スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIMMY "BO" HORNE/SPANK(1978)

2008.01.17.Thu.21:00
jimmy bo horne-spank

SIDE A...SSE 1007 A

SPANK
Time: 3:24
(Ronald L. Smith)
Produced by: R SMITH, H.W. CASEY & R. FINCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES, INC

SIDE B...SSE 1007 B

I WANNA GO HOME WITH YOU
Time: 3:55
(H.W. Casey R. Fitch)
Produced by CASEY/FITCH
for SUNSHINE SOUND ENTERPRISES, INC

(P)1978 Sunshine Sound Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SPANK
[POP # - /R&B # 55 /DISCO # 48 ]

Jimmy "Bo" Horneは、「Gimme Some(Pt. 1)」(1975)や「Dance Across The Floor」(1978)のロング・ヒットで知られるフロリダ出身の黒人男性ボーカリスト。1968年のデビューから80年代前半まで一貫してT.K.Productionに在籍しており、発表した作品の大半がHarry Wayne CaseyRichard Finchのプロデュースによるもの。

このシングルは1979年にSunshine Sound Recordsから発売されたアルバム「Goin' Home For Love」からの先行シングル。プロデュースはK.C. & The Sunshine BandのメンバーRonald L. SmithHarry Wayne CaseyRichard Finch

●SPANK
1980年に発売されたリミックス・バージョンが「Super Disco Breaks Vol.6」に収録されるなど、ブレイクビーツのネタとしても人気のディスコ・クラシック。Chicの大ヒット曲「Dance, Dance, Dance」(1977)のベース・ラインを取り入れるなど、いかにも王道なディスコ・アレンジがなされているが、よくよく聴くとホーン・セクションやリズム・セクションはややジャズ・ファンク風で、ソウルフルなリード・ボーカルと相まって、かなり黒っぽいディスコ・ナンバーに仕上がっている。

なお、ミックス違いの12インチ・シングルが3種類存在するが、このシングル・バージョンは1978年に発売された一番最初の12インチ・シングル(SSD-205)をエディットしたもの。

I WANNA GO HOME WITH YOU
1978年にSunshine Sound Recordsから発売されたアルバム「Goin' Home For Love」からのカット。K.C. & The Sunshine Bandがバックを務める典型的マイアミ・サウンド。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。