DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPMASAYOSHI TAKANAKA ≫ MASAYOSHI TAKANAKA/SWEET AGNES(1976)

MASAYOSHI TAKANAKA/SWEET AGNES(1976)

takanaka-sweet agnes

SIDE D...DKQ 1004

東映映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」主題曲
スイート・アグネス
SWEET AGNES
Time: 4'38"
(TAN TAN 作詞/高中正義 作編曲)
Director: 安室克也
Mixer: 大野 進

SIDE S...DKQ 1004

東映映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」挿入曲
トーキョー・レギー
TOKYO LEGGY
(高橋ユキヒロ 作詞/高中正義 作編曲)
Director: 安室克也
Mixer: 大野 進

(P)1976 Kitty Records(Japan)


高中正義(Takanaka)は、Sadistic Mika BandSadisticsのメンバーとして活躍し、ソロとしても数多くのヒット・アルバムで一世を風靡した、日本を代表するギタリスト、コンポーザー、レコード・プロデューサー。主な代表曲には「Ready To Fly」(1977)、「Blue Lagoon」(1979)、「Finger Dancin'」(1980)など多数。アメリカ、フランスなど、世界各国でレコードが発売されている。

このシングルは1976年8月に日本・Kitty Recordsから発売されたソロ・デビュー・シングル。同年夏に公開され大ヒットしたアグネス・ラム主演映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」のサウンド・トラックとして制作されたもの。安室克也プロデュース作品。

●スイート・アグネス
当時、人気モデルとして活躍していたアグネス・ラムのイメージをそのまま表現した、ハワイアン風味の爽やかなポップ・ディスコ・チューン。サビのパワフルで個性的な女性ボーカルはTAN TAN(森野多恵子)。彼のトレード・マークでもある独特のギター・サウンドを強調せず、あくまでバックのサウンドに溶け込んでおり、彼自身が発表した楽曲の中でも異色の作品となっている。翌1977年に発売されたセカンド・アルバム「Takanaka」に収録された。

●トーキョー・レギー
1976年に発売されたソロ・デビュー・アルバム「Seychelles」からカットされたアップ・テンポの軽快なボーカル・ナンバー。リード・ボーカルは高中正義。バック・コーラスは井上陽水Tan Tan

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム