DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

TONY ETORIA / I CAN PROVE IT (1977)

cxcxc.jpg

SIDE A...GT 89

I CAN PROVE IT
(Tony Etoria)
Produced by Don Schroeder

SIDE B...GT 89

ANGEL FOR LOVERS TO BE
(Tony Etoria)
Produced by Don Schroeder

(P)1977 GTO Records Ltd. (UK)

BILLBOARD CHART ACTION
● I CAN PROVE IT
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]


Tony Etoriaは、「I Can Prove It」(1977)のヒットで知られるイギリス・ウェールズ出身の黒人シンガー・ソングライター、ギタリスト。2枚のシングルを残した後、1980年代初頭にOsibisaに加入。ギタリストして在籍していたことでも知られる。

このシングルは1977年にイギリス・GTOから発売されたデビューシングル。James & Bobby PurifyCarl Carltonなどをてがけた白人プロデューサー Don Schroeder

● I CAN PROVE IT
UKチャートで最高27位を記録した、彼にとって唯一のヒット曲。ポップでキャッチーなメロディーラインに女性を勇気づけるポジティブでフェミニズムな歌詞が乗った、ミディアムテンポのメロウなソウル・ディスコ・チューン。1986年には、イギリスの黒人シンガーPhil Fearonによるカバー・バージョンがUKチャートで最高8位をを記録する大ヒットとなっている。

不運なことに、このヒットを受けてアルバム1枚分のレコーディングを行うもお蔵入り。後続のシングルも発売されず、結果的に一発屋となった。

ANGEL FOR LOVERS TO BE
当時のイギリスで流行していたノーザン・ソウル・スタイルのアップテンポのポップ・ソウル・チューン。

スポンサーサイト

THE HUGO & LUIGI MUSIC MACHINE / THE DISCO KISS (1977)

FullSizeRender_7.jpg


SIDE A...HL-4691

LOVE THEME FROM "THE GODFATHER"
Time: 3:29
(Nino Rota)
Produced by Hugo & Luigi
Arranged & Conducted by Juan Salazar

SIDE B...HL-4691

THE DISCO KISS
Time: 3:42
(Hugo & Luigi - George David Weiss)
Produced by Hugo & Luigi
Arranged & Conducted by Juan Salazar

(P)1977 H & L Records Corporation

BILLBOARD CHART ACTION
●THE DISCO KISS
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]


The Hugo & Luigi Music Machineは、Avco Records(後のH&L Records)の創設者であり、 ソングライターとしてTokensThe Isley BrothersElvis Presleyなどに大ヒット曲を提供し、プロデューサーとしてThe StylisticsVan McCoyを世に送り出したことで知られる白人プロデューサー、ソングライターLuigi CreatoreHugo Perettiによるプロジェクト。 The Hugo & Luigi Music Machine名義では3枚のシングルを残している。

このシングルは1977年にH & Lから発売された通算3枚目のシングル。プロデュースはLuigi CreatoreHugo Peretti。アレンジはニューヨークを拠点に活動していたキーボーディストでアレンジャーのJuan Salazar。シングル・オンリー。

●LOVE THEME FROM "THE GODFATHER"
1972年公開の大ヒット映画「The Godfather」のテーマ曲として制作され、日本を含む世界各国で大ヒットした「Love Theme from The Godfather (邦題:ゴッドファーザー 愛のテーマ)』をディスコ・バージョンにしたもの。あまりにも映画のイメージが強すぎる上、踊るには不向きなメロディだったたためか、ディスコでは全くヒットしなかった。

●THE DISCO KISS
Van McCoyが1975年に発表した大ヒットアルバム「The Disco Kid」のオープニングに収録され、日本独自でシングル・ヒットした同名曲を、タイトルと歌詞を変更しリメイクしたもの。「Kid」を「Kiss」に変更し、オリジナルよりもロマンティックなムードのオシャレなラテン・ディスコ・ナンバーに生まれ変わっている。

A面、B面ともに12インチ・バージョンをエディットしたもの。

THE BARONET / THE PELICAN DANCE (1973)

FullSizeRender_6.jpg

FACE A...6061 172

THE PELICAN DANCE l
Time: 2:56
(B. Estardy)
Strocco Productions

FACE B...6061 172

THE PELICAN DANCE ll
Time: 2:56
(B. Estardy)
Strocco Productions

(P)1973 Disques Fleche (France)

BILLBOARD CHART ACTION
●THE PELICAN DANCE
[POP # -/R&B # - /DISCO # -]


The Baronetは、フランスを拠点にBanzaiiL.E.B. Harmonyなどのディスコ・プロジェクトを手掛けたことで知られるフランス人オルガニスト、作曲家 Bernard Esterdyの変名プロジェクト。「The Pelican Dance」(1973)、「Le Téléphone」(1975)のヒットで知られる。

●THE PELICAN DANCE
1973年にフランス・Disques Flecheからリリースされたデビュー・シングル。プロデュース、アレンジはBernard Esterdy。1974年にアメリカ・Columbiaからボーカル入りのバージョンが全米リリースされている。

クラビネットによるシンプルなメロディの繰り返しがとてもキャッチーなインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。ディスコが一般的になる前のフランスでディスコ・ヒットを狙った作品であり、典型的なユーロ・ディスコの原型とも言える作品でもある。フランスの大御所シンガーClaude Francoisのバック・ダンサーLes Clodettesを起用し、TVなどで盛んにオンエアされたことで大ヒットとなった。また、このコラボレーションが功を奏し、Les Clodettesを起用したBanzaiiを結成。「Chinese Kung Fu」(1974)の大ヒットに繋がる。

A面とB面はそれぞれミックス違いを収録。

TRIBE / KOKE (1973)

FullSizeRender_1.jpg

SIDE A...ABC-11366

KOKE (Part l)
Time: 2:45
(D. Ervin)
Produced by Dee Ervin

SIDE B...ABC-11366

KOKE (Part ll)
Time: 2:51
(D. Ervin)
Produced by Dee Ervin

(P)1973 ABC Records

BILLBOARD CHART ACTION
●KOKE (Part l)
[POP # -/R&B # 56 /DISCO # -]


Tribeは、ニューヨークを拠点に活動していたプロデューサーBig Dee IrwinことDee ErvinEarl J. Foster, Jr.が手掛けた黒人白人混成男性5人組ファンク・バンド。当初は実体のないプロジェクトだったが、デビュー曲「Koke (Part 1)」(1973)のヒットを受けて実体化した。その他のヒット曲に「Tribe」(1974)など。

●KOKE
1973年にABCからリリースされた彼らのデビュー・シングル。プロデュースはDee Ervin。クレジットされていないがアレンジはGil Askey。すぐに「Smoke」に改題され、1974年発表のファースト・アルバム「Ethnic Stew」に収録されている。

元々はDee Ervinが手掛けた黒人女性ソウルシンガーGenie Brownが1973年に発表したアルバム「A Woman Alone」(1973)の収録曲「Can't Stop Talking」の後半のファンキーでダンサブルなブレイク部分をリミックスして引き伸ばしたもの。いわゆるディスコ・リミックスのはしりとも言える作品。やはり、ディスコを中心にヒットに火がつき、全米ソウルチャートで56位まで上昇するヒットを記録している。

A面は前半部分。
B面は後半部分。

ORAL CARESS / CHARLIE'S ANGELS DISCO VERSION (1977)

FullSizeRender_20171201142943a68.jpg

SIDE ONE...P&P 7-444 A

CHARLIE'S ANGELS DISCO VERSION
Written by: Elliot & Ferguson
Arranged by: Phillip Rogers
Produced by: Vivien Rogers For GIG, Inc.

SIDE TWO...P&P 7-444 B

WHY CAN'T OUR LOVE BE LIKE IT WAS BEFORE?
Written by: Phillip Rogers
Arranged by: Phillip Rogers
Produced by: Vivien Rogers For GIG, Inc.

(P)1977 P&P

BILLBOARD CHART ACTION
●CHARLIE'S ANGELS DISCO VERSION
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]


Oral Caressは、ニューヨークを拠点に活動していたプロデューサーでシンガーのVivian RogersとソングライターのPhillip Rogers(恐らく夫婦?)が手掛けたプロジェクト。「It's Funny」(1975?)と「Charlies Angels Disco Version」(1977)の2枚のシングルを残している。

このシングルは1977年にP&Pからリリースされた通算2枚目のシングル。プロデュースはVivian Rogers。アレンジは Phillip Rogers

●CHARLIE'S ANGELS DISCO VERSION

一世を風靡した人気TVドラマ「Charlies Angel」のテーマ曲をディスコ・バージョンにしてカバーしたもの。ディスコ・ビートが強調されている以外は、比較的オリジナルに忠実な仕上がりとなっている。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。12インチは13分20秒もの特大ロングバージョンとなっていたが、ここでは7分30秒まで短縮されている。

WHY CAN'T OUR LOVE BE LIKE IT WAS BEFORE?
Phillip Rogersのペンによるスイートでメロウなソウル・バラード。ボーカルも恐らくPhillip Rogers自身ではないかと思われる。ソウルファンの間で人気の高い作品のひとつ。




Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。