DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPDALIDA ≫ DALIDA/RIO DO BRASIL(1980)

DALIDA/RIO DO BRASIL(1980)

20070323221134.jpg

FACE 1...49.641

RIO DO BRASIL
Time: 3:55
(C. Level/M. Camison/C. Carrere)
Arr.et Dir.Orch.Mat CAMISON
Editions ATLANTE/CARRERE
Production ORLANDO/INTERNATIONAL SHOWS

FACE 2...49.641

QUAND S'ARRETENT LES VIOLONS
Time: 3:50
(C. Lemesle/J.D. Bonny/R. Candiotti)
Arr.et Dir. Tony RALLO
Editions ATLANTE/CARRERE
Production ORLANDO/INTERNATIONAL SHOWS

(P)1980 I.S. Orlando Records/Carrere(France)

BILLBOARD CHART ACTION
●RIO DO BRASIL
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Dalidaは、50年代から80年代にかけてフランスで最も高い人気を誇ったエジプト出身のイタリア人女性ボーカリスト、女優。シャンソン、カンツォーネを中心に数多くの大ヒットを飛ばし、時代の流れに乗ってディスコ路線へ転向。フランスにおけるディスコ・ブームの火付け役、ディスコの女王として、一大センセーションを巻き起こした。主な大ヒット曲に「Bambino」(1956)、「Paroles... paroles..」(1973)、「Génération 78」(1978)、「Laissez-moi danser」(1979)など多数。

このシングルは1980年にフランス・I.S. Orlandoから発売されたシングル。

RIO DO BRASIL
彼女の人気絶頂期に発売された大ヒット曲。ディスコ・ミュージックに本格的なブラジリアン・サンバを合体させるという、かなり実験的な試みがなされたゴージャスなナンバー。アレンジはMat Camison。ロング・バージョンを収録した12インチ・シングルも制作された。

QUAND S'ARRETENT LES VIOLONS
岩崎宏美あたりがやりそうな歌謡曲風のディスコ・ナンバー。アレンジはTony Rallo

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム