スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRENDA AND THE TABULATIONS / (I'M A) SUPERSTAR(1977)

2007.01.23.Tue.20:31
20070120210008.jpg


SIDE A...CC 009

(I'M A) SUPERSTAR
Time: 3:37
(John Davis)
Produced by Gilda Woods & John Davis for Jilmor Prods.
Arranged by John Davis

SIDE B...CC 009

TAKE IT OR LEAVE IT
Time: 3:40
(Evie Sands-B. Weisman-R. Germinaro)
Produced by Gilda Woods & John Davis for Jilmor Prods.
Arranged by John Davis

(P)1977 Chocolate City Records,Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●(I'M A) SUPERSTAR
[POP # -/R&B # 31 /DISCO # 18]

Brenda & The Tabulationsは、リード・ボーカルを務めるBrenda Paytonを中心とするフィラデルフィアの黒人男女混成ソウル・ボーカル・グループ。Brenda以外のメンバーは流動的であり、グループ名を残しただけの殆どソロ状態での活動時期がある。主なヒット曲に「Dry Your Eyes」(1967)、「Right On The Tip Of My Tongue」(1971)など多数。

このシングルは1977年にCasablanca傘下Chocolate Cityから発売されたラスト・アルバム「I Keep Coming Back For More」からのセカンド・シングル。プロデュースはGilda WoodsJohn Davis。アレンジはJohn Davis

(I'M A) SUPERSTAR
アルバムのオープニングを飾る、タイトル通りのゴージャスかつファンキーなフィラデルフィア・ディスコ・チューン。ここで聴かれる彼女のハイテンションで元気一杯のボーカルからは「完全復活」に対する強い意気込みが伝わってくる。

このシングル・バージョンは、アルバム・バージョンとは若干異なるシングル・ミックス。

TAKE IT OR LEAVE IT
しっとりとしたムードのスロー・バラード。スピナーズあたりを思わせる曲調に、彼女の少し鼻にかかったような巧みなボーカルがこの曲をさらに素晴らしいものにしている。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。