DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPスポンサー広告 ≫ VICKI SUE ROBINSON with THE NEW YORK COMMUNITY CHOIR / MEDLEY (1976)TOPVICKI SUE ROBINSON ≫ VICKI SUE ROBINSON with THE NEW YORK COMMUNITY CHOIR / MEDLEY (1976)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

VICKI SUE ROBINSON with THE NEW YORK COMMUNITY CHOIR / MEDLEY (1976)

vicki sue robinson-medley

SIDE A...PB-10863

MEDLEY:
a. SHOULD I STAY
b. I WON'T LET YOU GO

Time: 3:10
(Pete & Gerald Johnson-Vicki Sue Robinson)
(Warren Schatz)
(from the "Vicki Sue Robinson"album, APL1-1829)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions, Inc.
VICKI SUE ROBINSON
with THE NEW YORK COMMUNITY CHOIR


SIDE B...PB-10863

WHEN YOU'RE LOVIN' ME
Time: 4:17
(from the "Never Gonna Let You Go"album,
APL1-1256)
(Warren Schatz-Vicki Sue Robinson)
Produced and Arranged by Warren Schatz
for Sunbar Productions, Inc.
Strings And Horns Arranged by George Andrews
Trumpet Solo: Joe Shepley

(P)1976 RCA Records

BILLBOARD CHART ACTION
●SHOULD I STAY/ I WON'T LET YOU GO
[POP # -/R&B # -/DISCO # 9]

Vicki Sue Robinsonは、「Turn The Beat Around」(1976)や「Hold Tight」(1977)などのディスコ・ヒットで知られるニューヨーク出身の女性ボーカリスト。デビュー前はミュージカルを中心に活躍し、日本のシンガーソングライター下田逸郎サディスティック・ミカ・バンドと共に日本で音楽活動をしていた。

●MEDLEY: SHOULD I STAY/ I WON'T LET YOU GO
1976年にRCAから発売されたアルバム「Vicki Sue Robinson」からのカット。プロデュース、アレンジはWarren Schatz。バック・コーラスはThe New York Community Choir

Should I Stay」と「I Won't Let You Go」の2曲をメドレー形式でまとめたもので、「Should I Stay」はTouch Of Classのメンバー・Pete JohnsonGerald JohnsonVicki Sue Robinsonの共作、「I Won't Let You Go」はWarren Shatzのペンによるもの。ミディアム・アップ・テンポのダンサブルなディスコ・ナンバー。

●WHEN YOU'RE LOVIN' ME
1976年にRCAから発売されたファースト・アルバム「Never Gonna Let You Go」からのカット。プロデュース、アレンジはWarren Schatz

Warren SchatzVicki Sue Robinsonの共作によるディスコ調のメロウなポップス・ナンバー。とてもしっとりとした雰囲気の良い曲。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。