スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

INNER LIFE / (KNOCK OUT) LET'S GO ANOTHER ROUND (1981)

2008.11.25.Tue.00:42
inner life-lets go another round

SIDE A...S7-2150(DJ)

(KNOCK OUT) LET'S GO ANOTHER ROUND
Time: 3:36
(S. Lucas-B. Matthes)
(from the Salsoul L.P. SA 8543 "Inner Life")
Produced and Arranged by Stan Lucas and Greg Carmichael
Mix by Tee Scott

SIDE A...S7-2150(DJ)

(KNOCK OUT) LET'S GO ANOTHER ROUND

Time: 3:36
(S. Lucas-B. Matthes)
(from the Salsoul L.P. SA 8543 "Inner Life")
Produced and Arranged by Stan Lucas and Greg Carmichael
Mix by Tee Scott

(P)1981 Salsoul Record Corp.

BILLBOARD CHART ACTION
●(KNOCK OUT) LET'S GO ANOTHER ROUND
[POP # - /R&B # -/DISCO # - ]

Inner Lifeは、ニューヨークのディスコ・プロデューサーGreg CarmichaelPatrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクト。メイン・ボーカルはJocelyn BrownPreludeから1枚、Salsoulから2枚のアルバムを発表し、彼らのディスコ・プロジェクトの中でも比較的息の長い活動を行っている。主なヒット曲に「I'm Caught Up (In A One Night Love Affair) 」(1979)、「Ain't No Mountain High Enough」(1981)、「Moment Of My Life」(1982)など。

(KNOCK OUT) LET'S GO ANOTHER ROUND
1981年にSalsoulから発売されたセカンド・アルバム「Inner Life」からのセカンド・シングル。プロデュース、アレンジはStan LucasGreg Carmichael。リミックスはTee Scott

ニューヨーク・ディスコ・クラシック/サルソウル・クラシックの一つとして再評価された作品で、Patrick Adamsが手がけたディスコ・プロジェクトRainbow Brown(ボーカルはFonda Rae)による別バージョンも人気のメロディアスなディスコ・ナンバー。Jocelyn Brownの力強いボーカルが素晴らしい。

このシングル・バージョンはアルバム・バージョンの構成を入れ替えるなどしてエディットしたもの。
※タイム表記が誤っており実際は4分01秒。

コメント
いつも行くクラブでは定番ですが、たまには一歩引いて聴いてみるのも良いですね^^
>yoshiさん
そうですね。耳慣れた曲もシングルで聴くとまた違うものです。
初めてカキコさせていただきます。
YUKI TAKAHASHI さんはDJもされたりするのでしょうか??
もし、されているようでしたら一つ聞きたいのですがINNER LIFE / I LIKE IT LIKE THATと言う曲なんですがこの曲がどうもうまくミックスすることが出来ません。
この時代のDISCOはバンド構成でリズムが不規則なのでミックスは難しいのでしょうか??
>nonさん

初めまして。DJなんてたいそうなものではなく単なるディスコ好きです。

INNER LIFE / I LIKE IT LIKE THAT

ちょっと試してみましたが、これはフィルインが多かったりしてテンポやリズムが揺れまくりで難しいですね。

生音だから難しいという理由もありますが、ディスコ系はテープ編集でロング・バージョンになっているので、編集のポイントでリズムがずれたりしやすいと思います。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。