DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPHOT BLOOD ≫ HOT BLOOD / BABY FRANKIE STEIN (1977)

HOT BLOOD / BABY FRANKIE STEIN (1977)

hot blood-baby frankie stein

SIDE 1...49.256

BABY FRANKIE STEIN
Time: 4:54
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

SIDE 2...49.256

TERROR ON THE DANCE FLOOR
Time: 5:44
(L. Melwing-M. Ambruster-P. Duc)
HOT BLOOD Prod.

(P)1977 Carrere/Hot Blood (France)

BILLBOARD CHART ACTION
● BABY FRANKIE STEIN
[POP # - /R&B # -/DISCO # -]

Hot Bloodは、DalidaMadleen Kaneなどを手掛けたフランスのヒットメイカー・Michaele, Lana & Paul Sebastianの3人を中心とするフランスのディスコ・プロジェクト。レコーディングはドイツで行われ、Silver Conventionとほぼ同じレコーディング・メンバーで構成されている。「Soul Dracula」(1975)の世界的ヒットで知られる。

このシングルはフランス・Carrereから発売されたアルバム「Dracula And Co.」(アメリカ盤タイトル「Disco Dracula」)からのカット。アレンジはBoney M.などのアレンジを手がけたStefan Klinkhammer

●BABY FRANKIE STEIN
Boney M.の初期のヒット曲と共通する音作りがなされたミディアム・アップ・テンポの典型的ミュンヘン・ディスコ・チューン。

このシングル・バージョンはフランス盤7インチ・シングル用にリミックスされたもの。イントロや一部のボーカル・パートがアルバム・バージョンとは異なっている。
※タイム表記が誤っており、実際のタイムは4分12秒。

TERROR ON THE DANCE FLOOR
アメリカ、日本ではシングルのA面として発売された作品で、アルバム収録曲に登場するフレーズ(「Dracula」「Frankenstein」「Blackmail」など)を盛り込んだ、お遊び的要素が強めのディスコ・ナンバー。典型的ミュンヘン・サウンド。

Comment

Soul Dracula
編集
yukiさん、いつもお世話になります。
>「Soul Dracula」(1975)の世界的ヒットで知られる。

「Soul Dracula」はたまたま持ってます。私みたいにアメリカ中心で聞いてた者にとってはテイチクがまたおかしな物出して来た(笑)って感じでした。
yukiさんの記事を読んでいると当時にこう云った音が出て来た理由が分かる気がします。
Wikiに「Hot Blood」を追加しました。
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Hot%20Blood?wiki_id=39060
2008年10月12日(Sun) 07:27
>adhistaさん
編集
コメントありがとうございます。
確かにこういったキワモノ・ディスコも時代が必要としていたんでしょうね。

2008年10月12日(Sun) 15:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム