavoliFrank AbelLarry JonesKeno SpellerMicheleChantal Curtisといった、数多くのディスコ・プロジェクトを手がけた事でも知られる。主な代表曲に「Malik」(1972)、「Soul Makossa」(1973)、「Time Will Tell」(1976)など。

このシングルは1976年にフランス・Calumetから発売されたシングル。プロデュースはPierre Jaubert。これは日本・Victor盤。

●BOBO STEP
El Bimbo」(「オリーブの首飾り」)の作者として有名なClaude Morganが手がけたディスコ・プロジェクト・Blue Bahamasが1975年に発表した作品のカバー。ラテン調の軽快なディスコ・ナンバーで、オリジナルよりもアップ・テンポでシンプルなアレンジとなっている。アレンジはArthur Young。アルバム未収録。

●PASSION
メンバーのArthur YoungLarry Jonesのペンによるオリジナル作品で、ポップで爽やかなメロディーが乗ったミディアム・アップ・テンポの軽快なソウル・ディスコ・チューン。インストゥルメンタルの多い彼らにしては珍しいボーカル曲で、ボーカルはLeroy Gomezによるもの。アレンジはRonnie Buttacavoli

※アメリカでは1976年にThe Great Northwest Music CompanyからシングルのA面で発売。
※1977年にフランス・RCAから発売されたアルバム「Seven Americans In Paris」収録。
※1978年にカナダ・Disques Totalから発売されたLeroy Gomezのソロ・デビュー・アルバム「Number One Man」にも収録。

SANDY MERCER / PLAY WITH ME (1978)

2010.10.18.Mon.04:01
sandy marcer-play with me

SIDE A...HL-4694

PLAY WITH ME

Time: 3:15
(Landy McNeal)
Prod. by Landy McNeal
Exec. Prod. : Hugo & Luigi
Arr. : Jay Dryer & Landy McNeal
From the album
HEY LOVE, COME AND GET IT

SIDE B...HL-4694

YOU ARE MY LOVE
Time: 3:30
(Landy McNeal-George Pettus-Bob Johnson)
Prod. by Landy McNeal
Exec. Prod. : Hugo & Luigi
Arr. : Jay Dryer & Landy McNeal
From the album
HEY LOVE, COME AND GET IT

(P)1978 H & L Records Corporation

BILLBOARD CHART ACTION
●PLAY WITH ME
[POP # - /R&B # - /DISCO # 11 ]

●YOU ARE MY LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 11 ]

Sandy Mercerは、70年代に数多くのアーティストのバック・ボーカルとして活動していたウェスト・バージニア州出身の黒人女性ボーカリスト。主なヒット曲に「Play With Me」(1978)、「You Are My Love」(1978)、「Work Your Body (Work That Body)」(1979)。

このシングルは1978年にH&Lから発売されたデビュー・アルバム「Hey Love, Come And Get It」からのシングル・カット。プロデュースはLandy McNeal。アレンジはJay dryerLandy McNeal

●PLAY WITH ME

Dr. Buzzard's Original Savannah Bandを思わせるビッグバンド風のポップなサウンドを持った、ゆったりとしたテンポのポップなディスコ・ナンバー。Chicの大ヒット曲「Dance, Dance, Dance (Yowsah, Yowsah, Yowsah)」(1977)で繰り返される「Yowsah! Yowsah!」という掛け声がイントロのセリフ部分で使われている。

●YOU ARE MY LOVE
ガラージ・クラシックとして知られる作品で、ミディアム・アップ・テンポのポップでメロウなディスコ・ナンバー。

Walter Gibbonsによるリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルがプロモ・オンリーで制作されている。

CARL GRAVES / HEART BE STILL (1975)

2010.10.16.Sat.01:29
carl graves-heart be still

SIDE A...1757-S

HEART BE STILL
Time: 3:27
(Lee Garrett-Robert Taylor)
Produced by Spencer Proffer
for Pasha in association with
Greedy Productions
Arranged by Spencer Proffer, Robbie Buchanan,
Carl Graves & Jimmie Haskell
Strings & Horns Arranged by Jimmie Haskell
Engineering and Sound by Ron Malo

SIDE B...1757-S

BREAKING UP IS HARD TO DO

Time: 3:26
(Neil Sedaka-Howard Greenfield)
Produced by Spencer Proffer
for Pasha in association with
Greedy Productions
Arranged by Spencer Proffer, Robbie Buchanan,
Carl Graves & Jimmie Haskell
Strings & Horns Arranged by Jimmie Haskell
Engineering and Sound by Ron Malo

(P)1975 A&M Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●HEART BE STILL
[POP # - /R&B # 26 /DISCO # - ]

Carl Gravesは、David Fosterが在籍していた事で知られるロック・バンド・Skylarkのリード・ボーカルとして活躍したカナダ出身の黒人男性ヴォーカリスト。主なヒット曲に「Baby, Hang Up The Phone」(1974)、「Heart Be Still」(1975)、「Sad Girl」(1976)など。

このシングルは1976年にA&Mから発売されたアルバム「Carl Graves」からの先行シングル・カット。プロデュースはSpencer Proffer。アレンジはSpencer ProfferRobbie BuchananCarl GravesJimmie Haskell

●HEART BE STILL
彼を代表するヒット曲の一つ。AOR風の爽やかさと哀愁感が漂うメロディアスな曲調を持った軽快なソウル・ディスコ・チューン。彼のクセのない伸びやかなボーカルが非常に魅力的で、この曲の作者でもあるLee GarrettFrankie Valliによるカバー・バージョンが存在するが、完成度ではこのオリジナルには及ばない。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。
ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルがカナダ盤のみで存在する。

●BREAKING UP IS HARD TO DO
Neil Sedakaが1962年と1975年に大ヒットさせた名曲のリメイク。オリジナルとはまた違った、オールディーズ風のポップ・バラードに仕上がっている。

LAURIE MARSHALL / THE DISCO SPACESHIP (1977)

2010.10.15.Fri.01:18
laurie marshall-disco spaceship

SIDE A...C7 201

THE DISCO SPACESHIP
(VOCAL)

Time: 3:27
(Laurie Marshall)
Produced: Ralph Murphy
Arranged: Jack Perry Cone
Engineer: Neel Teeman

SIDE B...C7 201

THE DISCO SPACESHIP
(INSTRUMENTAL)

Time: 3:29
(Laurie Marshall)
Produced: Ralph Murphy
Arranged: Jack Perry Cone
Engineer: Neel Teeman

(P)1977 Casino Records Ltd. (Canada)

BILLBOARD CHART ACTION
●THE DISCO SPACESHIP
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]


Laurie Marshall(Laurice)は、70年代後半のカナダのディスコ・シーンで活躍したイギリス人男性シンガー・ソングライター。ゲイでありトランスジェンダーである事をオープンにし、カナダにおけるゲイ・シンガーのパイオニアとしても知られる。主なヒット曲に「(All Day and All Night) We Will Make Love」(1976)、「The Disco Spaceship」(1977)など。

●THE DISCO SPACESHIP
1977年にカナダ・Casinoから発売されたシングル。プロデュースはカナダ人プロデューサー・Ralph Murphy。アレンジはThe Players Associationなどを手がけたJack Perricone。アメリカ録音。シングル・オンリー。

2009年にイギリス・Spaceshipから12インチ・シングルが再発された事で注目された作品で、フィリー風のゴージャスなオーケストレーション、マッドでサイケデリックなエフェクト処理がクレイジーな空間を作り上げる、スペイシーかつグルーヴィーなディスコ・ナンバー。男性とは思えない女性的な声質と歌唱力には驚かされる。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

MIKE & BILL / SOMEBODY'S GOTTA GO (SHO AIN'T ME) (1975)

2010.10.13.Wed.03:09
mike  bill-somebodys gotta go

SIDE A...AS 0139

SOMEBODY'S GOTTA GO (SHO AIN'T ME)
VOCAL

Time: 4:15
(M. Felder & B. Daniels)
Produced by Moving Up Productions
Arranged by M. Felder

SIDE B...AS 0139

SOMEBODY'S GOTTA GO (SHO AIN'T ME)
INSTRUMENAL

Time: 4:15
(Mike Felder & Bill Daniels)
Produced by Moving Up Productions & Major Little
Arranged by M. Felder

(P)1976 Arista Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●SOMEBODY'S GOTTA GO (SHO AIN'T ME)
[POP # - /R&B # 78 /DISCO # 5 ]

Mike & Billは、ニューヨークを拠点にプロデューサー、コンポーザーとして活動していたMike FelderBill Danielの2名で結成された黒人男性ソウル・ボーカル・グループ。主なヒット曲に「Somebody's Gotta Go (Sho Ain't Me)」(1975)。

●SOMEBODY'S GOTTA GO (SHO AIN'T ME)

1975年にMike Felderの個人レーベル・Moving Upから発売され、同年にAristaから全米発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはMoving Up Productions。アレンジはMike Felder。シングル・オンリー。

全米ディスコ・チャートで最高5位を記録する大ヒットとなった彼ら唯一のチャート・ヒット曲。どこか泥臭さを感じさせるファンキーかつアッパーなソウル・ディスコ・チューン。イントロのコンガとワウ・ギターが主体のブレイク部分が非常にダンサブルで印象的。

このシングル・バージョンはMoving Up盤とは異なるリミックス・バージョン。
A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

DEREK MARTIN / BEAUTIFUL WOMAN (1975)

2010.10.12.Tue.00:59
derek martin beautiful woman

SIDE A...AP-2358-A

BEAUTIFUL WOMAN (VOCAL)
Time: 2:58
(A. Goodman, H. Ray, W. Morris, D. Martin)
Produced by Al Goodman, Harry Ray
Walter Morris, Derek Martin

SIDE B...AP-2358-B

BEAUTIFUL WOMAN (INSTRUMENTAL)
Time: 2:58
(A. Goodman, H. Ray, W. Morris, D. Martin)
Produced by Al Goodman, Harry Ray
Walter Morris, Derek Martin

(P)1975 All Platinum

BILLBOARD CHART ACTION

●BEAUTIFUL WOMAN
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Derek Martinは、「You Better Go」(1963)のヒットを持つデトロイト出身の黒人男性ボーカリスト。50年代のデトロイトで人気のあったR&Bグループ・The PearlsFive Pearls)、Top Notesのメンバーだった事で知られる。

●BEAUTIFUL WOMAN
1975年にAll Platinumから発売されたシングル。プロデュースはThe Momentsのメンバー・Al GoodmanHarry RayRimshotsのメンバー・Walter MorrisDerek Martin。シングル・オンリー。

The Moments
によるスムースなバック・コーラス、Derek Martinのソウルフルな渋いボーカルが最高な、ミディアム・アップ・テンポのダンサブルなソウル・ディスコ・チューン。同じバック・トラックを使ったChuck Jacksonによるバージョンもある。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。
両面共にモノラル・ミックス。未発表のステレオ・ミックスが存在する。

HERBIE MANN / JISCO DAZZ (1978)

2010.10.11.Mon.00:57
herbie mann-jisco dazz

SIDE 1...P-468A

JISCO DAZZ
Time: 3:20
(Patrick Adams-Ken Morris)

SIDE 2...P-468A

BODY OIL
Time: 3:15
(Herbie Mann)

(P)1978 Atlantic (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●JISCO DAZZ
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Herbie Mannは、1950年代から80年代にかけて活躍したジャズ・フルーティストの第一人者であり、常に流行の最先端を行く音楽を取り入れ、ジャンルに捉われない多彩な作品でヒットを飛ばし続けた事で有名な白人男性ジャズ・フルーティスト。主なヒット曲に「Memphis Underground」(1969)、「Hijack」(1975)、「Superman」(1978)など多数。

このシングルは1978年にAtlanticから発売されたアルバム「Super Mann」からのセカンド・シングル。

●JISCO DAZZ

Patrick Adamsが同時期に手がけていたMusiqueのディスコ・ヒット「Keep On Jumpin'」(1978)と同じパターンを持ったアップリフティングなディスコ・ナンバー。タイトルはDiscoJazzをもじったものだが、曲調にジャズらしさは全くない。プロデュースはPatrick AdamsKen Morris。アレンジはPatrick Adams

このシングル・バージョンはプロモ・オンリーの12インチ・シングルに収録されていたリミックス・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンとは全くミックスが異なる。

●BODY OIL
1975年発売のアルバム「Waterbed」に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバーをアップリフティングなディスコ・アレンジでセルフ・リメイクしたもの。フルートによる陽気なメロディー・ラインやコーラスが印象的。プロデュースはPatrick AdamsHerbie Mann。アレンジはPatrick Adams

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。



SAMMY GORDON & THE HIP HUGGERS / MAKING LOVE (1976)

2010.10.10.Sun.02:28
sammy gordon-making love

SIDE A...G-201-A

MAKING LOVE
Time: 3:15
(P. Adams-G. Carmichael-F. Hauser)
Prod. by Greg Carmichael &
Bill Kamarra & William Sanders
For LuLu Productions
Arr. Patrick Adams

SIDE B...G-201-B

MAKING LOVE
Time: 5:00
(P. Adams-G. Carmichael-F. Hauser)
Prod. by Greg Carmichael &
Bill Kamarra & William Sanders
For LuLu Productions
Arr. Patrick Adams

(P)1976 Greg Records inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●MAKING LOVE
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Sammy Gordon & Hipp Huggersは、ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動していたSammy Gordon率いるヴォーカル&インストゥルメンタル・ファンク・バンド。「Upstairs On Boston Road (Part.1)」(1973)、「Making Love」(1976)といったシングルのカルト・ヒットで知られる。

MAKING LOVE
1976年にニューヨークのディスコ・レーベルGreg(Red Greg)発売されたシングル。プロデュースはBill Kamarra(Chill Bill/後のB-Boy Records社長)、Greg CarmichaelWilliam Sanders。アレンジはPatrick Adams

Patrick Adamsによる独特のウニョウニョ・シンセや、女性コーラスによる単純明快な歌詞のリフレインが非常に印象的なミディアム・テンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。この曲のバックトラックを使い、歌モノに作り変えた別バージョンSandy's GangHungry」(1976)、Pam Todd & The Love ExchangeMaking Love」(1977) がある。

A面はショート・バージョン
B面は12インチよりも短いロング・バージョン。

Sammy Gordon自身は名義を貸しただけで、このレコードには一切関わりがないとの事。実際はCloud OneUniversal Robot Bandなどと同じ構成となっている。


THE MAGIC BAND / TICO TICO (1975?)

2010.10.09.Sat.01:19
the magic band-tico tico

SIDE A...GNP 492

TICO TICO
Time: 2:19
(Drake-Abreau-Oliveira)

SIDE B...GNP 492

FALBALA
Time: 3:19
(Petit-Schonberg)

(P)1975? GNP Crescendo

BILLBOARD CHART ACTION

●TICO TICO
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]

The Magic Bandに関する詳細は一切不明。「Tico Tico」(1975?)が唯一のシングル。

このシングルは1975年頃にロサンゼルスのインディー・レーベル・GNP Crescendoから発売された唯一のシングル。プロデューサー、アレンジャーは不明。

●TICO TICO
1917年にブラジルの音楽家・Zequinha de Abreuが書き、1947年にCarmen Mirandaが映画「Copacabana」の中で歌い、世界的にヒットしたスタンダード・ナンバーのリメイク。オリジナル・タイトルは「Tico Tico no Fuba」。リズム・ボックスやワウ・ギターなどを効果的に使ったリズミカルなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

●FALBALA
T. Rexの「Get It On」(1970)を思わせるロック調のカッティング・ギターに、Barry White風のゴージャスなオーケストレーションが絡む,イージー・リスニング風のインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。

LAURA GREENE / LET ME BLOW YOUR WHISTLE (1979)

2010.10.08.Fri.00:32
laura greene-let me blow your whistle

SIDE A...ST-103A

LET ME BLOW YOUR WHISTLE
Time: 3:55
(Michael Colicchio)
Produced & Arranged by Michael Colicchio

SIDE B...ST-103B

MANHATTAN
Time: 5:02
(Michael Colicchio)
Produced & Arranged by Michael Colicchio

(P)1979 Sound Trek Records

BILLBOARD CHART ACTION

●LET ME BLOW YOUR WHISTLE
[POP # -/R&B # 90 /DISCO # -]

Laura Greeneは、60年代から80年代にかけて数多くの有名企業のコマーシャル・ソングを歌っていた黒人女性ボーカリスト、女優。名前は知られていないが、歌声だけは良く知られていた、という人物。主なヒット曲にケンタッキーのCMソングだった「Moonlight Music and You」(1968)、「Pledging My Love」(1969)、「Let Me Blow Your Whistle」(1979)など。

このシングルは1979年にSound Trekから発売されたシングル。プロデュース、アレンジは、主に映画音楽などを手がけていたコンポーザー・Michael Colicchio。シングル・オンリー。

●LET ME BLOW YOUR WHISTLE
ラテン・タッチの独特なディスコ・ビート、小気味よく鳴り響くホイッスル、ポップで憶えやすいメロディー・ラインが乗った、とにかくキャッチーなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。

●MANHATTAN
Esther Phillipsを彷彿させる粘りのあるコケティッシュなヴォーカルが最高なアーバンな雰囲気の軽快なディスコ・ナンバー。数多くのDJに取り上げられる人気曲の一つ。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンと同テイク。

※同内容で型番違い(ST-103)(ST-104)が存在するが、この(ST-103)がファースト・プレス。

ULTIMATE / TOUCH ME BABY (1978)

2010.10.06.Wed.23:23
ultimate-touch me baby

SIDE A...NB 966

TOUCH ME BABY
Time: 3:45
(Juliano Salerni)
Produced by Juliano Salerni and Bruce Weeden
for South Philly Prods.
Arranged & Conducted by Juliano Salerni
From the Casablanca LP
"ULTIMATE" NBLP 7128

SIDE B...NB 966

MUSIC IN MY HEART
Time: 3:03
(Juliano Salerni)
Produced by Juliano Salerni and Bruce Weeden
for South Philly Prods.
Arranged & Conducted by Juliano Salerni
From the Casablanca LP
"ULTIMATE" NBLP 7128

(P)1978 Casablanca Record & FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●TOUCH ME BABY
[POP # -/R&B # -/DISCO # 6 (LP all cuts)]

●MUSIC IN MY HEART
[POP # -/R&B # -/DISCO # 6 (LP all cuts)]

Ultimateは、フィラデルフィアを拠点に活動していたディスコ・プロデューサー・Giuliano SalerniBruce Weedenが手がけたディスコ・プロジェクト。「Touch Me Baby」(1978)、「Ritmo De Brazil」(1978)のディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1978年にCasablancaから発売されたファースト・アルバム「Ultimate」からのシングル・カット。プロデュースはGiuliano SalerniBruce Weeden。アレンジはGiuliano Salerni

●TOUCH ME BABY
アルバムではA面すべてを使った14分に及ぶ組曲になっていた作品で、ポップで美しいメロディー・ラインに流麗なオーケストレーションが絡む、爽やかな曲調のフィリー・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。リミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルがプロモ・オンリーで存在する。

●MUSIC IN MY HEART
ストレートかつアップリフティングなディスコ・ナンバー。The Salsoul Orchestraの「Chicago Bus StopOoh I Love It) 」(1975)を思わせるコーラスが印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは別テイクのシングル・リミックス・バージョン。オープン・ハイハットとハンドクラップが追加されている。




JUNKO OHASHI / FUNKY LITTLE QUEENIE (1978)

2010.10.04.Mon.02:37
junko ohashi-funky little queenie

SIDE 1...SFL-2241

FUNKY LITTLE QUEENIE
Time: 3:31
(Masami Tsuchiya)
Recording & Re-mix engineer: Yuji Yamashita
Recording Derector: Yoichi Kakumoto
Producer: Picaichi Watabe
Special Thanks: Masaharu Honjo

SIDE 2...SFL-2241

SIMPLE LOVE (English Version)
Time: 3:43
(Linda Phee/Takashi Matsumoto/Ken Sato)
Recording & Re-mix engineer: Yuji Yamashita
Recording Derector: Yoichi Kakumoto
Producer: Picaichi Watabe
Special Thanks: Masaharu Honjo

(P)1978 Philips (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●FUNKY LITTLE QUEENIE
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

大橋純子は、70年代から80年代にかけての日本で活躍した女性ボーカリスト。彼女専属のバック・バンド・美乃家セントラル・ステイションを従え、日本人離れしたバワフルな歌唱力と洗練された音楽性で一世を風靡した。主な大ヒット曲に「シンプル・ラブ」(1977)、「たそがれマイ・ラヴ」(1978)、「シルエット・ロマンス」(1981)など。

このシングルは1978年に日本・Philipsから発売された英語盤シングル。プロデュースは本城和治Picaichi WATABE

●FUNKY LITTLE QUEENIE

1977年発売のアルバム「Crystal City」収録曲の英語バージョン。

美乃家セントラル・ステイションのメンバーであり、後に一風堂として活躍する土屋昌巳が作詞、作曲、アレンジまで手がけた作品で、彼女の溌剌としたパンチの効いたボーカルが冴える、ミディアム・テンポのクールなファンク・ディスコ・チューン。

この英語盤シングル・バージョンは、12インチ・バージョン、アルバム・バージョンにはない、SEが追加されたシングル・リミックス・バージョン。

●SIMPLE LOVE (English Version)
1977年初頭に発売されスマッシュ・ヒットを記録した彼女の出世作の英語バージョン。同年発売のアルバム「Rainbow」収録。アレンジは佐藤健

日本のディスコで初めてヒットした日本語曲として大きな話題となった作品で、ポップでキャッチーなメロディー・ラインを持ったアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

※ロング・バージョンを収録したプロモーション用12インチ・シングルが制作されている。このテイクは1978年発売のコンピレーション・アルバム「シンプル・ラブ~恋のタンジェリン/ダイナミック・ディスコ・ヒッツ」、同年発売のベスト盤「スペシャル・ブレンド・アルバム」に収録されている。

MONSIEUR GORAGUER / SEXY DRACULA (1976)

2010.10.03.Sun.00:04
sexy dracura

SIDE A...MA-44-MS

SEXY DRACULA
Time: 3:16
(A. Goraguer)

SIDE B...MA-44-MS

SEXY DRACULA-INSTRUMENTAL
Time: 3:16
(A. Goraguer)

(P)1976 Diaques Meys/Overseas (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●SEXY DRACULA
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]
[Japan (Original Confidence) # 58]

Monsieur Goraguerは、フランスを代表するジャズ・ピアニストで音楽家のAlain Goraguerの変名ディスコ・プロジェクト。日本でのみ発売された「Sexy Dracula」(1976)が唯一のシングル。

●SEXY DRACULA
1976年に日本・Overseas/Disques Meysから発売された唯一のシングル。プロデュース、アレンジはAlain Goraguer。フランス録音。元々は「Soul Dracula」(1976)に続くヒットを狙った日本・テイチク側の依頼で日本発売用に制作されたもの。

ドラキュラに噛まれたくて仕方のないセクシーな女性とドラキュラとの絡みがなんともユニークなディスコ・ナンバー。Alain Goraguerが関与しているだけあって楽曲そのもののクオリティは高い。日本のオリコン・チャートで最高58位のスマッシュ・ヒットを記録した。

A面はセリフとスキャット入りのバージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

PAM TODD & GOLD BULLION BAND / BAISEZ MOI (KISS ME) (1978)

2010.10.01.Fri.16:46
pam todd-baisez moi

SIDE A...06SP 296-CH

BAISEZ-MOI (KISS ME)
Time: 4:46
(G. Sherman/G. Pastilli)
Producer: Gerry Sherman
Executive Producer: Patrick Jenkins
Arranged Conducted by Gerry Sherman
Mixed by Jimmy Simpson

SIDE B...06SP 296-CH

BAISEZ-MOI (KISS ME)
INSTRUMENTAL

Time: 5:02
(G. Sherman/G. Pastilli)
Producer: Gerry Sherman
Executive Producer: Patrick Jenkins
Arranged Conducted by Gerry Sherman
Mixed by Jimmy Simpson

(P)1978 Channel Records Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●BAISEZ MOI (KISS ME)
[POP # -/R&B # -/DISCO # 25]

Pam Todd (Pamela Todd)は、ニューヨークを拠点にセッション・シンガーとして活動していた黒人女性ボーカリスト。主な代表曲に「Let's Get Together」(1977)(Pam Todd & The Love Exchange名義)、「Baisez Moi (Kiss Me)」(Pam Todd & Gold Bullion Band名義)など。

●BAISEZ MOI (KISS ME)
1978年にニューヨークのディスコ・レーベル・ChannelからPam Todd & Gold Bullion Band名義で発売されたセカンド・アルバム「Together」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジは、The DriftersNancy WillsonなどをてがけたGarry Sherman。リミックスはJimmy Simpson

フランス語を取り入れた歌詞やヨーロピアン・ポップス風のポップなメロディー・ラインがキャッチーなアップテンポのディスコ・ナンバー。彼女のコケティッシュなボーカルとポップなサウンドとの相性が非常に良く、なかなかの仕上がりとなっている。12インチ・シングルでは6分、アルバムでは10分に及ぶロング・バージョンになっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

※これは日本・CBS/SONYから発売されたシングル盤。ジャケットのイラストが酷い。

DONNA SUMMER / THEME FROM THE DEEP (Down Deep, Inside) (1977)

2010.10.01.Fri.03:35
donna summer-theme from the deep

SIDE A...VIP-2539

THEME FROM THE DEEP (Down Deep, Inside)
(Vocal)

Time: 4:20
(Donna Summer & John Barry)
Produced by: John Barry
Conducted by: John Barry
Arranged & Orchestrated by: John Barry
Music From The Original Motion Picture Soundtrack
"THE DEEP"

SIDE B...VIP-2539

THEME FROM THE DEEP (Down Deep, Inside)
(Instrumental)

Time: 4:29
(John Barry)
Produced by: John Barry
Conducted by: John Barry
Arranged & Orchestrated by: John Barry
Music From The Original Motion Picture Soundtrack
"THE DEEP"

(P)1977 Casablanca Record and FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●THEME FROM THE DEEP (Down Deep, Inside)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 3]

Donna Summerは、「The Queen Of Disco」と呼ばれ、数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性ボーカリスト。Giorgio Moroderの強力なバックアップを受け、ディスコだけでなく、ポップス、ロック、バラードまで幅広いレパートリーで大ヒット曲を連発し、数多くの賞を獲得。名実共に世界を代表するトップ・ボーカリストにまで登りつめた。アメリカ人でありながら、ドイツを拠点に世界的な成功を収めた事でも話題になった。主な大ヒット曲に「Love To Love You Baby」(1975)、「I Feel Love」(1977)、「MacArthur Park」(1978)、「Hot Stuff」(1979)、「Bad Girls」(1979)、「No More Tears (Enough Is Enough)」(1979)など多数。

このシングルは1977年公開の大ヒット映画「The Deep」のサウンド・トラック・アルバムからのシングル・カット。プロデュース、アレンジはJohn Barry。発売元はCasablanca

●THEME FROM THE DEEP (Down Deep, Inside)
映画のメイン・テーマとして使われている作品で、John Barryらしいポップで美しいメロディー・ラインを持ったミディアム・テンポのディスコ・ナンバー。Donna Summerの吐息交じりのセクシーなボーカルが絶妙。意外だが、John Barryが手がけた唯一のディスコ・ナンバーでもある。

イギリスを始めとするヨーロッパ各国で大ヒットとなったが、アメリカでは12インチ・シングルのみのカットだったためディスコ・ヒットに留まった。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。
アメリカではJohn Barry名義でインストゥルメンタル・バージョンのみがシングル・カットされている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。