DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPCLAUDJA BARRY ≫ CLAUDJA BARRY/TAKE IT EASY(1977)

CLAUDJA BARRY/TAKE IT EASY(1977)

20071002211724.jpg

SIDE A...S7 2065

TAKE IT EASY
Time: 3:32
(Forsey-Bjoerklund)
(from the Salsoul LP SA 5525 “CLAUDJA“)
Produced by Jurgen S. Korduletsch
"A TOM MOULTON MIX"

SIDE B...S7 2065

JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
Time: 2:55
(Evers-Korduletsch)
(from the Salsoul LP SA 5525 “CLAUDJA“)
Produced by Jurgen S. Korduletsch
"A TOM MOULTON MIX"

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●TAKE IT EASY
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

●JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
[POP # - /R&B # -/DISCO # 6]

Claudja Barryは、70年代から80年代にかけてドイツを拠点に世界的な成功を収めたジャマイカ生まれカナダ育ちの黒人女性ボーカリスト。「Sweet Dynamite」(1976)、「Boogie Woogie Dancin' Shoes」(1978)、「Down And Counting」(1986)などの世界的ディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1977年にSalsoulから全米発売されたセカンド・アルバム「Claudja」からのシングル・カット。プロデュースはJurgen S. Korduletsch。リミックスはTom Moulton。録音はミュンヘンとフィラデルフィア。

●TAKE IT EASY
Keith ForseyMats Bjoerklundのペンによるポップス調のメロディー・ラインを持ったアップ・テンポのディスコ・ナンバー。イントロの男性の語りは同じドイツの黒人男性ボーカリストRonnie Jonesによるもの。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは別テイクのシングル・ミックスとなっている。

●JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
ヨーロッパ、アメリカのディスコで大ヒット、さらに日本でも「愛しのジョニー」の邦題でシングル・ヒットを記録した、彼女の初期の代表曲の一つ。ヨーロピアン・ポップス調のキャッチーなメロディ・ラインを持ったアップ・テンポのディスコ・ナンバーで、Sylvie Vartanによるフランス語カバー「Disco Queen (Johnny, Johnny Please Come Home)」(1978)でも知られる作品。

このシングル・バージョンはアメリカ盤アルバム・バージョンをエディットしたもの。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム