スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAUDJA BARRY/TAKE IT EASY(1977)

2007.10.31.Wed.21:55
20071002211724.jpg

SIDE A...S7 2065

TAKE IT EASY
Time: 3:32
(Forsey-Bjoerklund)
(from the Salsoul LP SA 5525 “CLAUDJA“)
Produced by Jurgen S. Korduletsch
"A TOM MOULTON MIX"

SIDE B...S7 2065

JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
Time: 2:55
(Evers-Korduletsch)
(from the Salsoul LP SA 5525 “CLAUDJA“)
Produced by Jurgen S. Korduletsch
"A TOM MOULTON MIX"

(P)1977 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●TAKE IT EASY
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

●JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
[POP # - /R&B # -/DISCO # 6]

Claudja Barryは、70年代から80年代にかけてドイツを拠点に世界的な成功を収めたジャマイカ生まれカナダ育ちの黒人女性ボーカリスト。「Sweet Dynamite」(1976)、「Boogie Woogie Dancin' Shoes」(1978)、「Down And Counting」(1986)などの世界的ディスコ・ヒットで知られる。

このシングルは1977年にSalsoulから全米発売されたセカンド・アルバム「Claudja」からのシングル・カット。プロデュースはJurgen S. Korduletsch。リミックスはTom Moulton。録音はミュンヘンとフィラデルフィア。

●TAKE IT EASY
Keith ForseyMats Bjoerklundのペンによるポップス調のメロディー・ラインを持ったアップ・テンポのディスコ・ナンバー。イントロの男性の語りは同じドイツの黒人男性ボーカリストRonnie Jonesによるもの。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンとは別テイクのシングル・ミックスとなっている。

●JOHNNY, JOHNNY PLEASE COME HOME
ヨーロッパ、アメリカのディスコで大ヒット、さらに日本でも「愛しのジョニー」の邦題でシングル・ヒットを記録した、彼女の初期の代表曲の一つ。ヨーロピアン・ポップス調のキャッチーなメロディ・ラインを持ったアップ・テンポのディスコ・ナンバーで、Sylvie Vartanによるフランス語カバー「Disco Queen (Johnny, Johnny Please Come Home)」(1978)でも知られる作品。

このシングル・バージョンはアメリカ盤アルバム・バージョンをエディットしたもの。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。