スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G.B. EXPERIENCE / DISCO EXTRAVAGANZA (1978)

2009.02.14.Sat.02:10
g.b.experience-disco extravaganza

SIDE A...3508 PROMO

DISCO EXTRAVAGANZA
Time: 3:15
(G. Bussey Jr.)
Produced by Stan "The Man" Watson
Co-Produced by George Bussey Jr.
for Nassau Productions Ltd.
Vocal by Angie Griffin

SIDE A...3508 PROMO

DISCO EXTRAVAGANZA
Time: 3:15
(G. Bussey Jr.)
Produced by Stan "The Man" Watson
Co-Produced by George Bussey Jr.
for Nassau Productions Ltd.
Vocal by Angie Griffin

(P)1978 Atlantic

BILLBOARD CHART ACTION
●DISCO EXTRAVAGANZA
[POP # - /R&B # - /DISCO # -]

G.B. Experience(George Bussey Experience)は、フィラデルフィアを拠点に活動していたプロデューサー、アレンジャー、マルチ・プレイヤーのGeorge Busseyが手がけたディスコ・プロジェクト。「Disco Extravaganza」(1978)が唯一のディスコ・ヒット。

●DISCO EXTRAVAGANZA
1978年にAtlanticから発売されたシングル。プロデュースはStan Watson。アレンジはGeorge Bussey。ドラムス、ベース、ギター、キーボードなど、殆どの楽器をGeorge Busseyが一人で演奏している。1979年発売のアルバム「Disco Extravaganza Phase 1」収録。

Cerroneの大ヒット曲「Love In C Minor」(1976)にインスパイアされた作品で、フィラデルフィア流のジャジーでゴージャスなディスコ・サウンドに、同曲の印象的なフレーズやアレンジを巧く組み込んで仕立て上げたもの。当時はCerrone風のディスコ作品が乱発されていたが、この曲は実に個性的でセンス良くまとめられており、とても素晴らしい仕上がりとなっている。George Busseyのセンスが光る一曲。

このシングル・バージョンは12インチ・バージョンをエディットしたもの。「Love In C Minor」のフレーズが出てくる箇所は全てカットされている。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。