スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DONNA SUMMER / SPRING AFFAIR (1976)

2008.04.06.Sun.16:47
donna summer-spring affair

Side 1...NB 872 (NB 873-A)

SPRING AFFAIR
Time: 3:39
(Summer / Moroder / Bellotte)
From the Casablanca Lp,"Four Seasons of Love",NBLP 7038
An OASIS Recording Produced by
Giorgio Moroder and Pete Bellotte

Side 2...NB 872 (NB 872-B)

COME WITH ME
Time: 4:20
(Moroder / Bellotte)
From the OASIS Lp, "A Love Trilogy",OCLP 5004
An OASIS Recording A Say Yes Production by
Giorgio Moroder and Pete Bellotte

(P)1976 Casablanca Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION

●SPRING AFFAIR
[POP # 58 /R&B # 24 /DISCO # 1(Lp All Cuts) ]

●COME WITH ME
[POP # - /R&B # - /DISCO # 7 ]

Donna Summerは、"The Queen Of Disco"と呼ばれ、数多くの大ヒット曲で一世を風靡した黒人女性ボーカリスト。Giorgio Moroderの強力なバックアップを受け、ディスコだけでなく、ポップス、ロック、バラードまで幅広いレパートリーで大ヒット曲を連発し、数多くの賞を獲得。名実共に世界を代表するトップ・ボーカリストにまで登りつめた。アメリカ人でありながら、ドイツを拠点に世界的な成功を収めた事でも話題になった。主な大ヒット曲に「Love To Love You Baby」(1975)、「I Feel Love」(1977)、「MacArthur Park」(1978)、「Hot Stuff」「Bad Girls」「No More Tears(Enough Is Enough)」(1979)など多数。

●SPRING AFFAIR
1976年にCasablancaから全米発売され、ディスコ・アルバムとしては異例のコンセプト・アルバムとして話題を呼んだ4作目「Four Seasons of Love」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。アレンジはThor Baldursson。ドイツ録音。

数多くのDJによってプレイされ、サンプリング・ネタとして使用されるなど、彼女が発表した作品の中でも隠れ名曲として人気のあるディスコ・クラシック。当時のミュンヘン・ディスコ系のレコードは、いかにもドイツらしい重く暗い曲調の作品が多かったが、この曲は非常にアメリカンナイズされた流麗かつ軽快なミディアム・テンポのディスコ・ナンバーに仕上がっている。さらに女性らしい感性と視点で書かれた彼女自身のペンによる丁寧な歌詞も素晴らしい。

●COME WITH ME
1976年にCasablanca/Oasisから全米発売されたサード・アルバム「A Love Trilogy」からのカット。プロデュースはGiorgio MoroderPete Bellotte。アレンジはGiorgio Moroder

のラストに収められていたマイナー調のアップテンポのディスコ・ナンバー。メロディ・ラインがいかにも歌謡曲風で、当時の日本ではこの曲のほうが受けが良かったらしい。

コメント
こんばんは
復帰お待ちしておりました!
のっけからGood Choiceですね!
またよろしくどーぞ^^
こちらこそお待たせしました!
やっぱり春の一発目はこの曲じゃないと!またよろしくです^^

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。