DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPSYLVIA ≫ SYLVIA/LAY IT ON ME(1977)

SYLVIA/LAY IT ON ME(1977)

20070522002204.jpg

SIDE A...Vl 570A

LAY IT ON ME(Vocal)
Time: 3:52
(T. Keith, M. Moore, R. Tate, S. Robinson)
Produced by: Sylvia, Donnie Kerr, T.Keith
From LP "Love Is Strange"

SIDE B...Vl 570B

LAY IT ON ME (Instrumental Version)
(Sylvia's Theme)

Time: 3:52
(T. Keith, M. Moore, R. Tate, S. Robinson)
Produced by: T.Keith

(P)1977 VIBRATION/PLATINUM RECORD CO,INC.

BILLBOARD CHART ACTION
●LAY IT ON ME
[POP # - /R&B #65 /DISCO # -]

Sylvia Robinsonは、Mickey & Sylviaのメンバーとして活躍し、ソロ転向後も「Pillow Talk」(1973)などの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。プロデューサーとしてThe MomentsThe WhatnautsSugarhill Gangなどをスターダムに伸し上げ、自らが立ち上げたレーベルAll PlatinumSugarhillを成功させるなど、多方面で実績を残す天才キャリア・ウーマンとしても知られる。

LAY IT ON ME
1977年にVibrationから発売されたアルバム「Lay It On Me」(当初は「Love Is Strange」のタイトルでリリース予定だった)からの先行シングル。プロデュースはTommy Keith(The Rimshots)。

ややディスコ・タッチのタイトなリズムに、華やかで印象的なストリングスのフレーズが絡むミディアム・テンポのメロウなナンバー。彼女のセクシーでコケティッシュなボーカルも絶妙な素晴らしい作品。

A面はボーカル・バージョン。
B面はシングル・オンリーのインストゥルメンタル・バージョン。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム