DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPLOLEATTA HOLLOWAY ≫ LOLEATTA HOLLOWAY / CATCH ME ON THE REBOUND (1978)

LOLEATTA HOLLOWAY / CATCH ME ON THE REBOUND (1978)

loleatta holloway-catch me on the rebound

SIDE A...G7 4016

CATCH ME ON THE REBOUND
Time: 3:36
(N. Harris-R. Tyson)
(from the Gold Mind L.P. GA 9501
"Queen of the Night")
Produced by Norman Harris for The Harris Machine
Executive Producers: Joe Cayer/Stan Cayer/Ken Cayer

SIDE B...G7 4016

MAMA DON'T, PAPA WON'T

Time: 3:26
(M. Farrow-R. Strother-F. Austin, Jr.)
(from the Gold Mind L.P. GA 9501
"Queen of the Night")
Produced by Norman Harris for The Harris Machine
Executive Producers: Joe Cayer/Stan Cayer/Ken Cayer

(P)1978 Gold Mind Records

BILLBOARD CHART ACTION
●CATCH ME ON THE REBOUND
[POP # -/R&B # 92 /DISCO # 9 (LP all cuts)]

●MAMA DON'T, PAPA WON'T
[POP # -/R&B # -/DISCO # 9(LP all cuts)]

Loleatta Hollowayは、Jocelyn BrownMartha Washらと共に、「世界最高のクラブ・ディーバ」として君臨する黒人女性ボーカリスト。1960年代はゴスペル・グループThe Caravansのメンバーとして活躍し、ソロへ転向後しばらくはサザンソウルテイスト溢れるバラードを数多く発表していたが、1976年にディスコ路線へ転向。現在に至るまでに数多くのディスコ・ヒット、クラブ・ヒットを放っている。 主な大ヒット曲に「Cry To Me」(1975)、「Dreamin'」(1976)、「Love Sensation」(1980)、「Good Vibrations」(1991)など多数。

このシングルは1978年にSalsoul傘下Gold Mindから発売されたアルバム「Queen of the Night」からのカット。プロデュースはNorman Harris

●CATCH ME ON THE REBOUND
Walter Gibbonsによる革新的なリミックス・バージョンが高い人気を誇るディスコ/ガラージ・クラシックの名曲であり、彼女の代表曲の一つ。プロデュース、アレンジを手がけたNorman Harrisらしい音作りがなされたアップテンポのメロディアスなディスコ・ナンバー。

このシングル・バージョンはアルバム用に編集する前のオリジナル・バージョンをエディットしたもの。アルバム・バージョンではカットされたボーカル・パート、バースがある。
※近年発売されているCD収録の”7inch Version"はアルバム・バージョンをエディットしただけの偽物。

●MAMA DON'T, PAPA WON'T
Instant FunkG.B. Experienceなどを手がけていたプロデューサー、アレンジャーGeorge Busseyがアレンジを手がけたミディアム・アップ・テンポのストレートなディスコ・ナンバー。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム