DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPFOUR TOPS ≫ FOUR TOPS / THE SHOW MUST GO ON (1977)

FOUR TOPS / THE SHOW MUST GO ON (1977)

four tops-the show must go on

SIDE A...AB-12315

THE SHOW MUST GO ON
Time: 4:01
(Edited From the LP "THE SHOW MUST GO ON")
(Lawrence Payton/Fred L. Bridges/Lawrence R. Payton)
PRODUCED BY LAWRENCE PAYTON
John V. Allen, Arranger

SIDE B...AB-12315

RUNNIN' FROM YOUR LOVE
Time: 3:14
(From the LP "THE SHOW MUST GO ON")
(Lawrence Payton/Fred L. Bridges)
PRODUCED BY LAWRENCE PAYTON
Lawrence Payton, Arranger

(P)1977 ABC Records, Inc

BILLBOARD CHART ACTION
●THE SHOW MUST GO ON
[POP # - /R&B # 84 /DISCO # - ]


Four Topsは、60年代から80年代にかけて数多くの大ヒット曲で一世を風靡した、初期Motownを代表する黒人男性4人組ソウル・コーラス・グループ。メンバーはAbdul "Duke" FakirRenaldo "Obie" BensonLawrence PaytonLevi Stubbs。主な大ヒット曲に「I Can't Help My Self(Sugar Pie Honey Bunch)」「It's the Same Old Song」(1965)、「Reach Out, I'll Be There」(1967)、「Ain't No Woman (Like the One I've Got)」(1973)など。

このシングルは1977年にABCから発売されたアルバム「The Show Must Go On」からのカット。プロデュースはLawrence Payton

THE SHOW MUST GO ON
前作「Cat Fish」(1976)でディスコ路線への転向に成功し、さらに前作以上にディスコ色を強めた作品がこの曲。当時のThe O'JaysThe Originalsあたりを思わせるアップテンポのストレートなディスコ・ナンバーに仕上がっている。

このシングル・バージョンはアルバムに収録されていたロング・バージョンをエディットしたもの。

●RUNNIN' FROM YOUR LOVE
K.C. & The Sunshine Bandに代表されるマイアミ・サウンド風の音作りがなされたややファンキー・タッチのミディアム・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム