スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EASTBOUND EXPRESSWAY/NEVER LET GO(1978)

2007.02.14.Wed.15:25
20070130164503.jpg

SIDE A...AVI 237 S

NEVER LET GO
Time: 3:30
(I. Levine-F. Trench)
Produced by: Ian Levine
Mixed by Rick Gianatos for Voltafine Productions
Arranger: Fiachra Trench

SIDE B...AVI 237 S

CLOUDBURST
Time: 3:18
(I. Levine-P. Wilson)
Produced by: Ian Levine & Paul David Wilson
for Voltafine Productions
Arranger: Paul David Wilson

(P)1978 AVI Records

BILLBOARD CHART ACTION
●NEVER LET GO
[POP # -/R&B # 87/DISCO # 27]

Eastbound Expresswayは、イギリスのノーザン・ソウル・シーンを牽引した人気DJであり、ディスコ・プロデューサーとしても活躍したIan Levineが手がけたディスコ・プロジェクト。初期はファンキーなオーケストラル・ディスコ路線でスタートしたが、時代の流れに合わせてハイエナジー/ユーロビート路線へシフト。さらに女性ボーカルを3人起用し、結果的に世界のディスコ・シーンにおいて大成功を収めた。主なヒット曲に「Never Let Go」(1978)、「Primitive Desire」(1983)、「Knock Me Senseless」「You're A Beat」(1986)など。

このシングルは1978年にAVIから全米発売されたファースト・アルバム「Eastbound Expressway」からのカット。

NEVER LET GO
Ian Levineがプロデュース、Fiachra Trenchがアレンジを手がけた作品で、ボコーダーを絡ませたフェイズ・ギターのフレーズがとてもグルーヴィーなファンキー・ディスコ・チューン。当時からアンダーグラウンド・ディスコ/ガラージ・クラシックとして人気のあった作品だったが、近年は数多くのDJによって取り上げられMix Tapeに収録されるなど、常にカルト的人気を誇っている作品。

未発表だが、「My Clame To Fame」(1978)のディスコ・ヒットで知られる黒人男性ボーカリストJames Wellsによるボーカル・バージョンが存在する。

CLOUDBURST
1977年にイギリス・Comtempoから発売されたデビュー曲。プロデュースはIan LevinePaul David Wilson

クラシック風のオーケストラ・アレンジがなされたマイナー調のインストゥルメンタル・ディスコ・チューン。イントロの渋いベースラインとチャカポコとしたパーカッションによるファンキーなブレイク部分が印象的。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。