スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRENDA & THE TABULATIONS / LET'S GO ALL THE WAY (Down) (1977)

2008.07.28.Mon.00:00
brenda  the tabulations-lets go all the way down

SIDE A...CC 012

I KEEP COMING BACK FOR MORE
Time: 3:30
(Norman Harris-George Guess-Ron Tyson)
Produced by Norman Harris & Gilda Woods for Jilmor Prods.
Arranged by Norman Harris

SIDE B...CC 012

LET'S GO ALL THE WAY (Down)
Time: 3:41
(Bobby Eli-Vinnie Barrett)
Produced by Bobby Eli & Gilda Woods for Jilmor Prods.
Arranged by Talmadge Conway

(P)1977 Chocolate City Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I KEEP COMING BACK FOR MORE
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

Brenda & The Tabulationsは、リード・ボーカルを務めるBrenda Paytonを中心とするフィラデルフィアの黒人男女混成ソウル・ボーカル・グループ。Brenda以外のメンバーは流動的であり、グループ名を残しただけの殆どソロ状態での活動時期がある。主なヒット曲に「Dry Your Eyes」(1967)、「Right On The Tip Of My Tongue」(1971)など多数。

このシングルは1977年にCasablanca傘下Chocolate Cityから発売されたラスト・アルバム「I Keep Coming Back For More」からのカット。演奏はMFSB

I KEEP COMING BACK FOR MORE
Norman Harrisがプロデュース、アレンジを手がけたアップ・テンポのフィラデルフィア・ディスコ・チューン。「私は何度だってカムバックするわ!」というポジティブなタイトルとは裏腹に、彼女自身はこの作品を最後に引退している。

●LET'S GO ALL THE WAY (Down)
Bobby Eliがプロデュース、T.G. Conwayがアレンジを手がけたミディアム・テンポのファンキーなディスコ・ナンバー。フィリー特有のゴージャスな華やかさはそれ程感じられないが、Earl Youngのパワフルなドラムスを基調とした荒削りなファンキー・タッチのサウンドが心地良い。

フィリー録音では珍しく「レア・グルーブ」として人気の出た作品で、1986年にはDanny Krivitによってマルチ・トラック・テープからトラック・ダウン、リミックスが施されたフルバージョン"Extended 'Breakdown' Version"を収録した12インチ・シングルが発売されている。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。