スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANETTE WORKMAN / SAVE ME (1976)

2011.01.18.Tue.15:29
nanette workman

SIDE A...BT-16065

SAVE ME

Time: 3:39
(A. Finaldi & N. Workman)
Produced by Nick Blagona, Angelo Finaldi,
Nanette Workman & Yves Martin
From Big Tree LP BT 89514

SIDE B...BT-16065

THE QUEEN

Time: 3:29
(A. Finaldi & N. Workman)
Produced by Nick Blagona, Angelo Finaldi,
Nanette Workman & Yves Martin
Mixed by Anita Wexler & Jimmy Douglas
From Big Tree LP BT 89514

(P)1976 Big Tree Records / Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●SAVE ME
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Nanette Workmanは、60年代から現在までカナダ・ケベック州を拠点に活躍を続けるニューヨーク出身の白人女性シンガー、ソングライター、女優。生粋のアメリカ人でありながら、フランス、カナダ・ケベック州といったフランス語圏でシンガー、女優として確固たる地位を確立。同時にイギリスでThe Rolling StonesJohn LennonElton Johnといったビッグ・アーティストのバック・ボーカリストとしても活動するという異色の経歴を持つ。主な大ヒット曲に「Et Maintenant」(1966)(Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Fleurs d'amour, fleurs d'amitié」(1968) (Tony Roman et Nanette Workman名義)、「Lady Marmalade」(1975)、「Danser Danser」(1975)、「Call Girl」(1982)など多数。

このシングルは1976年にBig Treeから全米発売されたアルバム「Nanette Workman」からのシングル・カット。プロデュースはNick BlagonaAngelo FinaldiNanette WorkmanYves Martin。カナダ録音。

●SAVE ME
本国カナダでは「Donne Donne」のタイトルでフランス語で発売されていたもので、 ギターとドラム、ベースだけのシンプルなバッキングで展開されるロッキッシュなファンク・ディスコ・チューン。

●THE QUEEN
ミディアム・テンポのファンキーなロック・ナンバー。

スポンサーサイト

KING ERRISSON / MANHATTAN LOVE SONG (1977)

2011.01.11.Tue.04:28
king errison-manhattan love song

SIDE A...WT 55409

MANHATTAN LOVE SONG
Time: 3:42
(Michael Theodore)
Arranged and Produced by
Dennis Coffey and Mike Theodore
"A TOM MOULTON MIX"
From Westbound LP WT 307

SIDE B...WT 55409

L.A. Bound
Time: 4:21
(Dennis Coffey & Cleveland Horne)
Arranged and Produced by
Dennis Coffey and Mike Theodore
"A TOM MOULTON MIX"
From Westbound LP WT 307

(P)1977 Westbound

BILLBOARD CHART ACTION
●MANHATTAN LOVE SONG
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

King Errissonは、ロサンゼルスを拠点に数多くの有名アーティストのバック・ミュージシャンとして活躍したバハマ出身の男性パーカッショニスト。Incredible Bongo Bandに参加していた事でも知られる。主な代表曲に「The Magic Man」(1976)、「Manhattan Love Song」(1977)など。

このシングルは1977年にWestboundから発売されたセカンド・アルバム「L.A. Bound」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはDennis CoffeyMike Theodore。リミックスはTom Moulton。ボーカルはC.J. & Co.Fantastic FourBrandyeのメンバーが参加。

●MANHATTAN LOVE SONG
アルバムでは10分にも及ぶロング・バージョンになっていた作品で、フィリー風のゴージャスなディスコ・サウンドにサルサのリズムを絡めた、ミディアム・アップ・テンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●L.A. Bound
Fantastic FourCleveland HorneDennis Coffeyの共作によるもので、スティールドラムを効果的に使ったラテン・タッチのメロディアスなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

CRYSTAL GRASS / HOT LOVE IN SPAIN / POROMPOMPERO (1978)

2011.01.09.Sun.01:06
crystal grass-hotlove in spain

SIDE A...SFL-2382

HOT LOVE IN SPAIN/POROMPOMPERO
Time: 4:14
(K. Barton/P. Solano/Ochaita & Rodriguez)
Produced by Lee Hallyday

SIDE B...SFL-2382

NEVER ON SUNDAY
Time: 3:11
(M. Hadjidakis)
Produced by Lee Hallyday

(P)1978 Philips

BILLBOARD CHART ACTION
●HOT LOVE IN SPAIN/POROMPOMPERO
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Crystal Grassは、フランス人プロデューサーLee Hallydayが手がけたフランスのディスコ・グループ。「Crystal World」(1974)「Lemmme See Ya Gitcher Thing Off, Baby」(1975)などのディスコ・ナンバーが、本国フランスだけでなく全米のディスコでも大ヒットした事で有名になり、メンバーだったRaymond Donnez(Don Ray)とLeroy Gomezが世界的に活躍するきっかけを作ったグループとして知られる。

このシングルは1978年にフランス・Philipsから発売されたアルバム「The Love Train」からのカット。プロデュースはLee Hallyday。アレンジはKarl Heinz Schäfer。ボーカルはKristi Barton。クレジットされていないが、演奏にはVoyageのメンバーが参加しているものと思われる。

●HOT LOVE IN SPAIN/POROMPOMPERO

スペインの男性シンガー・Manolo Escobarが大ヒットさせたフラメンコの名曲「El Porompompero」と、オリジナル曲「Hot Love In Spain」を組み合わせたもので、情熱的なフラメンコ・ギターと男性ボーカルが絡む、アップテンポのスパニッシュ・ディスコ・チューン。

●NEVER ON SUNDAY
1960年の大ヒット映画「Pote Tin Kyriaki(邦題・日曜はダメよ)」の主題歌として有名なポピュラー・ナンバーをディスコ・バージョンにしたもの。

L.B.S. / L.B.S. (1979)

2011.01.03.Mon.15:22
LBS-LBS.jpg

SIDE A...VB. 579

L.B.S.
Time: 4:10
(Doreen)
Mouse Music Production

SIDE B...VB. 579

HOW MUCH IS MUCH
Time: 3:45
(Doreen)
Mouse Music Production

(P)1979 Vogue (Belgium)

BILLBOARD CHART ACTION
●L.B.S.
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

L.B.S.は、「Dream Express」(1975)や「A Million in One, Two, Three」(1977)の大ヒットで一世を風靡したベルギーのポップ・ボーカル・グループ・Dream Expressの後身。メンバーはLuc SmetsBianca MaessenStella Maessenの3人。グループ名はメンバーの頭文字を組み合わせたもの。主なヒット曲に「L.B.S.」(1979)、「Get Out...Who's Next」(1980)。

このシングルは1979年にベルギー・Vogueから発売されたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはLuc Smets。シングル・オンリー。

●L.B.S.
Village People風のブラス・セクションから始まるイントロが印象的なミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。グループ名をそのままタイトルにしているが、それはDream Express時代にグループ名をタイトルにした曲が大ヒットした事にあやかったものではないかと思われる。

●HOW MUCH IS MUCH
Dream Express時代の大ヒット曲「Dream Express」を彷彿させるポップでキャッチーなメロディー・ラインをもったアップテンポのディスコ・ナンバー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。