スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOUNDS OF INNER CITY/MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(1976)

2007.10.30.Tue.21:43
20071002211833.jpg

SIDE A...WES 1202

MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(VOCAL)
Time: 3:20
Writers(Art Vallee-Max Spickol-Peter DeAngelis)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana Jr.
For Vallee DeAngelis Productions
A TOM MOULTON MIX
Recorded At Sigma-N.Y.
Engineer: Jay Mark
Mastered At Frankford Wayne,N.Y. By Jose Rodriguez
SOUNDS OF INNER CITY Featuring Dick Lee

SIDE B...WES 1202

MARY HARTMAN, MARY HARTMAN(INSTRUMENTAL)
Time: 6:19
Writers(Art Vallee-Max Spickol-Peter DeAngelis)
Produced, Arranged & Conducted By Vincent Montana Jr.
For Vallee DeAngelis Productions
A TOM MOULTON MIX
Recorded At Sigma-N.Y.
Engineer: Jay Mark
Mastered At Frankford Wayne,N.Y. By Jose Rodriguez
SOUNDS OF INNER CITY

(P)1976 West End

BILLBOARD CHART ACTION
●MARY HARTMAN, MARY HARTMAN
[POP # - /R&B # -/DISCO # 22]

Sounds Of Inner Cityは、プロデューサー、ソングライター、アレンジャーとして活躍していたヴァイヴ奏者のVincent Montana,Jr.が手がけたワン・ショット・ディスコ・プロジェクト。リード・ボーカルを務めるDick Lee(世界的に活躍するシンガポール人男性ボーカリストとは同名異人)については不明。「Mary Hartman, Mary Hartman」(1976)が唯一のディスコ・ヒット。

●MARY HARTMAN, MARY HARTMAN
1976年にWestendから発売されたシングル。プロデュース、アレンジはVincent Montana,Jr.。演奏はThe Salsoul Orchestra

当時、アメリカで大ヒットしていたコメディー・ドラマ「Mary Hartman, Mary Hartman」をモチーフにしたミディアム・テンポの軽快なフィリー・ディスコ・チューン。

A面はショート・ボーカル・バージョン。
B面はロング・インストゥルメンタル・バージョン。12インチ・シングルではこちらがA面となっている。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。