DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPESTHER WILLIAMS ≫ ESTHER WILLIAMS / YOURS AND YOURS ALONE (1978)

ESTHER WILLIAMS / YOURS AND YOURS ALONE (1978)

esther williams-yours and yours alone

SIDE A...F 130

YOURS AND YOURS ALONE
Time: 3:09
(Joe Wheeler)
Arranger: Eddie Drennon
Producer: Joe Bana

SIDE B...F 130

WOULD IT MATTER
Time: 3:04
(Eddie Drennon)
Arranger: Eddie Drennon
Producer: Joe Bana

(P)1978 Friends & Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●YOURS AND YOURS ALONE
[POP # -/R&B # 90 /DISCO # - ]

Esther Williamsは、「Last Night Changed It All(I Really Had A Ball)」(1976)や「I'll Be Your Pleasure」(1981)などのディスコ・クラシックで知られ、現在はジャズ・シンガーとして活動しているブルックリン出身の黒人女性ボーカリスト。「Let's Do The Latin Hustle」(1975)のヒットを持つEddie Drennon & B.B.S.Unlimitedにボーカルで参加していた事でも知られる。

このシングルは1978年にFriends & Co.から発売されたセカンド・アルバム「Bustin' Out」からのカット。プロデュースはJoe Bana。アレンジはEddie Drennon

●YOURS AND YOURS ALONE
彼女の代表曲「Last Night Changed It All(I Really Had A Ball)」と共に人気のあるミディアム・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。フィリー・ソウル風の流麗なオーケストレーションにラテン・タッチのリズムが絡むハートウォーミングな作品。

WOULD IT MATTER
こちらはEddie Drennonのペンによるポップなメロディー・ラインを持ったミディアム・テンポのメロウなディスコ・ナンバー。

Comment

おおっ!
編集
美しく、ゆるーい感じがいいですね^^
2008年02月22日(Fri) 21:29
編集
たまにはこんなゆるい曲もいいですよね!
2008年02月22日(Fri) 22:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム