スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SANTA ESMERALDA Starring Leroy Gomez/DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD(1977)

2007.12.06.Thu.21:01
santa esmeralda-don t let me be misunderstood

SIDE A...NB 902

DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
Time: 3:48
(B. Benjamin-S. Marcus-G. Caldwell)
From the Casablanca Album NBLP 7080
"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD"
Produced by Nicolas Skorsky & Jean Manuel de Scarano
A Fauves-Puma Production

SIDE B...NB 902

YOU'RE MY EVERYTHING
Time: 3:48
(J.M. de Scarano-N. Skorsky-L. Gomez)
From the Casablanca Album NBLP 7080
"DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD"
Produced by Nicolas Skorsky & Jean Manuel de Scarano
A Fauves-Puma Production

(P)1977 Casablanca Record and FilmWorks, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
[POP # 15 /R&B # - /DISCO # 4 ]

Santa Esmeraldaは、フランス人プロデューサーNicolas SkorskyJean Manuel de Scaranoが手がけたフランスのディスコ・グループ。ディスコ・ミュージックにスパニッシュ・ロック、フラメンコのテイストを融合させるという音作りが非常にユニークだった。 主なヒットに「Don't Let Me Be Misunderstood」(1977)、「The House Of Rising Sun」(1978)、「Another Cha Cha」(1979)など。

このシングルは1977年にCasablancaから発売されたファースト・アルバム「Don't Let Me Be Misunderstood」からのカット。プロデュースはNicolas SkorskyJean Manuel de Scarano。アレンジはDon Ray。リード・ボーカルはLeroy Gomez

DON'T LET ME BE MISUNDERSTOOD
イギリスのロック・バンドThe Animalsが1965年に大ヒットさせた名曲を、スパニッシュ・タッチのディスコ・バージョンにしてリメイクしたもの。フラメンコ・ギターを前面に押し出した、エキゾチックでパワフルなディスコ・サウンドと、ソウルフルで哀愁感が漂うLeroy Gomezのリード・ボーカルによって、オリジナルとはまた違った魅力とパワーを持った作品に生まれ変わっている。結果的に日本を含む世界32カ国で大ヒット。全世界で400万枚以上の売り上げを記録した。

このシングル・バージョンはアメリカ盤独自のシングル・エディット。

YOU'RE MY EVERYTHING
Leroy Gomez自身のペンによる哀愁感漂うスロー・バラード。彼らが発表した数少ないバラードの中でもひと際完成度の高い作品。因みにフランス盤とアメリカ盤ではバージョンが全く異なる。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。