スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKIP MAHOANEY & THE CASUALS/AND IT'S LOVE(1976)

2007.09.08.Sat.16:45
20070811175004.jpg

SIDE A...ABET 9465

WHERE EVER YOU GO
Time: 3:47
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie
For Dancer Productions

SIDE B...ABET 9465

AND IT'S LOVE
Time: 3:15
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie
For Dancer Productions

(P)1976 abet/Nashboro Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●WHERE EVER YOU GO
[POP # - /R&B # 60 /DISCO # - ]

Skip Mahoaney & The Casualsは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男性ボーカリストSkip Mahoaneyを中心に結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはSkip MahoaneyTracy ReidJulius RogersElwood Morgen。1974年発売のファースト・アルバム「Your Funny Moods」が熱心なソウル・ファンの間で高く評価されている。

このシングルは1976年にNashboro傘下abetから発売されたセカンド・アルバム「Land of Love」からの先行シングル。プロデュース、アレンジはJames Purdie。ワシントンDCでレコーディング、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでミックス・ダウンが行われている。

●WHERE EVER YOU GO
彼らの作品の中でもソウル・ファンの間で高い評価を受けているスウィートなムードのスロー・バラード。Stylisticsを思わせる曲調だが、Skip Mahoaneyによる個性的なファルセット唱法によって、全く違った異なる個性を感じさせる、素晴らしい仕上がりとなっている。

●AND IT'S LOVE
フィリー・ソウルの影響を強く受けた音作りがなされたアップ・テンポのソウル/ディスコ・チューン。ソウル・ファンの間では評価がわかれるところだが、ストレートなダンス・ミュージックとしては充分に楽しめる内容となっている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンとはイントロのミックス・ダウンが異なる。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。