スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK LEVEL / WALKIN' (1976)

2010.11.19.Fri.22:28
black level-walkin

SIDE 1...P-34A

WALKIN'

Time: 4:23
(Paul Martin)

SIDE 2...P-34B

ROLLING FUNK DRIVER
Time: 4:19
(Paul Martin)

(P)1976 Atlantic (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●WALKIN'
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Black Levelは、日本で活躍するスタジオ・ミュージシャンで構成された日本のディスコ・プロジェクト。プロデューサー、アレンジャー、ミュージシャン全員が変名となっており、正体は一切不明。主なヒット曲に「Walkin'」(1976)。

このシングルは1976年に日本・Atlanticから発売された唯一のアルバム「Disco Action」からの先行シングル。プロデュースはBig Field John。アレンジはPaul Martin

●WALKIN'
Larry Grahamばりのファンキーなベース・ラインにパワフルなドラムス、どこかオリエンタルな女性コーラスとフルートによるメロディー・ラインの組み合わせが絶妙なインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。サビのメロディーがハッスル調なのが面白い。尚、ベースは後藤次利、ドラムスは田中清司によるものと思われる。

ROLLING FUNK DRIVER
ミディアム・テンポのファンキーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。ここでも後藤次利のファンキーなスラップ・ベースが炸裂。

※演奏メンバーはFunky Bureauとほぼ同一。
※プロデュース、コンポーズ、アレンジは水谷公生ではないかと思われる。
スポンサーサイト

WILLIE JAMES / SWEET LIPS, SENSUOUS HIPS (1976)

2010.11.16.Tue.01:04
willie james-sweet lips

SIDE A...G-200-A

SWEET LIPS, SENSUOUS HIPS PART l
Time: 3:25
(G. Carmichael-C. Wright)
Prod. & Arr. by Greg Carmichael
For Gregory Carmichael Productions

SIDE B...G-200-B

SWEET LIPS, SENSUOUS HIPS PART ll
Time: 3:40
(G. Carmichael-C. Wright)
Prod. & Arr. by Greg Carmichael
For Gregory Carmichael Productions

(P)1976 Greg Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SWEET LIPS, SENSUOUS HIPS PART l
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Willie Jamesは、ニューヨークを拠点に活動していた黒人男性ヴォーカリスト。「Stand Up For Your Rights」(19??)、「Sweet Lips, Sensuous Hips」(1976)など、数枚のシングルを残している。

●SWEET LIPS, SENSUOUS HIPS

1976年にGreg (Red Greg)レーベル第1弾として発売されたシングル。プロデュース、アレンジはGreg Carmichael。シングル・オンリー。

ミディアム・アップ・テンポの軽快なソウル・ディスコ・チューン。いかにもGreg Carmichaelらしい作品。

A面とB面にそれぞれ別テイクを収録。

LEON LEE / HE WAS A MAN (1974)

2010.11.15.Mon.14:28
leon lee-he was a man

SIDE A...977-A

HE WAS A MAN-Part 1
Time: 2:59
(Billy Devine)
Produced by John Davis for Bry-Wek
Arranger: John Davis
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.

SIDE A...977-B

HE WAS A MAN-Part 11
Time: 3:01
(Billy Devine)
Produced by John Davis for Bry-Wek
Arranger: John Davis
Recorded at Sigma Sound Studios, Phila., Pa.

(P)1974 Crossover Records Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●HE WAS A MAN
[POP # - /R&B # 75 /DISCO # - ]

Leon Leeは、初期People's Choiceの元メンバーで、Tapestryのメンバーとして活動していたフィラデルフィア出身の黒人男性ヴォーカリスト、ギタリスト。「He Was A Man-Part 1」が唯一のヒット曲。

●HE WAS A MAN
1974年にロサンゼルスのインディー・レーベル・Crossoverから発売されたソロ・デビュー・シングル。プロデュース、アレンジはJohn Davis。フィリー録音。シングル・オンリー。

Tapestryを手がけていたBilly DeVineのペンによる作品で、非常にノリの良いダンサブルかつファンキーなソウル・ナンバー。元々は彼が在籍していたTapestryの新曲としてレコーディングされお蔵入りしていた作品で、彼のボーカルを追加録音、リミックスしたものがこのテイク。

A面はフルバージョンの前半部分。
B面はフルバージョンの後半部分。

※未発表のTapestryバージョンはPhilly Groove関連のコンピレーションCDで聴く事が出来る。

FIVE SPECIAL / THE MORE I GET TO KNOW YOU (1976)

2010.11.11.Thu.15:44
five special-the more i get to know you

SIDE A...73849

THE MORE I GET TO KNOW YOU (PART l)
Time: 3:29
(M. Henderson-J. Roach)
Produced and Arranged by Jimmy Roach
For Chuck Underwood and Ron Banks

SIDE B...73849

THE MORE I GET TO KNOW YOU (PART ll)
Time: 2:30
(M. Henderson-J. Roach)
Produced and Arranged by Jimmy Roach
For Chuck Underwood and Ron Banks

(P)1976 Mercury / Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●THE MORE I GE TO KNOW YOU
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

Five Specialは、The DramaticsRon Banksの弟・Bryan Banksが在籍していたデトロイト出身の黒人男性5人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはBryan BanksGreg FinleySteve HarrisSteve BoydMike Petillo。主な代表曲に「(Let's Stop Making) Small Talk」(1977)、「Why Leave Us Alone」(1979)、「You're Something Special」(1979)、「Jam (Let's Take It To The Streets)」(1980)など。

●THE MORE I GET TO KNOW YOU
1976年にデトロイトのローカル・レーベル・Teatから発売され、同年にMercuryから全米発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはJimmy Roach。制作にはやはりThe DramaticsRon Banksが絡んでいる。シングル・オンリー。

Michael HendersonJimmy Roachのペンによる作品で、フィリー・ソウル風のポップでキャッチーなメロディー・ラインを持ったミディアム・テンポの軽快なソウル・ディスコ・チューン。ディスコ一歩手前のゆるやかなグルーヴ感がたまらない。

A面はフルバージョンの前半部分。
B面はフルバージョンの後半部分。



LAURA TAYLOR / DANCIN' IN MY FEET (Theme from Disco Magic) (1978)

2010.11.09.Tue.20:59
laura taylor-dancin

SIDE A...GS-9505-A

DANCIN' IN MY FEET
(Theme from Disco Magic)

Time: 4:00
(Steve Whittmack)
Produced by: Steve Whittmack & John Blanche

SIDE B...GS-9505-B

LADY SCORPIO
Time: 3:30
(Laura Taylor)
Produced by: Steve Whittmack & Bruce Hensal

(P)1978 Good Sounds Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DANCIN' IN MY FEET (Theme from Disco Magic)
[POP # - /R&B # -/DISCO # 9 ]

Laura Taylorは、ニューヨークを拠点に活動していたコネチカット州出身の白人女性シンガー、ソングライター、アレンジャー。主なディスコ・ヒットに「Dancin' In My Feet(Theme From Disco Magic)」(1978)、「All Through Me」(1979)。

このシングルは1978年にT.K.傘下Good Soundsから発売されたデビュー・シングル。1979年発売のアルバム「Dancin' In My Feet」収録。

●DANCIN' IN MY FEET (Theme from Disco Magic)

1977年から78年にかけて全米放送されたTV番組「Disco Magic」のテーマ曲として制作され、全米ディスコ・チャートで最高9位を記録した彼女最大のヒット曲。プロデュースはSteve WhittmackJohn Blanche。アレンジはSteve Whittmack

とてもポップで華やかなメロディー・ラインを持ったミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

●LADY SCORPIO
彼女が作詞、作曲、アレンジまでを手がけた作品で、グルーヴィーなオクターブ・ベースにギターリフ、シンプルかつ味のあるメロディーが病み付きになるブギー・ディスコ・チューン。プロデュースはSteve WhittmackBruce Hensal

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。