スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET MUSIC / I GET LIFTED (1976)

2013.11.30.Sat.00:30
sweet music i get lifted

SIDE A...WND 11295

I GET LIFTED
Time: 2:50
(H. W. Casey/Rick Finch)
Produced by Kelli Arts Productions
for Thomas Associates, Inc.
Arranger: Leo La Branche

SIDE B...WND 11295

I GET LIFTED (INSTRUMENTAL)
Time: 2:53
(H. W. Casey/Rick Finch)
Produced by Kelli Arts Productions
for Thomas Associates, Inc.
Arranger: Leo La Branche

(P)1976 Wand / Scepter Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I GET LIFTED
[POP # - /R&B # 69 /DISCO # - ]


Sweet Musicは、K.C.& The sunshine Bandのバック・コーラスとして活動していた黒人女性3人組ソウル・ボーカル・グループ。「I Get Lifted」(1976)が唯一のシングルであり、ヒット曲。

●I GET LIFTED
1976年にScepter傘下Wandから発売された彼ら唯一のシングルであり、ヒット曲。プロデュースはKelli Arts Productions。アレンジはWet WillieSea Levelなどを手掛けたLeo LaBranche

George McCraeが1974年に放った大ヒット曲を、よりストレートなファンク・ディスコ・アレンジでカバーしたもの。じわじわと盛り上がるファンキーなサウンドと、力いっぱい歌い上げるソウルフルな女性ボーカルの組み合わせが最高な作品。West Wndレーベルの創設者・Mel Cherenによるリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルも発売され、ニューヨークのディスコを中心にヒットした。

A面はボーカル・バージョン。
B面はインストゥルメンタル・バージョン。

Mel Cherenのこの曲に対する思い入れが強く、1983年にはWest EndからSweet Life名義でリミックス・バージョンが発売されている。

D-R-U-M / LALABYE (1977)

2013.11.29.Fri.00:00
d-r-u-m-lalabye.jpg

SIDE A...SFL 2350

LALABYE
Time: 3:35
(Rosenthal-Cranes)
Produced by Robert John Lange

SIDE B...SFL 2350

STAY A LITTLE BIT LONGER
Time: 3:30
(R.J. Lange)
Produced by Robert John Lange

(P)1978 Merculy (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION

●LALABYE
[POP # - /R&B # - /DISCO # ]


D-R-U-Mは、AC/DCBackstreet BoysBritney Spearsなどを手がけたアフリカ・ザンビア共和国出身の白人男性プロデューサー・Robert John Langeが手がけたイギリスのディスコ・プロジェクト。「Lalabye」(1977)のヒットで知られる。

このシングルは1977年にイギリス・Ensignから発売されたファースト・シングル。プロデュースはRobert John Lange。日本・Mercury盤。

●LALABYE
個性的な声質を持つ男性ボーカルによる「La La・・・Lalabye Lalabye・・」という単純な歌詞の繰り返しや、哀愁感漂うメロディー・ラインが妙に印象的なラテン・タッチのディスコ・ナンバー。

本国イギリス以上に日本での反応が良く、オリコン・チャートで最高47位のスマッシュ・ヒットを記録。また、アメリカではSalsoul傘下Tom'n'jerryからTom Moultonによるリミックス・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売された。



MINOR TUNING BAND / SOUL KOREKKIRI DESUKA (1976)

2013.11.28.Thu.00:00
マイナーチューニングバンド

SIDE A...06SH 95

ソウルこれっきりですか
-歌謡ヒット・イン・ディスコ ’76-

横須賀ストーリー~きみ可愛いね~春一番~
春うらら~ねえ!気がついてよ~横須賀ストーリー~
想い出ぽろぽろ~およげ!たいやきくん~
ビューティフル・サンデー~木綿のハンカチーフ~
山口さんちのツトムくん~あなただけを~
横須賀ストーリー~セクシー・バス・ストップ~
横須賀ストーリー~北の宿
Time: 6:10
編曲)ヒーロー高田
演奏)マイナー・チューニング・バンド

SIDE B...06SH 95

ピーナッツ
Time: 4:13
作曲)J・ダイヤモンド
編曲)マリリン・モンロー・ハズバンド
演奏)マリリン・モンロー・ハズバンド

(P)1976 CBS/SONY Inc. (Japan)

CHART ACTION
●ソウルこれっきりですか
[Japan (Original Confidence) # 2]



●ソウルこれっきりですか
マイナー・チューニング・バンドは、数多くのヒット曲を手がけたソングライター、アレンジャー・高田弘が手がけた日本のディスコ・プロジェクト。実体はSadistics。2枚のシングルを発表しているが、大ヒット曲は「ソウルこれっきりですか」(1976)。

このシングルは1976年に日本・CBS/SONYから発売されたファースト・シングル。アレンジは高田弘ヒーロー高田)。ボーカルは伊集加代子。シングル・オンリー。

全国の有線放送からヒットに火がつき、オリコン・チャートで最高2位を記録した彼ら最大のヒット曲。山口百恵の大ヒット曲「横須賀ストーリー」をベースに、当時の日本のヒット曲13曲をメドレー形式のディスコ・バージョンにしたもの。後藤次利によるワウを効かせたブリブリとしたファンキーなベース・ラインがカッコイイ。

この曲の大ヒットを受け、急遽TV出演用に女性3人組コーラス・グループ・ウィルビーズ(主にアニメソングなどのコーラスで活躍)を起用。その後、オーディションを経て、女性3人組アイドル・グループ・アパッチを結成。正式なTV出演用メンバーとして起用された。

●ピーナッツ

マリリン・モンロー・ハズ・バンドは、元々はプロデューサー、アレンジャーの矢野誠と、TV構成作家として活躍したシンガーソングライター日野原幼紀を中心に結成されたバンド。ここでは殆ど実体はなく、ポンタ村上後藤次利など、スタジオ・ミュージシャンで構成されているものと思われる。

Dr. Dragon & The Oriental Expressが同年に放ったヒット曲のカバー。演奏メンバーがオリジナルと変わらないため、アレンジやサウンドに殆ど違いはないが、ここでは高中正義によるものと思われる爽快なギターサウンドが展開される。

EMLY STARR EXPLOSION / SANTIAGO LOVER (1978)

2013.11.27.Wed.00:00
emly.jpg

SIDE A...GS 36601

SANTIAGO LOVER

Time: 3:28
(Kick Dandy/Kick Dandy)
Produced by Kick Dandy
Arrangements Pino Marchese

SIDE A...GS 36601

SANTIAGO LOVER INSTRUMENTAL

Time: 3:28
(Kick Dandy/Kick Dandy)
Produced by Kick Dandy
Arrangements Pino Marchese

(P)1978 GIP (Netherlands)

BILLBOARD CHART ACTION
●SANTIAGO LOVER
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]



Emly Starrは、ベネルクス3国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)を拠点にヨーロッパ、日本で活躍したベルギー人女性ヴォーカリスト。黒人女性2人と黒人男性1人のバック・ダンサーを加えたEmly Starr Explosion名義での成功で知られる。主な大ヒット曲に「No No Sheriff」(1978)、「Santiago Lover」(1979)、「Samson (Samson & Delilah) 」(1981) など。

●SANTIAGO LOVER
1978年にオランダ・Dureco傘下GIPレーベルからEmly Starr Explosion名義で発売された第1弾シングル。プロデュースはKick Dandy。アレンジはPino Marchese。クレジットされていないがリミックスはTom Moulton。1980年発売のファースト・アルバム「Emly Starr」(日本盤タイトルは「The Best of Emly Starr Explosion" Do Svidaanja ”」)収録。

本国ベルギーでの大ヒット曲「No, No, Sheriff」(1978)に続くヒットを記録した彼女の代表曲の一つ。歌謡曲風のキャッチーなメロディー・ラインを持ったBoney M.風のダンサブルなディスコ・ナンバーで、ヨーロッパだけでなく日本でもディスコを中心に大ヒットとなった。

ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが制作され、本国で発売されたアルバムには同じロング・バージョンが収録されている。

A面はボーカル・バージョン。
B面はメロディー入りのカラオケ・バージョン。


HUDSON COUNTY / HEAVEN'S HERE ON EARTH (1976)

2013.11.26.Tue.00:00
hudson county

SIDE A...PB-10596

HEAVEN'S HERE ON EARTH
Time: 3:48
(John Mulrenan)
Produced by John Mulrenan for
Sunbar Production

SIDE B...PB-10596

WELCOME TO MY DREAM
Time: 4:20
(Richard Gomez)
Produced by John Mulrenan for
Sunbar Production

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●HEAVEN'S HERE ON EARTH
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]



Hudson Countyは、「Indian Giver」(1969)の大ヒットで知られるロック・バンド・1910 Fruitgum Companyのメンバーだった白人男性ギタリストRich Gomezと、ニュージャージー出身の白人男性ミュージシャン、プロデューサー・John Mulrenanを中心に結成された白人男性5人組ディスコ・ファンク・バンド。主な代表曲に、ディスコ・ヒットとなった「Heaven's Here On Earth」(1976)や、2006年にBBEから発売されたミックスCD「The Kings Of Diggin'-Muro / Kon & Amir」にも取り上げられたファンク・チューン「Bim Sala Bim」(1975)。

このシングルは1976年にRCAから発売された彼らのデビュー・シングル。プロデュースはJohn Mulrenan。シングル・オンリー。

HEAVEN'S HERE ON EARTH
日本では「スーパー・バス・ストップ」という邦題でシングル発売されたミディアム・アップ・テンポのポップなモダン・ソウル・ダンサー。ロック畑出身の白人グループとは思えないような黒いフィーリングを持った作品。ディスコ・ミックスはWarren Shartz

ロング・バージョンを収録したプロモーション用12インチ・シングルが制作された。

●WELCOME TO MY DREAM
かなり荒削りでイナたい雰囲気のミディアム・スロー・ナンバー。イントロで演奏がもたつく部分が気になるが、曲自体はスイートな甘茶ソウルといった感じで出来は悪くない。

The Disco Sound of ANDRE GAGNON / SURPRISE (1976)

2013.11.25.Mon.00:00
andre gagnon suprise

SIDE A...SN-90022

SURPRISE

Time: 4:36
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

SIDE B...SN-90022

DOUCE IMAGE
Time: 4:55
(Andre Gagnon)
Produced by Andre Gagnon and Pete Tessier

(P)1976 phase 4 stereo/Les Editions Musicales AGM Ltee

BILLBOARD CHART ACTION
●SURPRISE
[POP # - /R&B # - /DISCO # 30 ]


Andre Gagnonは、カナダや日本で活躍したカナダ・ケベック州出身の白人男性ピアニスト。特に日本ではヒーリング・ミュージックの草分け的存在として知られ、日本のTVドラマや映画の音楽を手がけるなど、幅広く活躍している。主な代表作に「Neiges」(1975)、「Impressions」(1983)、代表曲に「Wow」(1975)、「Comme Au Premier Jour」(邦題「めぐり逢い」)(1983)など多数。

このシングルは1976年にLondon傘下phase 4 stereoから発売されたシングル。プロデュースはAndre GagnonPete Tessier。シングル・オンリー。(1977年にイギリスで発売されたコンピレーション・アルバム「Surprise」にのみ収録)

●SURPRISE
前作「Wow」(1975)のディスコ・ヒットを受けて制作された作品で、イージーリスニング調のアンニュイで美しいメロディーを持ったアップテンポのインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。右チャンネルで展開されるファンキーなギター・リフが非常に印象的で、様々なアーティストの作品で取り入れられている。

ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルが発売され、全米のディスコでヒットとなった。

●DOUCE IMAGE

Paul MauriatSilvettiあたりを思わせる美しいピアノのメロディー・ラインを持ったイージーリスニング調のリズミカルなナンバー。

※イージーリスニング界の大御所であるにも関わらず、彼のディスコ期の作品は一部を除いて全くCD化されていない。

MADLEEN KANE / ROUGH DIAMOND (1977)

2013.11.24.Sun.14:54
Madleen

SIDE A...CBS 5994

ROUGH DIAMOND
Time: 3'55
(M. Ambruster / P. Duc / L. Melwing)
Arranged by Thor Baldurson & Tony Lester

SIDE B...CBS 5994

FEVER
Time: 3'58
(Davenport / Cooley)
Arranged by Thor Baldurson & Tony Lester

Engineers: Juergen Koopers Paul Scemama
Recorded at Gang & Ferber Studios
Executive Producer: Palamist
Photography: Gilles Ben Simon
A J.C. Friederich Production
Exclusive management: J. Marouani

(P)1978 CBS Inc. (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●ROUGH DIAMOND
[POP # - /R&B # - /DISCO # 3 ]


Madleen Kaneは、70年代後半から80年代にかけて、フランス、アメリカを拠点に世界的に活躍したスウェーデン人女性ボーカリスト、モデル。当時の日本でも人気があり、日本独自シングル「美しくなければ・・・」(1979)、「ビューティフル・クライム」(1980)がヒット、さらにはグラビア、TV、CMに出演するなど、幅広く活躍した。主なヒット曲に「C'est Si Bon」「Rough Diamond」(1977)、「Forbidden Love」(1979)、「You Can」(1981)など多数。

このシングルは1977年にフランス・CBS、1978年にアメリカ・Werner Bros.から発売されたファースト・アルバム「Rough Diamond」からのセカンド・シングル。プロデュースはMichaeleLana & Paul Sebastian。アレンジはThor BaldurssonTony Lester。ドイツ・ミュンヘンからスタジオ・ミュージシャンを呼び寄せ、フランスでレコーディングが行われている。

●ROUGH DIAMOND
フランスを中心にヨーロッパで大ヒット、日本やアメリカでもディスコを中心に大ヒットした、彼女の代表曲の一つ。キャッチーでシンプルなメロディー持ったアップテンポのファッショナブルなディスコ・ナンバー。

アメリカでは8分に及ぶリミックス・バージョンが制作され、これはプロモーション用12インチ・シングルにのみ収録され、一般発売はされていない。

※シングル盤のみコンポーザーのクレジットが異なっており、Michaele-L. & P. Sebastianの別名義・M. Ambruster / P. Duc / L. Melwingとなっている

●FEVER

1956年にアメリカの黒人男性シンガー・Little Willie Johnがヒットさせ、1958年にPeggy Leeのカバー・バージョンが大ヒットした事で有名になったポップ・スタンダードの名曲のリメイク。

原曲の持つ泥臭さを完全に削ぎ落とし、ヨーロッパ流の華麗で洗練されたファッショナブルなディスコ・アレンジでカバー。彼女のセクシーなウィスパー・ボイスも曲調にピッタリで、数多くあるカバー・バージョンの中でも、非常にオリジナリティの高い秀逸なバージョンに仕上がっている。アレンジャーのThor Baldurssonの高いセンスが光る。尚、良く聴くとわかるが、ドラムの2拍目と4拍目に彼女のセクシーな吐息が重ねられている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。アルバムではオリジナルの「Make Me Like It」をセットした12分に及ぶロング・バージョンとなっている。

ANN BYERS / THIS MAN IS RATED-X (1975)

2013.11.24.Sun.13:05
ann byers this man is rated X

SIDE A...PX 108

THIS MAN IS RATED-X
(Green-Harris)
Arranged by John Davis
Produced by Virtue/Walker

SIDE B...PX 108

GOTTA GET YOU BACK
(Hill-Jones)
Arranged by John Davis
Produced by Virtue/Walker

(P)1975 Power Exchange (U.K.)

BILLBOARD CHART ACTION

●THIS MAN IS RATED-X
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]



Ann byersは60年代前半から70年代中旬にかけてフィラデルフィアで活動していた女性ソウル・シンガー。主な代表曲に「Dead End」(1964)、「I'm Happy Without You」(1965)など。

このシングルは1975年にフィラデルフィアのローカル・レーベル・Virtueから発売されたシングル。プロデュースはFrank VirtueRonnie Walker。アレンジはJohn Davis。演奏はMFSB。シングル・オンリー。UK盤

●THIS MAN IS RATED-X
Leroy GreenNorman Harrisのペンによる作品で、やや荒削りでグルーヴィーなミディアム・アップ・テンポのフィリー・ディスコ・チューン。Prince Johnny Robinsonが「That Girl Is Rated-X」(1974)、Virtuesが「Doin' It」(1974)として発表した作品の別テイクでもあり、いずれもイギリスのディスコを中心にヒットとなっている。

●GOTTA GET YOU BACK
Lawrence HillRichard Jonesのペンによる作品で、彼女の語りとソウルフルなボーカルが生えるメロウなミディアム・スロー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。