DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ SHALAMAR/TAKE THAT TO THE BANK(1978)TOPSHALAMAR ≫ SHALAMAR/TAKE THAT TO THE BANK(1978)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

SHALAMAR/TAKE THAT TO THE BANK(1978)

20070811174946.jpg

SIDE A...YB-11379

TAKE THAT TO THE BANK
Time: 3:25
(L. Sylvers-K. Spencer)
(from the "Disco Gardens"album,BXL1-2895)
Produced by Dick Griffey and Leon Sylvers
Rhythm arranged by Gene Page, Leon Sylvers and Dick Griffey
Horns & Strings arranged by The Wizard

SIDE B...YB-11379

SHALAMAR DISCO GARDENS
Time: 3:44
(J. Daniels)
(from the "Disco Gardens"album,BXL1-2895)
Produced by Dick Griffey and Leon Sylvers
Rhythm arranged by Gene Page, Leon Sylvers and Dick Griffey
Horns & Strings arranged by The Wizard

(P)1978 Solar Records/Dick Griffey Productions

BILLBOARD CHART ACTION
●TAKE THAT TO THE BANK
[POP # 79 /R&B # 11 /DISCO # - ]

Shalamarは、アメリカの人気TV番組「Soul Train」のダンサーとして活躍していたメンバーで結成された黒人男女3人組ボーカル・グループ。1978年当時のメンバーはJody WatleyJeffrey DanielsGerald Brown(元Soul Train Gang)。当初は実体のないディスコ・プロジェクトだったが、ダンサーだった彼らをボーカルとして起用した事で一気にブレイク。数多くの大ヒット曲で一世を風靡した。主な大ヒット曲に「Uptown Festival」(1977)、「The Second Time Around」(1979)、「Make That Move」(1981)、「A Night To Remember」(1982)など多数。

このシングルは1978年にSolarから発売されたセカンド・アルバム「Disco Gardens」から。プロデュースはDick GriffeyLeon Sylvers。アレンジはGene PageLeon SylversDick Griffey

●TAKE THAT TO THE BANK
彼らがリード・ボーカルとして起用された最初の作品であり、ボーカル・グループとしての実質的な出世作。Jody WatleyGerald Brownの個性的なツイン・リード・ボーカルで聴かせる、とても煌びやかでキャッチーなメロディーを持つアップテンポのポップなディスコ・ナンバーで、この曲のヒットにより、The Sylversのメンバーとして活動していたLeon Sylversがプロデューサー、アレンジャーとして業界内で大きくクローズ・アップされるきっかけとなった。

●SHALAMAR DISCO GARDENS
アルバムのタイトル・チューンとして制作されたNorman Whitfield風のグルーヴィーなファンク・ディスコ・チューン。意外な事にダンス担当のメンバーJeffrey Danielsが書き上げた作品。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。