DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPBETTY WRIGHT ≫ BETTY WRIGHT / WHERE IS THE LOVE (1975)

BETTY WRIGHT / WHERE IS THE LOVE (1975)

betty wright-where is the love

SIDE A...3713 Vocal

WHERE IS THE LOVE (long Version)
Time: 3:55
(H.W. Casey-R. Finch-W. Clarke-B. Wright)
Produced by W. Clarke & H.W. Casey
Arranged by H.W. Casey & R. Finch
Horn Arranged by: Mike Lewis & Willie Clarke
From the LP "DANGER HIGH VOLTAGE" (Alston 4400)

SIDE B...3713 Vocal

MY BABY AIN'T MY BABY ANYMORE
Time: 3:00
(Reid-Clarke-Wright)
Arranged by: Clarence Reid
Horn & Strings Arranged by: Mike Lewis
Produced by: Willie Clarke & Clarence Reid

(P)1975 Alston Records

BILLBOARD CHART ACTION
●WHERE IS THE LOVE
[POP # 96 /R&B # 15 /DISCO # 2]

Betty Wrightは、60年代から現在まで第一線で活躍を続けるマイアミ出身の黒人女性シンガー・ソングライター、プロデューサー。主な大ヒット曲に「Clean Up Woman」(1971)、「Baby Sitter」(1972)、「Dance With Me」(1978)(with Peter Brown)など。Gwen McCraeJoss Stoneなどのプロデュースを手がけた事でも知られる。

このシングルは1974年にT.K.傘下Alstonレーベルから発売されたアルバム「Danger, High Voltage」からのカット。

●WHERE IS THE LOVE
1975年度グラミー賞ベスト・R&B・ソング部門を受賞した彼女の代表曲の一つ。プロデュースはWillie ClarkeHarry Wayne Casey

ドライブ感のあるカッティング・ギターとタイトなブラス・セクション、ファンキーな感覚を持ったパワフルなボーカルで盛り上がるアッパーなファンク・ディスコ・チューン。ラストのパワフルなコンガ・ブレイクが始まるところでフェード・アウトされ、非常にイイところで終わってしまうのがこの曲のポイント。

●MY BABY AIN'T MY BABY ANYMORE
彼女の語りで始まるメロディアスなミディアム・ソウル・バラード。かなり演歌的で渋い作品。プロデュースはWillie ClarkeClarence Reid

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム