DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPKONGAS ≫ KONGAS / GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM) (1977)

KONGAS / GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM) (1977)

kongas-africanism.jpg

SIDE A...PD 14461 (78 NP 3405)

GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
Time: 3:39
(Steve Winwood-Muff Winwood-Spencer Davis)
(Don Ray - Cerrone)
From Polydor Album PD-1-6138 "AFRICANISM"
Produced by Cerrone
A CERRONE PRODUCTION

SIDE B...PD 14461 (78 NP 3407 SP)

TATOO WOMAN
Time: 3:55
(Wisniak - Cerrone)
From Polydor Album PD-1-6138 "AFRICANISM"
Produced by Cerrone
A CERRONE PRODUCTION

(P)1977 Polydor Incorporated/Crocos Records

BILLBOARD CHART ACTION
●GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
[POP # - /R&B # -/DISCO # 3 ]

Kongasは、Cerroneが在籍していたフランスの男性6人組アフロ・ロック・バンド。メンバーはJean-Marc CerronePatrick SestiSylvian ClaudeSerge ToniniAndre AlletNorbert Journo。デビュー当時はアフリカン・テイストを取り入れたロック路線だったが、Cerroneがディスコ・プロデューサーとして成功した後は彼らもディスコ路線へ転向した。主なヒット曲に「Jungle」(1974)、「Africanism/Gimme Some Lovin'」(1977)など。

このシングルは1977年にPolydorから全米発売されたアルバム「Africanism」からのファースト・シングル。プロデュースはCerrone

●GIMME SOME LOVIN' (AFRICANISM)
イギリスのロック・バンドSpencer Davis Groupが1967年に大ヒットさせた名曲をアフリカン・テイストのエネルギッシュなディスコ・アレンジでカバーしたもの。アルバムでは「Africanism」とのセットで16分に及ぶ壮大なロング・バージョンとなっている。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を入れ替えるなどしてエディットしたもの。

●TATOO WOMAN
Santanaあたりを思わせるラテン・ロック調のワイルドなディスコ・ナンバー。

Comment

編集
ウーン、わかりやすい。
2008年10月26日(Sun) 00:09
>masatoさん
編集
わかりやすい曲ってことですかね?
2008年10月26日(Sun) 01:30
編集
そうそう、もろカバーだしね。
2008年10月26日(Sun) 08:12
>masatoさん
編集
確かにそうですね~

自分はオリジナルを知っていたのでアレですが、自分と同世代のDJなんかはオリジナルを知らない人が殆どかもなあ、と思ったりします。
2008年10月26日(Sun) 11:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム