スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAMILTON BOHANNON/LET'S START THE DANCE(1978)

2007.11.18.Sun.20:13
20071110170811.jpg

SIDE A...74015

LET'S START THE DANCE
Time: 3:37
Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon
From Mercury's Album SRM-1-3728
"SUMMERTIME GROOVE"

SIDE B...74015

I WONDER WHY
Time: 3:18
Written, Arranged, Directed and
Produced by Hamilton Bohannon
From Mercury's Album SRM-1-3728
"SUMMERTIME GROOVE"

(P)1978 Mercury/Phonogram, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●LET'S START THE DANCE
[POP # 101 /R&B # 9 /DISCO # 7 ]

Hamilton Bohannonは、60年代から80年代にかけて活躍した黒人男性シンガー・ソングライター、プロデューサー、ドラマー。かつてはモータウン専属のドラマー、アレンジャーとして活躍し、Stevie Wonderのツアー・バンドに在籍していた事でも知られる。主なヒット曲に「Disco Stomp」(1975)、「Foot Stompin' Music」(1975)、「Let's Start The Dance」(1978)など多数。

このシングルは1978年にMercuryから発売されたアルバム「Summertime Groove」からのカット。メイン・ボーカルはHamilton BohannonCarolyn Crawford

●LET'S START THE DANCE
全米ソウル・チャートで最高9位まで上昇、世界的なディスコ・ヒットとなった彼にとって最大のヒット曲。メイン・ボーカルを務めるCarolyn Crawfordのハイテンションでファンキーなボーカルが強烈で、「Get on up and dance now!!」のフレーズはどこかで聴いた事があるはず。とにかくホットでファンキー、黒光りするグルーブが最高なファンク・ディスコ・チューン。

1981年には彼自身が設立したレーベルPhase llから発売された、WDAS-FMの人気DJだったDr. Perri Johnsonのラップをフューチャーしたリミックス・バージョン「Let's Start ll Dance Again」も大ヒットしている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたものだが、イントロ部分が乱雑で違和感が残る酷いものとなっている。その為、日本を始めとする各国で独自のシングル・バージョンが作られた。

●I WONDER WHY
ジャジーなムードを持つギターのメロディーを中心とする、しっとりとしたスロー・ナンバー。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。