DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ FIST-O-FUNK ORCHESTRA/NEW YORK STRUT(1977)TOPFIST-O-FUNK ORCHESTRA ≫ FIST-O-FUNK ORCHESTRA/NEW YORK STRUT(1977)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

FIST-O-FUNK ORCHESTRA/NEW YORK STRUT(1977)

20070310012016.jpg

SIDE A...FFDJ-007

NEW YORK STRUT
Time: 4:48
(Misevis-James)
Prod: K. Misevis
Arr: T.C. James
A.Prod. J. Misevis

SIDE B...FFDJ-008

THE FEELING
Time: 3:50
(Misevis)
Prod: K. Misevis
Arr: T.C. James
A. Prod. U. Misevis

(P)1977 Fist-O-Funk Ltd.

BILLBOARD CHART ACTION
●NEW YORK STRUT
[POP # -/R&B #- /DISCO # -]

Fist-O-Funk Orchestraは、ニューエイジ/ヒーリング・ミュージック界で活躍するクラシック・ピアニストKevin MisevisTom C.Jamesが手がけたディスコ・プロジェクト。「New York Strut」(1976)のカルト・ヒットで知られる。

このシングルは1976年に彼らが設立した音楽出版社Fist-O-Funk Ltd.から発売されたファースト・シングル。プロデュースはKevin MisevisUlla Misevis。アレンジはTom. C. James。プロモーション段階ではClassy Dance Orchestra名義だったが、一般発売時に改められた。

NEW YORK STRUT
1940年代風のレトロでノスタルジックなニューヨークを感じさせる、ムーディでファッショナブルなオーケストラル・ディスコ・チューン。サルサのリズムを取り入れた、ラテン・タッチのアレンジが施されているにも関わらず、Salsoul Orchestraの亜流にならないところはさすが。彼らのセンスの高さと個性による部分が大きいのだろう。

DJ.MiloのミックスCD「Live at the cat club 1979」で取り上げられ、中盤のブレイク部分が効果的にミックスされている。

THE FEELING
Silvettiの作品を思わせるイージーリスニング風のディスコ・チューン。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。