DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPCAROL DOUGLAS ≫ CAROL DOUGLAS / I GOT THE ANSWER (1979)

CAROL DOUGLAS / I GOT THE ANSWER (1979)

carol douglas-i got the answer

SIDE A...Ml 1008

I GOT THE ANSWER
Time: 3:53
(Greg Carmichael/Esther Williams)
From the Midsong LP"COME INTO MY LIFE"MSl-007
PRODUCED BY GREG CARMICHAEL
ARRANGED BY GREG CARMICHAEL & BERT KEYES

SIDE B...Ml 1008

WE'RE GONNA MAKE IT

Time: 3:07
(John Davis)
PRODUCED BY ED O'LOUGHLIN
ARRANGED AND CONDUCTED BY JOHN DAVIS

(P)1979 Midsong International Records, Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●I GOT THE ANSWER
[POP # - /R&B # -/DISCO # 51 ]

Carol Douglasは、「Doctor's Orders」(1974)、「Midnight Love Affair」(1976)などの大ヒット曲で知られる、初期のディスコ・シーンを代表する黒人女性ボーカリスト。"黒い妖精"と呼ばれるほどの美貌と、溌剌としたキュートな歌声で一世を風靡した。

このシングルは1979年にMidsong Internationalから発売されたアルバム「Come Into My Life」からの先行シングル。

●I GOT THE ANSWER
ディスコ・プロデューサーとして活躍していたGreg Carmichaelがプロデュース、アレンジを手がけた、フィリー・ディスコ風のアップリフティングなディスコ・ナンバー。元々は1978年に発売されたEsther Williamsのアルバム「Bustin' Out」に収録されていた作品をリメイクしたもの。

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。シンセサイザーのボリュームが全く異なる。

●WE'RE GONNA MAKE IT
1977年にMidland Internationalから発売されたアルバム「Full Bloom」からのカット。プロデュースはEd O'Loughlin、アレンジはJohn Davis

元々はPhilly Devotionsが1975年に発表したシングル曲をリメイクしたもので、オリジナルと同じくJohn Davisのアレンジによるスイートなスロー・ナンバーに仕上がっている。

Comment

ストリングス
編集
久しぶりにCarol Douglasを聞かさせていただきましたが
やっぱりストリングスが特徴的ですね~。
ベストもの辺りが欲しくなりました。
2008年12月05日(Fri) 06:26
編集
>adhistaさん
Carol Douglasはたまに聴くと良いですね。ベスト盤も悪くないし、アルバムも結構良いのでオススメかと思います。
2008年12月05日(Fri) 12:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム