DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPRAY DAHROUGE ≫ RAY DAHROUGE / I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY (1979)

RAY DAHROUGE / I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY (1979)

ray dahrouge-i can see him makin love to ypu, baby

SIDE A...PD 14543

I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
SHORT VERSION

Time: 3:30
(Ray Dahrouge)
From Polydor Album PD-1-6189
"RANDEZVOUS WITH DESTINY"
Produced by Billy Terrell and Ray Dahrouge
for Cherry Hill Prod., Inc.
Arranged and Conducted by John Davis

SIDE B...PD 14543

I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
LONG VERSION

Time: 5:00
(Ray Dahrouge)
From Polydor Album PD-1-6189
"RANDEZVOUS WITH DESTINY"
Produced by Billy Terrell and Ray Dahrouge
for Cherry Hill Prod., Inc.
Arranged and Conducted by John Davis

(P)1979 Polydor Incorporated

BILLBOARD CHART ACTION
●I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Ray Dahrougeは、Street PeopleL.T.D.Charles Drainなどの作品を手がけた事で知られる白人男性シンガー、ソングライター、プロデューサー。ソウル・ボーカル・グループStreet Peopleのメンバーであり、リーダーだった事でも知られる。ソロでのヒット曲に「Lifetime Guarantee of Love」(1977)、「Steppin' Out」(1979)など。

●I CAN SEE HIM MAKIN' LOVE TO YOU, BABY
1979年にPolydorから発売されたアルバム「Rendezvous With Destiny」からのファースト・シングル。プロデュースはBilly TerrellRay Dahrouge。アレンジはJohn Davis。演奏はJohn Davis & The Monster Orchestra

とてもポップで憶えやすいメロディーを持ったアップテンポのストレートなディスコ・ナンバーで、ヒット性を兼ね備えたポップ調の作品を作る事で定評のある彼らしい作品。元々は1974年にThe Mayberry Movementに提供した作品をセルフ・リメイクしたもので、ここではJohn Davisのアレンジなだけあって、いかにもこの時期の典型的なフィリー・ディスコといった感じの作品に仕上がっている。

A面はショート・バージョン
B面はロング・バージョン。試聴は中盤のブレイクから。

※イギリスの白人男性2人組ボーカル・グループThe Anderson Brothersによるカバー「I Can See Him Loving You」(1978)が、ノーザン・ソウル/モダン・ソウルの流れで人気が高い。

Comment

これ、
編集
ステッピン・アウトとアイ・キャン・シー・ヒムのカップリングで日本盤も出てます。
明日アップ予定です。

anderson brothersというのは知りませんでしたねぇ。参りました。
2008年10月04日(Sat) 11:56
>sugarfootさん
編集
anderson brothersは白人グループなんですけど、イギリスのノーザン・ソウル好きに人気があるみたいですよ。

日本版があるんですねえ。アップしたら見に行きますね。
2008年10月04日(Sat) 21:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム