スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNIVERSAL ENERGY / DISCO ENERGY (1977)

2010.12.30.Thu.17:43
universal energy disco energu

SIDE A...2C 006-14.479

UNIVERSAL ENERGY
Time: 5:52
(B. Estardy, J.P. Bourtayre)
Direction Artistique: J.P. Bourtayre / B. Estardy

SIDE B...2C 006-14.479

DISCO ENERGY
Time: 6:53
(B. Estardy, J.P. Bourtayre)
Direction Artistique: J.P. Bourtayre / B. Estardy

(P)1977 EMI / Pathe Marconi (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●UNIVERSAL ENERGY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Universal Energyは、France GallClaude Francoisなどを手がけたフランス人ソング・ライター・Jean Pierre Bourtayreと、フランス人オルガニスト、アレンジャー・Bernard Estardyが手がけたフランスのテクノ・ディスコ・プロジェクト。「Universal Energy」(1977)が唯一のディスコ・ヒット。

このシングルは1977年にフランス・EMI / Pathe Marconiから発売された唯一のアルバム「Universal Energy」からのシングル・カット。プロデュースはJean Pierre BourtayreBernard Estardy

●UNIVERSAL ENERGY
Kraftwerkあたりを彷彿させるどこかクラシカルでシンプルなメロディーを持ったテクノ・ディスコ・チューン。

●DISCO ENERGY
彼らが同時期に手がけたディスコ・プロジェクト・L.E.B. Harmonyの「Feeling Love」(1978)と似たサウンドを持ったローテンポのシリアスな曲調のテクノ・ディスコ・チューン。シンセサイザーによる派手なメロディー・ラインが格好良い。

※両面共にアルバム・バージョンと同テイク。

スポンサーサイト

MICHELLE LAMB / LOOK OF LOVE (1978)

2010.12.26.Sun.01:34
michelle lamb-look of love

Side One...DC-10

LOOK OF LOVE (Vocal)
Time: 4:25
(B. Bacharach-H. David)
Executive Producer C. Graham
Producer C. Reid, F. Stonewall
for Reids World Production
Arranger Mike Lewis

Side Two...DC-10

LOOK OF LOVE (Instrumental)
Time: 4:35
(B. Bacharach-H. David)
Executive Producer C. Graham
Producer C. Reid, F. Stonewall
for Reids World Production
Arranger Mike Lewis

(P)1978 Dealers Choice Records Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●LOOK OF LOVE (Vocal)
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Michelle Lambは、マイアミを拠点に活動していた黒人女性シンガー、ソングライター、プロデューサー。数枚のシングルを残しているが、彼女に関する詳細は不明。主な作品に「Look Of Love」(1978)、「After The Dance」(1980)など。

●LOOK OF LOVE
1978年にマイアミのローカル・レーベル・Dealers Choiceから発売されたデビュー・シングル。プロデュースはClarence ReidFreddy Stonewall。アレンジはMike Lewis。シングル・オンリー。

1967年にHal DavidBurt Bacharachが書き、Dusty SpringfieldSergio Mendes & Brasil '66が大ヒットさせた名曲をミディアム・テンポのディスコ・アレンジでカバーしたもの。Clarence Reidがプロデュースしているが、マイアミ色はかなり薄めとなっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

MILT GRAYSON / THE DISCO WALK (1976)

2010.12.18.Sat.00:00
milt grayson-the disco walk

SIDE A...73756

THE DISCO WALK
Time: 3:53
(M. Zager)
Produced by Jerry Love and Michael Zager
For Love-Zager Prod.
Arranged and Conducted by Michael Zager
"A Product Of Love"
Recorded at Audio l New York

SIDE B...73756

A FACE IN THE CROWD
Time: 3:53
(M. Zager-B. Soehner)
Produced by Jerry Love and Michael Zager
For Love-Zager Prod.
Arranged and Conducted by Michael Zager
"A Product Of Love"
Recorded at Audio l New York

(P)1976 Mercury / Phonogram Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●THE DISCO WALK
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Milt Grayson (Milton Grayson)は、Billy Ward and His DominoesDuke Ellingtonのボーカル・メンバーとして活動した経歴を持つ黒人男性ヴォーカリスト。独特のバリトン・ヴォイスがトレード・マークであり、主にミュージカル、オペラ、ジャズ・シーンで活動していた。主な代表曲に「I Love You Much Too Much」(1958)、「The Disco Walk」(1976)など。]

このシングルは1976年にMercuryから発売されたシングル。プロデュースはJerry LoveMichael Zager。アレンジはMichael Zager。シングル・オンリー。

●THE DISCO WALK
彼のマイルドなバリトン・ボイスが映えるポップでキャッチーなメロディーを持ったミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・チューン。このMichael Zagerとのコラボレーションは、当時Michael Zagerが手がけていたディスコ・グループ・Love Childs Afro Cuban Blues Bandにボーカルで参加した事で生まれたもの。

9分に及ぶロング・バージョンを収録した12インチ・シングルがプロモ・オンリーで存在する。

●A FACE IN THE CROWD
メロディアスなディスコ・タッチのダンサブルなソウル・ナンバー。モダンソウルファンから好まれそうなタイプの作品。

GREGG DIAMOND / STAR CRUISER (1978)

2010.12.17.Fri.00:17
gregg diamond-star cruiser

SIDE A...3329

STAR CRUISER
Time: 4:07
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arr. by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

SIDE B...3329

THIS SIDE OF MIDNIGHT

Time: 3:11
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arr. by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

(P)1978 Marlin / T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●STAR CRUISER
[POP # 102 /R&B # 57 /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

●THIS SIDE OF MIDNIGHT
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

Gregg Diamondは、70年代のディスコ・ミュージック・シーンで一世を風靡したペンシルバニア州白人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。Andrea True ConnectionBionic Boogieといったディスコ・プロジェクトを成功させた事で知られる。自身名義でのヒット曲に「Star Cruiser」(1978)など。

このシングルは1978年にMarlinから発売されたソロ名義でのファースト・アルバム「Star Cruiser」からのファースト・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond。アレンジはGregg Diamond

STAR CRUISER
ディスコ・チャートだけでなくソウル・チャートでもヒットを記録したソロ名義では最大のヒット曲。高揚感のあるスペイシーなイントロ部分が非常に強いインパクトを残すアップリフティングなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を大幅に入れ替えてエディットしたもの。タイム表記が誤っており、実際は3分16秒。

●THIS SIDE OF MIDNIGHT
爽やかかつゴージャスな雰囲気を持ったアップテンポのディスコ・ナンバー。Jocelyn Brownによる「Your Love」という掛け声の繰り返しが印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を大幅に入れ替えてエディットしたもの。

GREGG DIAMOND / HOLDING BACK (1978)

2010.12.15.Wed.23:38
gregg diamond-holding back

SIDE A...3333

DOING THAT (FANCY DANCER)
Time: 3:15
(Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arranged by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

SIDE B...3333

HOLDING BACK
Time: 5:04
(Steve Love-Gregg Diamond)
From the album "Star Cruiser" (Marlin 2217)
Arranged by Gregg Diamond
Produced by Gregg Diamond & Godfrey Diamond
for Diamond Touch Prods, Ltd.

(P)1978 Marlin / T.K. Productions, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DOING THAT (FANCY DANCER)
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

●HOLDING BACK
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 (Lp all cuts) ]

Gregg Diamondは、70年代のディスコ・ミュージック・シーンで一世を風靡したペンシルバニア州白人男性ディスコ・プロデューサー、コンポーザー、ドラマー。Andrea True ConnectionBionic Boogieといったディスコ・プロジェクトを成功させた事で知られる。自身名義でのディスコ・ヒットに「Star Cruiser」(1978)など。

このシングルは1978年にMarlinから発売されたソロ名義でのファースト・アルバム「Star Cruiser」からのセカンド・シングル。プロデュースはGregg DiamondGodfrey Diamond。アレンジはGregg Diamond

DOING THAT (FANCY DANCER)
Bionic Boogieの延長線ともいえる作風の典型的なディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。オリジナル・タイトルは「Fancy Dancer」。

●HOLDING BACK
セッション・シンガーとして活躍していた白人男性ボーカリスト・Gordon Grodyがリード・ボーカルを務める作品で、アーバンな雰囲気を持ったミディアム・アップ・テンポのソウル・ディスコ・チューン。David SimmonsJackie Mooreなど、数多くのアーティストに取り上げられている作品で、これがオリジナル。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンと同テイク。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。