FC2ブログ

DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年01月
ARCHIVE ≫ 2018年01月
      

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

AL DOWNING / I'LL BE HOLDING ON (1974)

FullSizeRender_4.jpg

SIDE A...CH 2158

I'LL BE HOLDING ON
Time: 3:07
(Al Downing-Lance Quinn-Andrew Smith)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

SIDE B...CH 2158

BABY LET'S TALK IT OVER
Time: 3:21
(Al Downing)
Produced by Tony Bongiovi-Meco & Jay Ellis
for DCA Productions & GRT Corporation

(P)1974 Chess

BILLBOARD CHART ACTION
● I'LL BE HOLDING ON
[POP # 85 /R&B # 31 /DISCO # 1

Al Downing (Big Al Downing)は、60年代から90年代にかけて、主にカントリー・ミュージック・シーンで高い人気を誇ったオクラホマ州出身の黒人男性シンガーソングライター、ピアニスト。「Dream World」(1974)や「Doctor Boogie」(1978)のヒットで知られるDon Downingは兄弟。主なヒット曲に「You Never Miss Your Water」(1963)、「I'll Be Holding On」(1974)、「Mr. Jones」(1978)、「Touch Me (I'll Be Your Fool Once More)」(1979)、「Bring It On Home」(1982)など多数。

1974年にChessから発売されたシングル。プロデュースはGloria Gaynorなどを手掛けたTony BongioviMeco MonardoJay EllisからなるDCA Productions。アレンジはAndrew Smith。リミックスはTom Moulton

●I'LL BE HOLDING ON
全米ディスコチャートで3週連続1位を記録、ポップチャート、ソウルチャートでもヒットを記録した彼の代表曲であり、初期のディスコシーンを代表する作品。 カントリー・シンガーというバックグラウンドがあるだけに、バンジョーを効果的に使ったカントリー・テイストを存分に取り入れた、ユニークなディスコ・ナンバーに仕上がっている。元々は1974年初頭にJanusレーベルから発売され、後にTom Moultonによってリミックスされ、Chessレーベルから再発売されたもの。

このシングル・バージョンは、Tom Moultonによるリミックス・バージョンをエディットしたもの。バージョン違いのシングルが複数存在し、Janusレーベルから発売された2分50秒のオリジナルバージョンを収録したシングル、Chessから発売されたTom Moultonによる5分36秒のリミックスバージョンを収録したシングル、Tom Moulton Mixを短くエディットした3分7秒のバージョンを収録したシングル、日本でリリースされた5分48秒のTom Moulton Mixのフルバージョンを収録したシングルがある。

●BABY LET'S TALK IT OVER
渋い語りからスタートするイントロ、楽曲の展開と共に盛り上がっていくソウルフルな情熱的なボーカルが最高なスイートなソウル・ナンバー。当初はこちらがシングルのA面だったが、プロモーション段階で「I'll Be Holding On」のヒットに火がつき、B面に差し換えられた。

スポンサーサイト

HEAVEN & EARTH / NO LIMIT (1978)

FullSizeRender_5.jpg

SIDE A...74013

GUESS WHO'S BACK IN TOWN
Time: 3:51
(Lawrence Hanks / Rodney G. Massey)
Produced by Rodney G. Massey and Lawrence Hanks
Executive Producer: Clarence Johnson for
Fountain Productions
From Mercury's Album SRM-1-3722
"HEAVEN & EARTH"

SIDE B...74013

NO LIMIT
Time: 3:41
(Rodney G. Massey / Lawrence Hanks)
Produced by Rodney G. Massey and Lawrence Hanks
Executive Producer: Clarence Johnson for
Fountain Productions
From Mercury's Album SRM-1-3722
"HEAVEN & EARTH"

(P)1978 Mercury

BILLBOARD CHART ACTION
● GUESS WHO'S BACK IN TOWN
[POP # - /R&B # 42 /DISCO # -]


Heaven & Earthは、シカゴを拠点に活動していた黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。何度かメンバーチェンジを行っているが、1978年時点のメンバーはDwight DukesJames DukesKeith StewardDean Williams。主な代表曲に「No Limit」(1978)、「I Really Love You」(1981)など。メンバーのDwight DukesKeith Stewardは1982年にCashmereを結成。「Do It Anyway You Wanna」(1983)、「Can I」(1983)などのヒットを飛ばしている。

このシングルは1978年にMercuryから発売されたセカンド・アルバム「Heaven & Earth」からのシングル・カット。プロデュースは、後にOmniを結成するRodney MasseyLawrence Hanks。 アレンジはLawrence Hanks

GUESS WHO'S BACK IN TOWN
彼ら最大のヒット曲であり、代表曲のひとつ。シカゴ出身のソウル・グループらしい爽やかさと甘さを兼ね備えたドリーミーなソウル・バラード。

NO LIMIT
ポップでキャッチーなメロディ・ラインを持った華やかな曲調のメロウなディスコ/ソウル・ナンバー。発売当時はシングルのB面だったためにヒットには至っていないが、後にディスコ・リバイバルの流れで再評価。今では彼らの代表曲として知られるようになった。尚、Breakwaterが同時期にリリースしたヒット曲とは同名異曲。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンよりも少し早目にフェードアウトしたもの。


QUARTZ / BEYOND THE CLOUDS (1978)

FullSizeRender_2.jpg

SIDE A...3328

BEYOND THE CLOUDS
Time: 3:45
(C. Quartz-M.Gazzola)
Produced by C. Quartz
From the LP "Quartz" (Marlin 2216)

SIDE B...3328

FOR GEROMINE
Time: 4:36
(P. Langlade)
Produced by C. Quartz
From the LP "Quartz" (Marlin 2216)

(P)1978 Marlin

BILLBOARD CHART ACTION
● BEYOND THE CLOUDS
[POP # - /R&B # 52 /DISCO # 21]


Quartzは、コンテンポラリー・クラシック音楽界で活躍し、日本ではTV番組やCMなどで使用される機会の多い世界的大ヒット曲「Concerto Para Uma Vozふたりの天使)」(1969)の作者として知られるフランス人作曲家 Saint-Preuxが手掛けたフランスのエレクトロ・ディスコ・プロジェクト。プロデューサーのChris Quartzは彼の変名。主なヒット曲に「Beyond The Clouds」(1978)など。

このシングルは1978年にフランス・Vogue、アメリカ・Marlinから発売されたファーストアルバム「Quartz」からのシングルカット。

●BEYOND THE CLOUDS
The Ritchie Familyの「Life Is Music」(1977)などのヒット曲を手掛けたフランス人ソングライターMax GazzolaSaint-Preuxのペンによる作品で、アシッド・ハウス風の中毒性の強いシンセサイザーに派手なピアノリフが絡む、アバンギャルドなエレクトリック・ディスコ・チューン。インストゥルメンタルであり、やや難解な曲調のユーロ・ディスコであるにも関わらず全米ソウルチャートで52位まで上昇するヒットを記録、全米ディスコチャートでも最高21位とまずまずの成績を収めている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

FOR GEROMINE
ピアノとシンセサイザーによる美しいメロディーが奏でられるイージーリスニング風のスロー・ナンバー。Andre Gagnonのようなイメージの作品。

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。