DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPLOGG ≫ LOGG/(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING(1981)

LOGG/(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING(1981)

20070220212518.jpg

SIDE A...S7 2156 DJ STEREO

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
Time: 3:59
(L. Burgess-J. Calloway-S. Davenport)
(From The Salsoul LP SA 8544 "Logg")
Produced By Greg Carmichael And Leroy Burgess
Arranged And Conducted By Leroy Burgess
Mixed By Greg Carmichael And John Morales

SIDE A...S7 2156 DJ MONO

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
Time: 3:59
(L. Burgess-J. Calloway-S. Davenport)
(From The Salsoul LP SA 8544 "Logg")
Produced By Greg Carmichael And Leroy Burgess
Arranged And Conducted By Leroy Burgess
Mixed By Greg Carmichael And John Morales

(P)1981 Salsoul Record Corp

BILLBOARD CHART ACTION
●(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
[POP # -/R&B # -/DISCO # -]

Loggは、Black Ivoryの元メンバーであり、コンポーザー、プロデューサーとして活躍していたLeroy Burgessと、ディスコ・プロデューサーGreg Carmichaelが手がけたディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルはLeroy Burgess。グループ名のLoggとはLeroyGregを掛け合わせたもの。主な代表曲に「I Know You Will」「Dancing Into The Stars」「(You've Got)That Something」(1980)など。

(YOU'VE GOT)THAT SOMETHING
1980年にSalsoulから発売された唯一のアルバム「Logg」からのセカンド・シングル。プロデュースはGreg CarmichaelLeroy Burgess。アレンジはLeroy Burgess

Leroy Burgessによるセクシーで魅力的なボーカルやメロディー・メイカーとしての卓越したセンス、アレンジャーとしての才能が見事に結実した、非常に完成度の高いファンキー・タッチのニューヨーク・ディスコ・チューン。サビの「Keeps me goin', keeps me goin'~」の部分がとても印象的。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム