スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONNIE OLIVER/COME INSIDE MY LOVE(1979)

2007.01.16.Tue.22:52
20070109222835.jpg


SIDE A...5N-34006

COME INSIDE MY LOVE(Vocal)
Time: 3:44
(Lonnie Johnson)
Produced by Wiley Hicks
for Locked-In Productions Inc.
A Product Of Virlie Records Inc.
Mix by Savarese

SIDE B...5N-34006

COME INSIDE MY LOVE (Instrumental)
Time: 3:44
(Lonnie Johnson)
Produced by Wiley Hicks
for Locked-In Productions Inc.
A Product Of Virlie Records Inc.
Mix by Savarese

(P)1979 LeJoint/Virlie Records Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●COME INSIDE MY LOVE
[POP # -/R&B # -/DISCO # 89]

Bonnie Oliverは、ニューヨークを拠点にセッション・シンガーとして活動していた女性ボーカリスト。1979年に発売された彼女唯一のシングル「Come Inside My Love」と、The Originalsのアルバム「Come Away With Me」(1980)にバック・ボーカリストとしてクレジットされている以外の活動は不明。

COME INSIDE MY LOVE
1979年にLondon傘下LeJointから発売された彼女唯一のシングル。プロデュースはWiley Hicks。リミックスはTom Savarese

ディスコ・プロデューサーLonnie Johnsonが手がけたディスコ・プロジェクトThe Shade Of Loveが1979年に発表したディスコ・ナンバー「Come Inside」のカバー・バージョン。基本的にはオリジナルを踏襲した作りとなっており、豪華なオーケストレーションにスペイシーなシンセサイザーが乱舞するアッパーなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

A面はボーカル・バージョン。
B面は派手なオーケストレーションとシンセサイザーが中心のインストゥルメンタル。実際クラブ・プレイ向きなのはこちらのバージョン。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。