スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE EASTERN GANG / MAGIC EYES (1980)

2008.06.06.Fri.21:38
eastern gang-magic eyes

SIDE 1...VIH-1072

MAGIC EYES
Time: 4'25
(BPM 128)
(Mark Barkan-Reid Whitelaw-Tetsuji Hayashi)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
for Invitation VICTOR & Samurai Music Corp.
Composed & Arranged by Tetsu "Tycoon" Hayashi

SIDE 2...VIH-1072

GREEN & BLUE
Time: 3'56
(Mark Barkan-Tetsuji Hayashi)
(BPM 126)
Produced by Satoshi "Hustle" Honda
for Invitation VICTOR & Samurai Music Corp.
Composed & Arranged by Tetsu "Tycoon" Hayashi

(P)1980 Invitation (Japan)

BILLBOARD CHART ACTION
●MAGIC EYES
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

The Eastern Gangは、日本人ディスコ・プロデューサーSatoshi "Hustle" Hondaと、当時新進気鋭の作曲家として注目されていた林哲司の二人が手がけた日本のディスコ・プロジェクト。主なヒット曲に「Dynamic Dynosaur」「It's So Nice」(1978)(Bella & The Original Eastern Gang名義)、「Flasher」(1979)など。日本だけでなくヨーロッパ、カナダなどの世界各国でレコードが発売されている。

このシングルは1980年に日本・Invitationから発売されたセカンド・アルバム「Magic Eyes」からの先行シングル。プロデュースはSatoshi "Hustle" Honda。アレンジは林哲司。ボーカルはアメリカの黒人女性3人組ボーカル・グループThe Sophisticates

●MAGIC EYES
Elvis PresleySonny & Cherなどを手がけたMark BarkanReid Whitelawのペンによるマイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。全米のディスコで大ヒットしていたUltimateの「Ritmo De Brazil」(1979)にそっくりな作品。

●GREEN & BLUE
アルバムB面すべてを使った組曲「Colors Of Love Medley」からの一曲。こちらもA面同様、マイナー調のメロディアスなディスコ・ナンバー。
コメント
こんばんは
Niceなイントロですね。パーカッションが途中から入ってくるあたりはたまりませんんね^^

日本人の繊細さが垣間見れる作品ですね!
ボクもイントロが良いなあと思ってセレクトしました☆。ただこのシングルもアルバムも激レアなのが難点です。早くCD化して欲しいものですね。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。