DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ VICKI SUE ROBINSON/DAYLIGHT(1976)TOPVICKI SUE ROBINSON ≫ VICKI SUE ROBINSON/DAYLIGHT(1976)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

VICKI SUE ROBINSON/DAYLIGHT(1976)

20070220212613.jpg

SIDE A...PB-10775

DAYLIGHT
Time: 3:20
(B. Womack-H. Payne)
(from the"Vicki Sue Robinson"album,APL 1-1829)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions,Inc.

SIDE B...PB-10775

NEVER GONNA LET YOU GO
Time: 2:59
(Warren Schatz)
(from the"Never Gonna Let You Go"album,APL 1-1256)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions,Inc.

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●DAYLIGHT
[POP # 91/R&B # 63/DISCO # 9]


Vicki Sue Robinsonは、「Turn The Beat Around」(1976)や「Hold Tight」(1977)などのディスコ・ヒットで知られるニューヨーク出身の女性ボーカリスト。デビュー前はミュージカルを中心に活躍し、日本のシンガーソングライター下田逸郎サディスティック・ミカ・バンドと共に日本で音楽活動をしていた。

このシングルは1976年にRCAから発売されたセカンド・アルバム「Vicki Sue Robinson」からのシングル・カット。プロデュース、アレンジはWarren Schatz

DAYLIGHT
Bobby Womackが1975年に放った大ヒット曲のカバー。オリジナルはライト・ディスコ調のシンプルな作品だったが、こちらは派手なオーケストレーションを導入し、さらにビートを強調したグルーヴィーなファンキー・ディスコ・チューンに仕上がっている。何より彼女の表情豊かなボーカルが素晴らしい。

このシングル・バージョンはアルバム、12インチ・バージョンのイントロで聴かれる彼女のセリフをカットしたシングル・ミックス。

NEVER GONNA LET YOU GO
1975年にRCAから発売されたデビュー・シングルの再録。1976年発売のファースト・アルバム「Never Gonna Let You Go」収録。

一度聴いたら覚えてしまうほどキャッチなメロディー・ラインを持つ、アップテンポのポップなディスコ・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。