スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLOWER / CLASSICAL LOVE (1979)

2008.02.18.Mon.14:36
flower-classical love

SIDE A...S45-1871 (MC8770E)

CLASSICAL LOVE
Time: 3:50
(Richie Rome-Russ Faith)
From the MCA LP, MCA-3153, "HEAT"
Produced by Richie Rome For R &R Productions
Executive Producers: David Chackler & Stuart Alan Love
For CCI Productions
Arranged And Conducted by Richie Rome

SIDE B...S45-1871 (MC8771E)

OUR NEVER ENDING LOVE
Time: 3:50
(Richie Rome-Russ Faith)
From the MCA LP, MCA-3153, "HEAT"
Produced by Richie Rome For R &R Productions
Executive Producers: David Chackler & Stuart Alan Love
For CCI Productions
Arranged And Conducted by Richie Rome

(P)1979 MCA Montage Records/MCA Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●CLASSICAL LOVE
[POP # -/R&B #- /DISCO # - ]

FlowerCheryl Saban)は、Playboyのモデルとして活躍し、「How」(1979)のディスコ・ヒットを持つ白人女性ボーカリスト、モデル。夫はアメリカを代表する実業家・Haim Saban。後に心理学者、実業家へ転身。サバン・ファミリー財団を設立し、慈善事業で成功を収めたことはあまりにも有名。

このシングルは1979年にMCA Montageから発売されたセカンド・アルバム「Heat」からのカット。プロデュース、アレンジはRichard Rome

●CLASSICAL LOVE
タイトル通り、クラシカルで華麗なオーケストラ・アレンジが非常に素晴らしい、アップテンポのレトロな雰囲気のポップ・ディスコ・チューン。ここでは彼女のボーカルはかなり抑え目となっており、バック・ボーカルのハーモニーにうまく溶け込んでいる。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

●OUR NEVER ENDING LOVE
A面同様にクラシカルで華麗なオーケストレーションを前面に押し出した、アップテンポのメロディアスなポップ・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンをエディットしたもの。

コメント
美しい!
こういったストリングスの美しさがDISCOの醍醐味ですよね^^

このFlowerは知りませんでしたが、同じくカナダ人ボーカルのPatsy GallantのCDを何年か前に発見した時大喜びしました。
フランスの影響もある為か、カナダのDISCOはヨーロッパテイストな気がしますね。
FlowerはDavid Foster絡みのAOR路線のファーストアルバムが人気の女性シンガーなんですが、この曲が収録されたセカンド・アルバムは「レトロでクラシカルなヨーロピアン・ディスコ路線」で、Richie Romeさんの豪華なオーケトレーションと彼女の甘いボーカルが堪能できる良いアルバムですよ。

Patsy Gallantはカナダの国民的人気歌手ですから
、カナダではいっぱいCDが出てますよね。僕は「Sugar Daddy」や「O Michel」が好きです。彼女も確かにユーロ・ディスコな曲が多いですね。
Patsy!
Patsy Gallantもそれまで全く知らず、アルバム"Patsy!"のジャケットを見て、「もしやこれは???」という勘で買いました(笑)

歌うジャンルも幅も広いみたいですし、カナダの美空ひばり的ですね^^
自分も「Patsy!」で彼女を知りました。確か、フリーソウルでしたっけね。あの、スキャットの曲が取り上げられて人気が出たとかで。

そのうちPatsyの7インチを手に入れた時は紹介しますね。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。