スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKIP MAHOANEY & THE CASUALS / RUNNING AWAY FROM LOVE (1976)

2008.10.12.Sun.18:01
skip mahoaney  the casuals-running away from love

SIDE A...Abet 9468

RUNNING AWAY FROM LOVE
Time: 3:32
Intro :32
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

SIDE B...Abet 9468

THIS IS MY LAST TIME
Time: 4:57
Intro :47
(Skip Mahoaney & James Purdie)
Produced By James Purdie for Dancer Prod.
From their Abet LP #410 LAND OF LOVE

(P)1976 abet/Nashboro Record Co.

BILLBOARD CHART ACTION
●RUNNING AWAY FROM LOVE
[POP # - /R&B # - /DISCO # - ]

Skip Mahoaney & The Casualsは、ワシントンDCを拠点に活動していた黒人男性ボーカリストSkip Mahoaneyを中心に結成された黒人男性4人組ソウル・ボーカル・グループ。メンバーはSkip MahoaneyTracy ReidJulius RogersElwood Morgen。1974年に発売されたファースト・アルバム「Your Funny Moods」が熱心なソウル・ファンの間で高く評価されている。

このシングルは1976年にNashboro傘下abetから発売されたセカンド・アルバム「Land of Love」からのサード・シングル。プロデュース、アレンジはJames Purdie。ワシントンDCでレコーディング、フィラデルフィア・シグマ・サウンド・スタジオでミックス・ダウンが行われている。

●RUNNING AWAY FROM LOVE
フィリー・ソウルの影響を強く受けたアレンジがなされたミディアム・アップ・テンポのメロディアスなディスコ/ソウル・ナンバー。イントロが岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」(1978)に似ている。

このシングル・バージョンは12インチ・シングルに収録されたリミックス・バージョンをエディットしたもので、アルバム・バージョンにはなかったサックス・ソロがある。

●THIS IS MY LAST TIME
全体的にジャズ・タッチのオシャレなアレンジがなされたスイートなスロー・バラード。Skip Mahoaneyの突き抜けるように伸びるファルセット・ヴォイスが素晴らしい。良い曲。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。