DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPBOBBY THURSTON ≫ BOBBY THURSTON / CHECK OUT THE GROOVE (1980)

BOBBY THURSTON / CHECK OUT THE GROOVE (1980)

bobby thurston-check out the groove

SIDE A...PRL 8011 Promo

CHECK OUT THE GROOVE
Time: 3:50
(R. Brown, W. Lester)
FROM THE LP - YOU GOT WHAT IT TAKES
PRL 12174
Edit by Francois K.
Arranged by Rodney Brown
Produced by Willie Lester & Rodney Brown
for MAINLINE PRODUCTIONS
A Product of Prelude Records

SIDE A...PRL 8011 Promo

CHECK OUT THE GROOVE
Time: 3:50
(R. Brown, W. Lester)
FROM THE LP - YOU GOT WHAT IT TAKES
PRL 12174
Edit by Francois K.
Arranged by Rodney Brown
Produced by Willie Lester & Rodney Brown
for MAINLINE PRODUCTIONS
A Product of Prelude Records

(P)1980 Prelude Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CHECK OUT THE GROOVE
[POP # -/R&B # - /DISCO # 5 ]

Bobby Thurstonは、「You Got What It Takes」(1980)のスマッシュ・ヒットで知られるワシントンDC出身の黒人男性ボーカリスト。Preludeレーベル在籍のシンガーの中で最も実力のあるシンガーとして評価されている。

●CHECK OUT THE GROOVE
1980年にPreludeから発売されたファースト・アルバム「You Got What It Takes」からのセカンド・シングル。プロデュースはWillie LesterRodney Brown。アレンジはRodney Brown。リミックスはFrancois Kevorkian

当時の典型的なプレリュード・サウンドにソウルフルなボーカルが絡むアップ・テンポの爽快なファンク・ディスコ・チューン。ディスコ・クラシック、ガラージ・クラシックとしても有名だが、特にイギリスのソウル・ファンの間で人気が高い。

Comment

こんばんは!
編集
You Got What It Takesもそうですけど、この曲も出だしでやられますね^^
爽快なメロの中にもFUNK的な要素もあって気持ちいい曲です。

しかしUK盤はけっこういい値段ついてますね。欲しいなぁ。
2008年03月05日(Wed) 00:14
編集
そうですね。かなりツボをついた音作りがなされているので、身体が動きますね!!

この頃のWillie LesterとRodney Brownプロデュース作品にはハズレがないですよ。
2008年03月05日(Wed) 11:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム