DISCO 45・・・7インチ・シングル発掘の旅

70年代から80年代にかけて制作されたDISCO、SOUL、FUNKのダンサブルな7インチ・シングルを紹介。
TOPBONNIE BOYER ≫ BONNIE BOYER / GOT TO GIVE IN TO LOVE (1979)

BONNIE BOYER / GOT TO GIVE IN TO LOVE (1979)

bonnie boyer-got to give in to love

SIDE A...3-11028

GOT TO GIVE IN TO LOVE
Time: 3:21
-K. Fleming-B. Dees-R. Galbraith-D.W. Morgan)
Arranged by Giuliano Salerni
Produced by Nate Cracker for Power Plant Productions Inc.

SIDE B...3-11028

NEVER, NEVER
Time: 3:25
-G. Salerni-
Executive producer: Nate Chacker
Arranged and Produced by Giuliano Salerni

(P)1979 Columbia/CBS Inc.

BILLBOARD CHART ACTION
●GOT TO GIVE IN TO LOVE
[POP # 43/R&B # - /DISCO # 22]

Bonnie Boyerは、「Got To Give In To Love」(1979)のスマッシュ・ヒットで知られる白人女性ボーカリスト。Princeなどのバック・ボーカリストとして活躍した同姓同名の黒人女性シンガーとは別人。

このシングルは1979年にColumbiaから発売された唯一のアルバム「Give In To Love」からのカット。

●GOT TO GIVE IN TO LOVE
ディスコ/ガラージ・クラシックの隠れた名曲として人気のある作品で、タイトなディスコ・ビートにキャッチーで爽やかなメロディーが絡むミディアム・アップ・テンポの軽快なディスコ・ナンバー。

プロデュースはNate Chacker。アレンジはGiuliano Salerni

このシングル・バージョンは、アルバム、12インチ・シングルとも異なるシングル・ミックス。

●NEVER, NEVER
ポップでキャッチーなメロディーを持つアップテンポの軽快なディスコ・ナンバー。

プロデュース、アレンジはGiuliano Salerni

Comment

こんばんは~
編集
まさにタイトなビートが良いですね!
サビ前の上がり方なんか王道過ぎて好きです^^

土曜日Dimitri行きそびれました(笑)
17日は大阪らしいのでそれまでは秋葉原あたりに行けば会えそうですけど(笑)
2009年01月12日(Mon) 21:19
編集
>yoshiさん

自分も仕事で行きそびれてしまいました。残念です↓

この曲、すごく王道してますけど、ダンス・ミュージック好きなら必ずハマりますよね。
2009年01月13日(Tue) 00:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Profile

YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI

Author:YUKI "T-GROOVE" TAKAHASHI
Yuki 'T-Groove' Takahashi: 東京を拠点に活動する日本人リミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982年生まれ。ディスコ研究家 『DISCO 45』としても知られる。主に70年代-80年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍 。Joey NegroがTraxsourceで公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme RichardsがRed Bull Music Academyによる「お気に入りの10曲をセレクト」という企画の中でそれぞれT-Grooveによるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテランDJからも注目されている。 1stアルバム「Move Your Body」(Victor Entertainment/Diggy Down Recordz) 好評発売中。

ランキング
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム